ヨガの実践を通して成し遂げたいテーマとは

   

Pocket

IMG_0213

ヨガと聞いて思い浮かべるものは人それぞれ違います。でも共通して最初に思い浮かべるのは、健康になるためのエクササイズや呼吸法というイメージだと思います。

実際、大多数のフィットネスクラブやスポーツジムというのは、そういった身体的な健康を求めている人たちが集まる場所なので、そこで行うヨガは1時間かけてしっかりと汗を流すというのを主眼においているはずであり、それはそれでいいことだと思います。

ただし、それだけがヨガのもたらす恩恵であるという無知な状態でヨガを楽しむというのは、ちょっともったいないと感じています。私も今のスタジオに通い始めてから知ったことですが、ヨガというのはもっと奥深く学びが尽きないものなのです。

では、私はそういった学びを得ることでどこに行こうとしているのでしょうか。自分なりに言語化してみたのでそれを記しておこうと思います。

ヨガを学ぶ目的って?

ヨガを学び始めてだいたい10年くらいが経過しました。ここ最近まではヨガというものを学ぶのは 自分のため だという認識が強かったように思います。

私の人生のテーマでもある「自分自身を極める」という状態へ向けて、努力するベクトルを間違えないようにするためのガイドラインとしてのヨガというのが、私のヨガに対する認識でした。

slproImg_201601252142040.jpg

それが、最近は他者に対してヨガを教えるという場面も増えてきました。職場で健康教室としてヨガを教えたり、担当している患者さんにヨガの理論を応用したり、妻やその両親とお風呂上がりに楽しんだりと、アウトプットすることが多くなっています。

そうしたときに、自分の中でも消化不良で発展途上なものを他者に教えるということの難しさ、、、というか、無理だということ、それを無理やり教えるということが私自身にもたらすモヤモヤとした感情。

そういったものが、徐々に私を苦しめます。

ヨガを学ぶ目的は人によって様々です。美しいボディを手に入れるため、強い精神力を養うため、ストレスフルな毎日を乗り切るため、なかなか治らない病を克服するため。

いろんな人と話をしていても目的はいろいろありますね。

そんななかで、私の中に沸き起こったヨガを学ぶ目的とは 人に教えられるレベルに到達する こと。

系統立った内容をしっかりと学び、自分が信じて学んでいるものを他者にも適切に伝えることができるレベルを目指そうというのが私の今の目標です。

ヨガを通して何を成し遂げたいのか

ヨガのゴールのひとつに、手放す というのがあります。執着することは自分を苦しめている原因であり、ほぼ全ての事象において、幸福から遠ざかることというのはこの 執着 という言葉で表せると思います。

人は悪い習慣や悪い人間関係、多すぎるものに囲まれるストレスなどから解放されるために 手放す ことで、次の新しいものを手に入れることができます。

人に限らず、植物だっていつまでも古い葉っぱを手元に置いておいたら、新しい芽吹きを得られないでしょ?

断捨離による執着からの解放というふうに言い換えれば、今の私が取り組んでいることというのもヨガの一環だということに気がつきます。

把握しきれないほどのモノや悪い習慣、体の痛みなど、挙げればきりがないですか、なるべく不要なものを手放した状態は、ストレスからの解放をもたらします。

もちろん、必要なものまで手放してしまわないように選び取る眼は養う必要がありますけどね。

6e5b5a33fd35b50f8f3d3aceed7b99c5.png

こうやってみてみると、私のブログのメニューバーに挙げているキーワードのほとんどが、ヨガの考え方や効能によって得られることに収束されるということにも気がつきます。

ヨガを行うことでシンプルライフが得られ、ヨガを習慣化することで筋力がアップしたり健康に近づいたりします。

断捨離というのもヨガの思想の一部分ですし、四国八十八箇所巡礼というのも元をたどればインドの釈迦の教えなわけですからね。

高い次元での学びを求めて継続していく

まぁ直近の目標は継続することですが、継続することで最終的には人に伝えられるレベルに到達することが目標です。

そして自分自身ももっとシンプルな暮らしを求めていきたいと思っています。

私が師事している先生は、年齢で言えば私の1学年上の先生です。ヨガ歴だけで言えば私と同じ10周年だそうです。

条件はほぼ同じなのに、師匠は愛媛県を代表するヨガティーチャーとなり、私はまだまだひよっ子のヨギー(ヨガの練習生)となりました。

違いは 覚悟 本気度 でしょうね。

私も負けずに、もっと本気で学んでいこうと思います。

 - ヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヨガとは心の動きを止めることである!?言葉通り解釈してはダメだよ

ヨガの教典である「ヨガ・スートラ」というものに、ヨガの定義が書かれているのですが …

健康面で余裕がなければ心に余裕がなくなるのは大人も子供も同じこと

先週の月曜日から、2歳5ヶ月の娘がアデノウイルスに罹患しています。通常であれば高 …

肩書きや資格は必ずしも必要ではない

先日、ヨガを教える機会をいただきました。 将来の夢の一つである「ヨガ講師」てきな …

将来の夢の一つである「ヨガ講師」てきなことをやってみた

私の密かなる目標である「ヨガ講師」。 しかしこれを達成する日は随分先になるだろう …

呼吸とは「吐いて吸う」こと

ヨガの呼吸は基本的に「腹式呼吸」ですから、私も毎日練習しています。マットの上だけ …

ヨガが生涯学習に向いているわけ

私はけっこう何でもやってみたいと思う方なので趣味がたくさんあります。 ただ、趣味 …

「Vanakkam Yoga School by マスター・スダカー 2日間集中講座」で私のヨガ魂に火がついたぞ

私が本格的にヨガに目覚めたのはこのワークショップに参加してからです。つまりつい最 …

農作業をしている時に感じたヨガの恩恵とは

私の実家は農家です。農繁期は終わりましたが、この季節でも来年の準備としてやってお …

「2014.8.8〜10. 3days Aya Niizeki ♥ Special yoga workshop」に参加してみた

巷には「〇〇ヨガ」っていうのがたくさんありますよね。その全てに精通するのは難しい …

今という瞬間を捉える【ルパリ&タニア ヨガワークショップ@PonoYoga 体験メモ】

ヨガの練習って、スタジオで1時間くらい汗を流したり自宅でちょっと練習して、その時 …