理学療法士の私がヨガを学んでいて戸惑ったこと

      2017/06/26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

45588f26af112b22387bfa8d746c8aef.jpg

ヨガを基礎の基礎から学びはじめて約3ヶ月ほど経過しています。

私は普段は理学療法士として働いていますから、「運動療法」という視点でヨガを捉えてしまいがちですが、東洋医学と西洋医学の違いを踏まえてある程度は自分の型に当てはめるようなことはしないで、柔軟に受け止めてきたつもりです・・・が。

ヨガと理学療法では解釈が真逆だった!?

そうなんです。解釈が真逆になることもありました。たとえば上記の写真について。

見ての通りの単なるブリッジ動作ですが、患者さんに対しては主にお尻の筋肉(大臀筋や中臀筋など)を強化する目的で指導します。

しかし、ヨガの先生はこうおっしゃいます。

「お尻の筋肉の緊張を抜きなさい」

はい!!

・・・えっ!?

この姿勢では筋力を強化するというのが一般的なのですが、真逆のことを言われてビックリしました。そもそもこの姿勢で力を抜くことが可能なのか!?

また別の姿勢では、うつ伏せから脚を後ろに持ち上げるような運動を考えてみます。

このケースでは、水泳でバタ足するような感じで、股関節から先を床から離すように動きますから、当然ですが大臀筋や中臀筋が活動します。

しかし、ここでもお尻の筋肉を緩めなさいというお言葉。

そんなこと言われても、筋力強化の手段として取り入れていた姿勢で力を抜くなんてできるのか?

一応トライしてみましたが、結局緩めることはできませんでした。

ヨガを練習していけば可能になるのかな?

先生は力が入った悪い例も実演してくれましたが、違いがよくわかりませんでした。

これができるようになるためには、クッションやソファー、バランスボールなど適切な高さのものを脚の下に入れ込んでみて、道具に頼ってでもいいので 力が抜けたまま脚が挙っている状態を体験してみる というのも有効だと教えてくれました。

ただ頼り過ぎは禁物ですとも言われていましたが、まだ信じられません。

練習すればどうにかなるとも思えないのですが、運動学の知識があり、それに頼って今まで人体をとらえ続けてきた私にとって、この常識を疑うような出来事にはさすがに動揺を隠しきれません。

だって、股関節を鍛えるために今まで患者さんに指導してきた運動で、股関節の力を抜くことができるのでしょうか?

師匠を疑っていては進歩はありませんから、とりあえず力を入れずに股関節運動を起こしてみるという練習は継続してみたいと思いますが・・・うーん、さすがはヨガ、奥が深い。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今という瞬間を捉える【ルパリ&タニア ヨガワークショップ@PonoYoga 体験メモ】

ヨガの練習って、スタジオで1時間くらい汗を流したり自宅でちょっと練習して、その時 …

考え方次第ではどんなシチュエーションであってもヨガはできるよ

私が常々思っていることとして、「ヨガを行う」という言葉そのものに違和感があるとい …

6月21日が「国際ヨガの日」に制定!本格的なヨガ時代の到来!

ヨガを愛する全ての人に朗報です。 この度、インドのモディ首相が国連総会で演説し、 …

ヨガと理学療法の視点が融合したことで再認識できた「気づき」の大切さ

ヨガでは「気づき」を大切にします。外側への気づきや内側への気づきなど対象はさまざ …

ヨガの基本である「呼吸瞑想」はまず最初にマスターすべきだぞ

ヨガって学び始めることはあっても学び終えることはないと言われるほどに奥が深くて、 …

ヨガが生涯学習に向いているわけ

私はけっこう何でもやってみたいと思う方なので趣味がたくさんあります。 ただ、趣味 …

「気づき」とは気付けていなかったということに気づくということ

私は理学療法とヨガをライフワークにしていますが、いずれも「気づき」が大切になって …

東洋医学と西洋医学の違いから紐解く「自分の健康を他人任せにしない」生き方とは

私がいま学んでいる アーユルヴェーダ は大きく分けて 東洋医学 に分類されます( …

ヨガは今の時代にこそ必要!私がヨガを学ぶ理由とは

私は趣味(というかライフワーク)としてヨガと四国八十八ヶ所巡礼をしています。 ヨ …

「考える」ことよりも「感じる」ことを大切に生きてみよう

前回は「知る」ことと「わかる」ことは違うということを書きました。言葉遊びのようで …