通帳の断捨離がもたらす「把握できる程度のコンパクトな資産管理」のメリットとは

      2015/10/30

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

slproImg_201505212156030.jpg

最近ではいろんな断捨離を実践していますが、ここ最近では「通帳の断捨離」なんていうことをやっています。

あまり聞かないフレーズだと思うのですが、私の悪いクセで口座がかなりたくさんあり、預金の管理も複雑になっていますので、これをどうにかしようと思い立ちました。

「貯金は目的別に」は本当に正解か

よく言われるのが、目的別に通帳を分けて貯蓄するというもの。確かに「これは◯◯のための貯金で、これは△△のための貯金で、、、」と分けてしまうと、目的が分かりやすいし、確実にその目的のお金のみがその口座にあるわけですから管理しやすいようにも見えます。でもあまりに細分化してしまうと収集がつかなくなるし、管理も煩雑になります。

私が目的別に口座を分けるとしたら、自動積立定期預金で毎月の貯蓄額を設定したらあとは放置するというやり方でしょうか。あくまでお金の管理に余計な頭を使わないように自動化するというのがこの方法のメリットのように思います。

私の場合はそういうシステム化されていない口座がたくさんありましたので、それらを全て解約しました。おかげで預金の流れが明確になるし、いらない手間がなくなりましたのでお金にとらわれることのない生活を手にいれることができました。

断捨離全般に言えるメリットとは

私が通帳に限らず、いろんなものを断捨離しようと思ったのは「自分で把握しきれないほどの多くのものに囲まれての生活からの脱却」という目的がありました。アプリにしてもCDにしてもポイントカードやクレジットカードにしてもそうです。自分がそれをどれだけ所持していてどこに保管していて何に使うものなのか把握している状態でなければ、いざというときにそれを使うことはありません。

ポイントカードやクレジットカードの場合であれば、確かに細かく使い分けた方が還元率はいいのかもしれませんが、いざそのお店を利用したときに自分がその店のポイントカードを持っていたのかどうかさえ忘れてしまい、整理してみると同じ店のカードがたくさん出てくるということが結構ありました。特に私にとっては複数のカードを所持するということは合っていないということですね。

なので思い切ってカードをドッサリと捨てたときはさすがに「本当にこれで良かったのかな?」と不安にもなりましたが、今現在は不自由なことは起きていません。財布もスッキリしたし、めでたしめでたしです。

徐々に身も心も軽くなっています

預金の全体像もお金の流れもかなりスッキリしましたので、自分でしっかりと掌握できるレベルになりました。もちろんそれでも複数の口座を持っているのですが、要は数の問題ではなくて自分でちゃんと把握できているかどうかの問題なのです。

断捨離って言っても、本当に何にもない生活なんで不可能です。モノやサービスを断捨離していって行き着く先は「ゼロ」ではありません。あくまで自分でちゃんと管理できるかどうか。だと思いますが、みなさんはどう思いますか?

 - 断捨離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「マネークリップに小銭が入らない問題」を解決するには小銭入れは絶対必要?

薄くてオシャレな財布として、マネークリップという選択肢があります。一見するとほと …

断捨離の極意とは。なぜモノが捨てられないのか

私はそれほど物欲は強くありませんが、全くないわけではありません。 服だって、よく …

お金基準の幸福感から脱却するための私の思考回路とは

結婚してから一家の主としての責任を持ち、ここまでまだ短い間ですが生活してきました …

「余分に確保しておく」というスタンスは生活を豊かにしない

先週から「一日一捨」を習慣にしようと取り組んでいます。 今のところ捨てるものがな …

【実証済み】断捨離が難しい時は買い控えることで徐々に慣らしていくとうまくいく

私は生活の中に断捨離を取り入れています。不要すぎるものやサービスを排除して、生活 …

家計の断捨離で相対的に収入を増やしてみる。まずは通信費から

要するに「節約に本気で取り組んでみよう」ってことなんですけど、言い方ひとつですよ …

「趣味の断捨離」が必要かもしれないと感じた瞬間とは

  ここ数日、後輩の躍進ぶりに目を見張る機会がありました。その後輩は私 …

良いものを長く使うドイツ式の生活を取り入れてみることで得られる豊かさとは

ドイツなどのヨーロッパでは『良いものを長く使う』というのが一般的だそうです。昔読 …

なかなか進まなかった「CDの断捨離」が終了してスッキリしたよ

以前から家の中にあるCDをデジタルデータ化して処分しようと思い、コツコツと作業を …

「ミニマリスト」とは断捨離の究極型か?

先日テレビで見かけたのですが、巷では「ミニマリスト」という生活様式がじわじわとキ …