妻がスーパーで買ってきた「豆苗」を再収穫すべく育ててみる

      2017/06/24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

IMG_5023.jpg

本日の鍋の具材として 豆苗 というものが入っていました。

私は今までの人生において、鍋にこれを入れたことがないのですが、美味しかったです。ちなみに「とうみょう」と読みます。

これって、根っこの部分を水につけるとぐんぐん成長して再収穫できるって知っていましたか?

豆苗は水に浸けておくと再び収穫することが可能だと!?

シャキシャキして美味しかったのですが、どうやらパッケージに書いてあることを読んでみると、根っこの部分を水に浸しておくと再び収穫できるというではありませんか!

これはやらない手はありませんね。

ちなみに当ブログでは以前に地元の産直市で購入してきたネギ(根っこ付き)をプランターで育てて5回くらい収穫したことを日記風に記録していたことがありますが、残念ながら記事は消えてしまっています。

最近ではミニトマトをベランダ菜園で育てていたんですね。

参考:ベランダ菜園でミニトマトを育てています | 歳月庵

豆苗を再収穫するための気になる方法は?

冒頭の写真の通りなのですが、根っこの部分を水に浸しておくだけです。

IMG 5027

水は1日1〜2回替えておけばオッケーということで非常に簡単です。

我が家の場合は、仕事で日中は家に誰もいない状況ですので、仕事に行く前と仕事から帰った後に水を替えれば大丈夫そうですね。

そういえば豆苗を食べてしまったのでどういうものかというのを写真でお伝えすることができませんが、それは育った後のお楽しみということで。

IMG 5024

ちなみに今の大きさはこんな感じです。妻がカットしたのですが、ちょっともったいない感じのカットになっていますね。

最終的には豆苗ってどれくらい大きくなるのでしょうか。

IMG 5026

豆苗というのは、言わば「グリーンピース」でつくる「もやし」みたいなもんでしょうか?カイワレ?うーん、、、謎だ。

というわけで、育成も楽そうだし、再びタダで豆苗が食べられるというならやらない手はありません。

どんな風に世話をすればどんな感じで育っていって、食べられる状態になっていくのかということをログとして記録していきます。

さて、無事に食べられる段階まで豆苗を育てることができるでしょうか。

基本的にはこういうのを育てるのは私も妻も大好きなので、必ずや成功させてみせますよ!

頑張ります!

次の記事スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(3日経過) | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly

  関連記事

稲作農業を営む農家出身の私がコシヒカリの新米を収穫するまでの一連の流れをまとめてみた【2015年 百姓日記まとめ】

我が家が家業として営んでいる稲作農業の全行程をブログに書いてきましたので、この記 …

苗から稲へ。順調に育っていく様子を定期報告【稲作農業2016】

田植えをしてからすでに3ヶ月が経過しようとしています。写真にもありますように、も …

ついに収穫したミニトマトを食べてみました【ベランダ菜園ログ】

朝起きてベランダのミニトマトをみてみると、真っ赤に色づいていました。しかもたくさ …

稲作農業を営む私の実家はゴールデンウィークから本格始動

私が物心ついたときからゴールデンウイークは常に実家で田植えです。 昔は連休明けの …

お米は工場で作っているんじゃない!田んぼでつくっているんだよ!

昨年同様、今年も田植えだけ手伝えなかったのでちょっと気になっていましたが、今年も …

スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(11日経過、最終日)

前回から、日当りの悪さが育成遅延の原因ではないかという仮説に基づいて場所を変更し …

稲刈りしたら天日に干す「稲木干し」の作業を惜しまないことでお米はさらに美味しくなる【百姓日記】

毎年、稲刈りはこの時期に行います。今年もほぼ例年通りの予定で稲刈り作業を行いまし …

本物の新米が食べられるのは農家の特権!スーパーの新米とはレベルが違うよ

ついに新米の季節が到来です。農家の最大の楽しみは丹精込めてつくったお米をいただく …

猛暑が続く中、稲穂は順調に育って頭を垂れているぞ【稲作農業2016】

連日、日本列島を猛暑が襲っています。熱中症や脱水に気をつけないといけませんが、農 …

新米の味や炊くときの水加減はその年によって違うよ

ついに稲作農業の一通りの作業を終えて、新米を食べられる時がきました。実りの秋を実 …