ヨガをやっていたらいい人になるんでしょ?に対する私の答え

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヨガマットを並べる子ども

最近になって、自分がヨガを学んでいるということを人に話すことが多くありました。

その時にかなりの確率で聞かれるのが「ヨガをやっていたらいい人になるなんでしょ?」というふうな内容の質問です。

いったいどういう人がいい人なのかわかりませんが、結論から言うと、別に根本的な人格は変わりません。

私は私です。

人格が変わったように感じるかもしれないけど本質は変わらない

表現が難しいですが、ヨガを学べばみんなが聖人になるわけではありません。

もちろん、そういう方向に向かって極めていけば、人格すら変えていく力がヨガにはあるのかもしれません。

でも、その人それぞれが持っている個性や人格は、その人固有のものなので、それを変えてしまうのは、逆にいかがなものなのかと思います。

基本的に欲しいものは欲しい。やりたいことはやりたい。

欲がなくなり、怒りがなくなり、悲しさや楽しさを超越するわけではありません。

未だに私は怒りや憤りを感じることもありますし、喜怒哀楽といった人間らしい感情はしっかりと感じますよ。

ただ、怒りを感じた時に感情にまかせて言葉を発したり、態度に出るということは少なくなりました。

一度その感情を深く飲み込んで、自分の中で処理して、表に出すほどのものではないと思えば出さなくて済むようになりました。

ヨガとは心の波を鎮めること

ヨガの教えの中に、ヨガとは心の波を鎮めることである というのがあります。

バシャバシャと波立った水面を、凪の状態にするイメージでしょうか。

ここでは水面を心の状態に例えているわけですが、別に水面を波立たせなくするとは言っていません。

私の解釈では、「人間だから心が波立つこともあると思うけど、ヨガの教えを理解しながらしっかり練習することで、その波をいち早く鎮めていきましょう」ということだと思っています。

だって人間なんだもの。イライラすることもあるし落ち込むことだってありますよ。

ただ、その感情をいつまでも引きずっていたり、カッとなって心無い言葉を浴びせてしまう前に鎮めることができれば、健やかな心でいられる時間が増やせます。

そのような状態が長く続いた方がハッピーなんじゃないですか?

つまりはそういうことなのです。

私の課題は「怒り」です

私は根本的には怒りっぽくて短気なんです。

すぐにカッとなって、言葉や態度に出てしまうことも多くありました。

ヨガを学び始めて、心の波を鎮めるということを意識し始め、ヨガの練習を続けているうちに、怒りを感じてから表に出るまでの間に、我にかえる瞬間を作ることができるようになりました。

自分を客観的に見ることで、そんなに怒るほどのことなのか、今の感情をそのままアウトプットすることでどうなるのかといった思考を巡らせることができるようになりました。

そして、私がそのような状態になるためのスイッチは、深い深呼吸です。しかも無意識にやってます。

つまりこういうことです。

怒る → 無意識に深い深呼吸をする → 我にかえって今の自分の感情を分析する → ほとんどの場合、怒るほどのことでもない → 優しくなれる → ハッピー。

私に冒頭のような質問をしてくる人たちというのは、この思考回路の最初と最後しか見えていないので、怒りを感じるようなエピソードがあっても怒らず、優しい態度で接する姿を見て、「いい人」になると思うのでしょう。

でも実際にはこれだけの心の働きを経ているのです。

ヨガで身体も心も健やかになろう

ヨガと聞くと、難しいポーズや瞑想、呼吸法のようなものが真っ先に思い浮かぶと思います。

もちろん、それもヨガの一部分であることに何ら違いはありません。

でも、私が10年以上ヨガを学んできて感じるのは、ヨガとはそれだけではないということ。

もっと奥が深く、学びが進むにつれて怒りや悲しみといった感情をコントロールして自分も周囲もハッピーになれる有効な手段であると感じています。

ヨガに対するイメージは人それぞれにあると思いますが、正しいヨガの本質を分かっていれば、ヨガに触れやすくなるのではないでしょうか?

Posted by Atsushi(@Atsushi_k0

 - ヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「チャクラ」とは「喜びのエネルギーセンター」である【ルパリ&タニア ヨガワークショップ@PonoYoga 体験メモ】

私は基本的には何事も論理的・科学的に捉える傾向があります。かといって、非論理的・ …

ヨガを生活に生かすことの難しさ

ヨガはマットの上だけのものではありません。 ヨガの練習の成果や学びが、日常生活に …

心にゆとりがないと人には優しくできない

私の周囲には、その日の機嫌の良し悪しによって、周囲への対応がガラッと変わってしま …

「ワナカムヨガスクール継続学習@愛媛」に参加してきたよ

昨年に引き続き今年も参加してきましたよ、2014.6.21~22に開催されたマス …

「気づき」とは気付けていなかったということに気づくということ

私は理学療法とヨガをライフワークにしていますが、いずれも「気づき」が大切になって …

「Vanakkam Yoga School by マスター・スダカー 2日間集中講座」で私のヨガ魂に火がついたぞ

私が本格的にヨガに目覚めたのはこのワークショップに参加してからです。つまりつい最 …

疲れた時こそヨガをやらなければならない3つの理由

多くの人は、日中は仕事をしていたり学校に通っていたりと、自由に過ごせる時間がない …

あなたにとっての当たり前は他の人にとっては当たり前じゃなんだよ

ヨガ教室で座学を学んでいる時、突然に意見を求められることがあります。基本的にヨガ …

6月21日が「国際ヨガの日」に制定!本格的なヨガ時代の到来!

ヨガを愛する全ての人に朗報です。 この度、インドのモディ首相が国連総会で演説し、 …

「ワナカムヨガスクールのハタヨガ基礎講座」継続学習@愛媛2015.03.01参加レポート

このワークショップに参加するのは今回で3回目ですが、いつも新しい気づきがあります …