「気づき」とは気付けていなかったということに気づくということ

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

a0027_001862_m.jpg

私は理学療法とヨガをライフワークにしていますが、いずれも「気づき」が大切になってきます。でも一言で「気づき」と言ってもいろいろありますよね。

私は「自分ができないことは(気付けていないことは)患者さんに伝えられない」と考えています。ここでは私の考える「気づき」というものを明確にして整理しておきたいと思います。

理学療法士としての「気づき」とは

日々の診療業務において、患者さんに気づきを与えることは常につきまとう課題です。単純に量をこなすトレーニングや、一方的な押し付け、患者さんが受け身になるだけのエクササイズでは患者さんはあまり良くなりません。

ただ、患者さんに気づきを与えるには、担当している理学療法士そのものが気付けていなければ難しいと思います。

たとえば、上腕二頭筋に筋肉の収縮を起こしたい場合、患者さんには上腕二頭筋の収縮感覚を感じてもらうという「気づき」が必要です。

しかし、人間は特別なトレーニングを積んでいない場合には個別の筋肉の収縮を感じ取れないことが多いです。

そしてそれはターゲットとなる筋肉や関連する箇所を損傷している患者さんでも、それを指導する理学療法士でも同じです。

筋肉がそこにあることが感じられ、その収縮を感じ取れるからこそ、意のままに身体が動かせる土台が整うのです。

ヨガの練習生としての「気づき」とは

私はヨガを始めておよそ10年になりますが、それまではただストレッチをしてもなかなか身体が柔らかくなりませんでした。

「呼吸をとめないで」とか「痛いほど行うのは逆効果だよ」というのは知識としてわかっていましたが、それでもストレッチの翌日に筋肉痛が出るだけでした。

それが、ヨガをはじめて自分を内観することができるようになるにつれて、無意識に呼吸をとめたままストレッチしたり、痛みを痛みと思わないように我慢していただけだということに気づきました。

決して呼吸をとめることなく、ややマイルドなアサナ(ヨガのポーズ)をとるように心がけることで、少しずつではありますが柔軟性がアップしているのを実感しています。

ちなみに、この効果を実感できるということも「気づき」ですね。

IMG_9004

大切なのは気付けていなかった自分に気づくこと

これらの事例から、私の中で大きな収穫だったのは「気付けていなかったということに気づいたこと」でした。

「気づき」という言葉をただ表面上でしか理解していないと、この大切な気づきに気付けなかったかもしれません。

「気付けていないことに気づく」ことで、日常のふとした瞬間に自分の身体や思考について内観して吟味するということができるようになり、さらなる気づきが得られやすくなりました。

  • あれ?なんでこんなに怒ってるんだ?
  • あっ!さっき呼吸をとめてたな。
  • 知らない間に背中が曲がった姿勢になってるな。
  • この時間はそれほど眠くないんだな

などなど、自分へ意識を向けることが増えてきます。そしてそれがまた、周囲に対する気づきへと波及していきます。

これは素敵なスキルです。習得して損することはほとんどありません。なぜなら気づいてから先がもっと大切だからです。

どんなアクションを起こすのか、どのように修正していくのか。

「気づき」は勝手な思い込みや自己判断をなくし、自分や周囲を成長させるための大切な情報をもたらします。

あなたは本当に自分のことを誰よりも知っていると言えますか?

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

考え方次第ではどんなシチュエーションであってもヨガはできるよ

私が常々思っていることとして、「ヨガを行う」という言葉そのものに違和感があるとい …

ヨガを通じて学んだ「理解」することの本質とは

先日、世界的に有名なヨガマスターから直接教えをいただく機会を得て、色々と考えさせ …

ヨガをやっていたらいい人になるんでしょ?に対する私の答え

最近になって、自分がヨガを学んでいるということを人に話すことが多くありました。 …

ストレス社会に生きる全ての人に伝えたい、ありのままの自分を愛するということ

先日、兄がうつ病になりました。 時を近くして、ヨガ教室の師匠から贈られた言葉が非 …

ヨガに向いている人ってどんな人?私の考える「ヨガを勧めたい人」の5つの特徴とは

周囲の人に話を聞いてみると「ヨガって身体が柔らかい人がやるものでしょ?」という具 …

ヨガを生活の一部にするために、スタジオ通いを始めました

本格的なヨガの練習を始めました。 今までも自宅で頑張って練習していましたが、定期 …

ヨガの学びで気付いた、様々な自分の立場をうまく配分させること

自分は自分、世界に一人だけの存在です。それは疑いようもない事実ですね。でもいろん …

「チャクラ」とは「喜びのエネルギーセンター」である【ルパリ&タニア ヨガワークショップ@PonoYoga 体験メモ】

私は基本的には何事も論理的・科学的に捉える傾向があります。かといって、非論理的・ …

ヨガの実践を通して成し遂げたいテーマとは

ヨガと聞いて思い浮かべるものは人それぞれ違います。でも共通して最初に思い浮かべる …

疲れた時こそヨガをやらなければならない3つの理由

多くの人は、日中は仕事をしていたり学校に通っていたりと、自由に過ごせる時間がない …