スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(3日経過)

      2017/06/26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

IMG 5026

妻が買ってきた「豆苗」という野菜をお鍋に使った後、水栽培で再度収穫しようという企画の経過報告です。結論から言うと 思ったほど育ってない という感じがします。

なにかいけないことでもあったのかな?と理由を考えてみたのですが、おそらく日当たりの悪いところで育成しているというのが問題なんじゃないかという結論に到達しました。

ちょっと配置を変えてみようと思っています。

前回の記事はこちら:妻がスーパーで買ってきた「豆苗」を育ててみる | 歳月庵

豆苗の育成経過を追ってみる

こちらは育成初日の写真です。

IMG 5023

水に浸かっているだけですね。ここから育成を開始しましたので、これを基準に経過を追ってみます。

基本的には清潔な容器に水道水を入れて1日1〜2回くらい水を替えるだけということなので、そのように育ててみます。

ちなみに台所のシンクに置きっ放しで育てています。水の交換が楽なので。

でもこれが原因で思ったほど育たなかったんですね。

豆苗の再育成「1日目」

IMG 5031

大きな変化はありません。当たり前ですが。水は1日2回ほど替えればいいようですので、けっこうマメに水をかえないといけないのですね。豆だけに。

私の場合は仕事に行く前と仕事から帰った後に豆苗の水を交換することにしています。

豆苗の再育成「2日目」

IMG 5035

こちらも大きな変化はありません、当たり前ですが。

とはいいながらも、通常は7〜10日で育つようですからあまり変化がないのもおかしいですよね。

ここからグーンと成長するとも思えませんし。

ちなみに、育成のポイントとしては

  • 清潔な容器と水道水を用いる
  • 水を1日1〜2回かえる
  • 豆が浸からない程度に水をやる
  • 室内の明るい場所で育てる

ということらしいのですが、もしかしたら日当りの問題かもしれませんね。

IMG 5036

ということで場所を変えてみました。こちらは3日目の写真ですが、ちょっとは日当りが良くなるかな?

そもそも、緑の野菜ですよね?「もやし」じゃないんだから日当たりって大事なんですよね。うっかりしてました。

これは台所にある北向きの窓です。日当たり最高という訳ではないのですが、それでも台所のシンクのそばだとほとんど日光が当たりません。

日当たりの良い場所で育てましょうと書いていますが、私の感覚での日当たりというものとは全然違うんですよ。日光でなきゃダメなんじゃないでしょうか。

たぶん・・・というか、おそらく絶対にこれが育たない理由なんだと思いますので、これで育成が加速してくれるといいのですが・・・。

次の記事はこちらスーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(8日経過) | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly

  関連記事

田舎の稲作農家とは草刈りばかりの毎日だ【百姓日記】

私の住んでいる地域は稲作農家を営む人が多い地域です。しかし少子高齢化の影響で後継 …

新米の味や炊くときの水加減はその年によって違うよ

ついに稲作農業の一通りの作業を終えて、新米を食べられる時がきました。実りの秋を実 …

苗から稲へ。順調に育っていく様子を定期報告【稲作農業2016】

田植えをしてからすでに3ヶ月が経過しようとしています。写真にもありますように、も …

稲作農業を営む私の実家はゴールデンウィークから本格始動

私が物心ついたときからゴールデンウイークは常に実家で田植えです。 昔は連休明けの …

稲こぎと籾摺りを終えて今年も新米が食べられる時期が来たよ【稲作農業2016】

今年は週末になるたびに雨が降りますから気が焦るばかりでしたが、ようやく農業もクラ …

コシヒカリの稲が順調にスクスクと育ってきました【百姓日記】

田植えをした後ちょっと時間が空いて、久々の帰郷でした。子供が小さいから両親も気を …

2016年の稲作農業がついに始動!田植えの準備はこうやるんだよ!

今年も稲作農業がスタートしました。 わたしの実家のある愛媛県東温市では、ゴールデ …

ミニトマトが色づいてきました。一方で大葉は・・・【ベランダ菜園ログ】

今までもたくさん実はついていましたが、そこから先になかなか進みませんでしたが、今 …

我が家のコシヒカリは「稲木干し」の期間を終えていよいよ「稲こぎ」の行程へ【百姓日記】

お米を美味しくするために我が家では手間を惜しまずに稲木干しの作業を行っています。 …

父の語る「稲作農業を続ける理由」がカッコよかったので、2017年も田植えを皮切りに全力で支えます!

先日の代掻き(しろかき)の時は、天気が良すぎたためかなり暑くて、一気にバテてしま …