スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(8日経過)

      2017/06/26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

豆苗4−2

前回の記事で3日経過した時点での様子を書きましたが、その時点ではほとんど変化はありませんでした。

でも4日目以降になるとちょっとずつ変化が見られてきました。

やはり日当たりの悪さ に問題があったんですね。

前回の記事はこちら:スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(3日経過) | 歳月庵

豆苗の再育成「5日目」

豆苗4−1

冒頭の写真もそうなのですが、スパッと切った切り口からニョキニョキと新しい芽が伸びてきています。

日当りの良い窓側(しかし北向き)に配置を変えてからすぐでした。

日光に当たるように配置を変更した以外には何もしていませんから、これが原因だったと言えると思います。

豆苗の再育成「6日目」

豆苗5−2

さらに翌日にはもっと多くの豆苗から新しい芽が伸びてきています。

豆苗5−1

しかも光を求めて窓の方に伸びています。やはり日の光がもっと必要なのでしょうか。

ここ数日は天気が悪いのでそれほど強烈な日光は当てられないのですが、それでもこの結果です。

天気がもっと良くなってくればいい感じに伸びてくるのかな?

豆苗の再育成「7日目」

豆苗6−1

日々成長しています。ここまでくればもう安心ですね。

豆苗6−2

相変わらず日光を求めて斜めに伸びています。

再育成「8日目」

豆苗7−2

7日〜10日で再収穫できるとパッケージには書いていましたが、なるほどその通りになりました。

豆苗7−1

ガンガン生えています。

この日光を求めていると言わんばかりの曲がり具合。

今まで日光を浴びせてあげられなくてごめんね。と言いたい。

豆苗を育てる上での反省点と今後の展望は

やはり日光をきちんと浴びせることが大切ですね。配置換えしただけでこの成長の加速度ですからその大切さを明確に物語っています。

緑色の植物なのに日当たりが全くないところで育てても、光合成できないからダメだということに気づくのが遅かったです。なんてこった。

購入した豆苗のパッケージに書かれていた育成期間で言うと、あと2日ほどで食べられる状態になるはずなのですが、初期の失敗が響いていますからまだご飯のお供になるほどは育っていません。

おそらく、さすがにあと2日では食べられるところまではいかないと思うので、さらに期間を延長して根気強く育成していこうと思います。

もっと早い段階で間違いに気がつけばよかったんですけどね。

次の記事はこちら(最終回)スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(11日経過、最終日) | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly

  関連記事

父の語る「稲作農業を続ける理由」がカッコよかったので、2017年も田植えを皮切りに全力で支えます!

先日の代掻き(しろかき)の時は、天気が良すぎたためかなり暑くて、一気にバテてしま …

2017年の稲作農業がいよいよ始動!天気も良くて最高のスタートだったよ

いよいよ毎年恒例のこの季節がきました。 例年通り、ゴールデンウィークに田植えをや …

苗から稲へ。順調に育っていく様子を定期報告【稲作農業2016】

田植えをしてからすでに3ヶ月が経過しようとしています。写真にもありますように、も …

2016年の稲作農業がついに始動!田植えの準備はこうやるんだよ!

今年も稲作農業がスタートしました。 わたしの実家のある愛媛県東温市では、ゴールデ …

エアコンの室外機の熱風には要注意!ベランダのミニトマトが枯れました

我が家のミニトマトが連日の猛暑に加えてエアコンの室外機の熱風に晒されて虫の息であ …

夏にベランダ菜園をするときに絶対に気をつけたいこと

ここ数日、ベランダ菜園で育てているミニトマトの元気がありません。 トマト系はあま …

妻がスーパーで買ってきた「豆苗」を再収穫すべく育ててみる

本日の鍋の具材として 豆苗 というものが入っていました。 私は今までの人生におい …

田舎の稲作農家とは草刈りばかりの毎日だ【百姓日記】

私の住んでいる地域は稲作農家を営む人が多い地域です。しかし少子高齢化の影響で後継 …

スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(11日経過、最終日)

前回から、日当りの悪さが育成遅延の原因ではないかという仮説に基づいて場所を変更し …

稲作農業を営む農家出身の私がコシヒカリの新米を収穫するまでの一連の流れをまとめてみた【2015年 百姓日記まとめ】

我が家が家業として営んでいる稲作農業の全行程をブログに書いてきましたので、この記 …