スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(11日経過、最終日)

      2017/06/30

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

豆苗8−1

前回から、日当りの悪さが育成遅延の原因ではないかという仮説に基づいて場所を変更して育成を継続しています。

結論として、かなり効果てきめんですね。やはりものすごい速度で成長してきました。

前回の記事はこちら:スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(8日経過) | 歳月庵

豆苗の再育成「9日目」

豆苗8−2

冒頭の写真でもそうですが、やはり成長が加速してきました。日の光がかなり大切なんですね。

豆苗の再育成「10日目」

豆苗9−1

一応、食べられる大きさまで成長するためには7〜10日を要するということでして、これがその10日目です。

豆苗9−2

日光を求めて窓の方向に斜めに伸びていますね。

もちろん毎日水を1〜2回交換しています。

最初のスタートダッシュで遅れましたので(日当りが悪かった)、もう少し見守っていきます。

豆苗の再育成「11日目」

豆苗10−1

仕事から帰ると窓の方向に向かって生えていますが、翌日の朝にはこのようにまっすぐになおっています。

おもしろいですね。

豆苗の再育成「12日目」

豆苗11−1

こうなるともう大丈夫です。食べられます。長かったですが、きちんと食べられるくらいに伸びてきました。

なんかこう、、、達成感みたいなものを感じますね。

スーパーで購入してきた「豆苗」を再育成してみて感じたこと

一応、本日で最終回ということにします。

このまま収穫して再び同じ過程を繰り返すと数回は食べられるようなのですが、それは今後の気分で考えます。

とりあえず今回収穫した豆苗は鍋にでも入れようと思います。

結論として、非常に簡単ですから豆苗の再育成はできるのならやった方がいいと思います。

普通なら捨ててしまうかもしれませんが、ちょっとの手間で再収穫できることと、成長過程を見守るのが楽しかったのがいいですね。

他に必要なものもないし、お手軽でオススメです。

豆苗11−2

この「豆苗」育成のポイントはズバリ「日当り」です。

今回は北向きの窓で育てましたが、なるべく南向きの窓のそばなどの日当りがいい場所で育てた方がいいようですね。

私の場合、北向きの窓の側にキッチンがあり、水やりのやり易さを優先してしまったのがいけませんでした。

もしチャレンジしてみようと思った人がいたら、今回のこの経験が役に立つといいなーって思います。

最初からご覧になる方はこちらからどうぞ:

  1. 妻がスーパーで買ってきた「豆苗」を育ててみる | 歳月庵
  2. スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(3日経過) | 歳月庵
  3. スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(8日経過) | 歳月庵

一連の過程をまとめました。

参考:スーパーで購入した豆苗を家庭で再び育てる方法と知っておきたい注意点3つ | 歳月庵

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly

  関連記事

プランターを使ったベランダ菜園でミニトマトを育てています

私はベランダに大きめのプランターを設置してベランダ菜園をしています。 以前はネギ …

実家の田植えは手伝えなかったけど、しっかり育っていることに一安心【百姓日記】

田植えの準備は手伝えましたが、肝心の田植えそのものは 九州への家族旅行 がありま …

本物の新米が食べられるのは農家の特権!スーパーの新米とはレベルが違うよ

ついに新米の季節が到来です。農家の最大の楽しみは丹精込めてつくったお米をいただく …

夏にベランダ菜園をするときに絶対に気をつけたいこと

ここ数日、ベランダ菜園で育てているミニトマトの元気がありません。 トマト系はあま …

父の語る「稲作農業を続ける理由」がカッコよかったので、2017年も田植えを皮切りに全力で支えます!

先日の代掻き(しろかき)の時は、天気が良すぎたためかなり暑くて、一気にバテてしま …

ついに収穫したミニトマトを食べてみました【ベランダ菜園ログ】

朝起きてベランダのミニトマトをみてみると、真っ赤に色づいていました。しかもたくさ …

「籾摺り」の行程を経て今年も我が家に待望の新米コシヒカリが到来!

いよいよ我が家の稲作農業も大詰めです。もみ殻を取り除く籾摺り(もみすり)の作業に …

苗から稲へ。順調に育っていく様子を定期報告【稲作農業2016】

田植えをしてからすでに3ヶ月が経過しようとしています。写真にもありますように、も …

稲刈りしたら天日に干す「稲木干し」の作業を惜しまないことでお米はさらに美味しくなる【百姓日記】

毎年、稲刈りはこの時期に行います。今年もほぼ例年通りの予定で稲刈り作業を行いまし …

スーパーで購入した豆苗を家庭で再び育てる方法と知っておきたい注意点3つ

みなさん豆苗って知ってますか? わが家では少しでも肌寒い日があるとすぐにお鍋を囲 …