「ワナカムヨガスクール継続学習@愛媛」に参加してきたよ

      2015/11/18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

slooProImg_20140623221409.jpg

昨年に引き続き今年も参加してきましたよ、2014.6.21~22に開催されたマスタースダカーのワークショップ。

去年はなかなかマスターのフローについていけずに悔しい思いをしましたが、あれから数ヶ月が経ちました。本格的にヨガも学びはじめたし、もう以前の私とは違います。

満を持して・・・参戦!!!

去年のワークショップの記事はコチラ。

「Vanakkam Yoga School by マスター・スダカー 2日間集中講座」で私のヨガ魂に火がついたぞ | 歳月庵

相変わらずの深い学びに感謝

マインドとマナスの葛藤。それらが同居する我々人間において、それらが一つに合わさって「Yogam」の状態になることの難しさ。

自らを「内観」して気づきを求め、常に自分を判断基準として他者の意見にとらわれず。

痛いと感じてもそれは他者にはわからない。痛みを生み出すのも感じるのも常に自分。限界を感じるのもつくるのも自分。

まずは「自分の主」となって自らを律し、徐々に「Yogam」へと近づいていく。

ありのままの自分で。

メチャクチャな文章になっちゃいましたがこれが私の学んだ結果です。言葉の一つ一つが私の胸に刺さります。すごく反省すべき点が多くてお恥ずかしいです。マスタースダカーのWSでは私はどちらかというとフローよりこういった座学の方が好きです(え。

イヤ、ベツニフローガキツイトカ、ニガテダトカイッテルンジャナクテ・・・

マスターフローでは去年よりも成長がみられたぞ

去年のWSでは全く太刀打ちできませんでした。確かにマスターは「正しいアサナをやりなさい」「美しいアサナをやりなさい」とは一言も言っていません。眼を閉じてやるように言ったのも、向き合うべきは自分自身であり他者ではないということです。別に一人だけ変なポーズになっていても恥じることではない。それは解ります。解りますが・・・

すみません、マスター。だって私は未熟者だからこっそり眼を開けて隣とかちゃうし、なるべくみんなについていきたいんだモーン((え。

そもそも眼を閉じるとバランスは格段にとりにくくなります。今の私が完全に眼を閉じていたらできるアサナは一つもないんじゃないかな?マスターゴメンナサイ。

今の私は他者と比べられるレベルにはないというのも解っていますが、せめて昨年の私よりは成長していたい。

そもそもの間違いはその成長の尺度を「他者ができているアサナが私にもできるのか?」というところに求めたことでしょう。練習してきた成果を実感できたマスターフローの時間でしたので、次回こそは自分との対話を楽しめるようにしたいですね。次は完全に眼を閉じてやろーっと Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

結局、前回からの成長点は身体の柔軟性だけでした

自分で自分を分析してみる(内観してみる)と、こういうことになります。ヨギーとしてこれでは不十分ですね。もっと視点を変えてみないと。

そう言った意味でもやはり今回のWSで学んだことは大きかったように思います。ただ知識として蓄積するだけではなく、日々の生活に活かせるようにがんばろう。

そしてマスターが次回、愛媛に来た時には頑張ってスタバで待ち伏せして、大きな声で「ナマステ〜〜!ワナカ〜〜〜ム!!」ってご挨拶しよーっと(`・∀・´)ノ

Posted from するぷろ for iOS.

 - ヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Comment

  1. ヨガを生活の一部にするために、スタジオ通いを始めました | Ultimate Meditation より:

    […] 厳密には先日のマスタースダカーのWSのような機会も「1ヶ月1ヨガレクチャー」に含まれます。家庭との両立も大切ですからね。そのうち妻も娘もヨガの世界に巻き込んでやろうと思って […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヨガやアーユルヴェーダの知識をまとめるのに最適なモレスキンのドットノートブック(ドット方眼)ハードカバーの良さとは

ヨガやアーユルヴェーダのワークショップやセミナーを受講していくと、知識や技術がど …

健康面で余裕がなければ心に余裕がなくなるのは大人も子供も同じこと

先週の月曜日から、2歳5ヶ月の娘がアデノウイルスに罹患しています。通常であれば高 …

頭で考えて行動できないよりも、行動してみてあとで考えるくらいがちょうどいい

私も含めて、 考えすぎて行動できない という人がよくいます。行動できない理由は考 …

ヨガは今の時代にこそ必要!私がヨガを学ぶ理由とは

私は趣味(というかライフワーク)としてヨガと四国八十八ヶ所巡礼をしています。ヨガ …

世界平和は自らの内側に【ルパリ&タニア ヨガワークショップ@PonoYoga 体験メモ】

壮大なタイトルのもと、久々に外国人講師を招いてのヨガのワークショップに参加してき …

「知っていること」と「わかっていること」は同じようで全然違いますよ

私がヨガと出会ってもう10年以上になりますが、ここ数年でヨガについてより深く知り …

ヨガとは心の動きを止めることである!?言葉通り解釈してはダメだよ

ヨガの教典である「ヨガ・スートラ」というものに、ヨガの定義が書かれているのですが …

心にゆとりがないと人には優しくできない

私の周囲には、その日の機嫌の良し悪しによって、周囲への対応がガラッと変わってしま …

「ワナカムヨガスクールのハタヨガ基礎講座」継続学習@愛媛2015.03.01参加レポート

このワークショップに参加するのは今回で3回目ですが、いつも新しい気づきがあります …

「チャクラ」とは「喜びのエネルギーセンター」である【ルパリ&タニア ヨガワークショップ@PonoYoga 体験メモ】

私は基本的には何事も論理的・科学的に捉える傾向があります。かといって、非論理的・ …