共働きの我が家で夫の私が黙って家事や子育てをガンガン引き受ける理由とは

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今の世の中、共働き世帯は別に珍しいことではありません。じゃあ仕事以外の家事や子育てはどんなふうに分担してるんでしょう。

そもそも分担してるの?いまだに家事は女性の仕事とかわけわからんこと言ってる人ってどれくらいいるんでしょう。

ということで、ここでは我が家の家事を分担している状況と基本的な考え方、夫の私が黙って家事をガンガン引き受ける理由についてご紹介します。

今と昔では社会環境が全然違う

昔は亭主関白とかいう言葉があったように(今でもあるのかな?)、男の人は基本的に家事を一切しないという風潮がありました。

私は男女差別男尊女卑はダメだと思いますが、生物学的には両者は明確に特徴が分かれてますから、そのメリットやデメリットをうまく使い分けることには賛成です。

それを踏まえると、昔は「男は外で汗水流してお金を稼ぎ、女性は家で家庭を守る」というような構図が成り立っていたんだと思います。

どちらが大変かとか、そういう話は別にしても役割を分担していることには変わりありませんね。

でもその論法でいくのであれば、これだけ共働きが当たり前になってくるとその構図はおかしいです。男性も女性もお金を稼いでいるのであれば、家事や子育ても分担すべきです。

そしてこれは、なにも稼いでいる金額で割合を決めるとかそんな話ではないでしょう。お互いの歩み寄りで解決すべき問題です。

我が家の家事や子育ての分担割合は?

分担割合とか言っても良くわからんので、実際にやっていることを並べてみます。

これを見て明らかに不平等だとか言われても困りますよ。家事は定量化することが難しいのでね。

アツシの1日の家事や子育てはこんな感じ

朝起きたら

  • 娘のトイレトレーニング、清拭や着替え
  • 娘の朝食介助
  • 食器洗い
  • ゴミ出し

帰宅してからは

  • 娘の遊び相手をして、妻の夕食準備の邪魔を阻止w
  • 娘の食事介助
  • 食器洗い
  • 娘の風呂上がりの着替えや保湿、歯磨きなどの一連のケア
  • 風呂そうじ
  • トイレそうじ
  • 洗濯
  • 翌日のタイマー炊飯の準備

妻の1日の家事や子育てはこんな感じ

朝起きたら

  • 朝食と娘のお弁当作り
  • 娘の歯磨きや髪の毛を束ねるなどの身だしなみを整える
  • 家を軽くそうじ

帰宅してからは

  • 夕食の準備
  • 洗濯物の取り込み
  • 軽くそうじ
  • 娘をお風呂に入れる
  • 寝る前にミルク飲ませる
  • 娘の寝かしつけ

こんな感じでしょうか。私は妻と同じ会社の同じ部署で働いていますから、娘の体調不良があれば交代で休暇を取得しますし、残業する場合はもう一人が娘の食事やお風呂、寝かしつけまでを一人で担当します。

もちろんそれを私がすることもありますし、妻がすることもあります。

最初は妻も育児休暇で家にいる時間が多かったので、多くの作業を妻にしてもらってましたが、今はほぼ労働条件が同じなので、家事や子育ても同じくらい担当しています。

最終的に妻は娘の寝かしつけで一緒に寝落ちしてしまいますので、仕方なく妻の仕事もやっていたらこのスタイルに落ち着きました。

最初は私の仕事が一気に増えたので不満もありましたが、今ではそれもあまり感じなくなりました。

家事を私に任せてもらえると趣味の時間がたくさん確保できる

急に家事の分担割合が増えたからさすがにキツかったのですが、妻が寝かしつけた方が娘はよく寝るので、今では文句なしにその役目は妻にお願いしています。

私は妻がやるはずだった仕事を手早くこなせばこなすほど、趣味のブログにかけられる時間が確保できますから、頑張って作業します。

今では本業が終わった時点でその後の時間配分を考えて、どうやったら早く娘が眠る段取りまで到達できるのかを研究するほどになりました。

もちろんその後の仕事は私がやりますから、どうすれば効率良く食器洗いと洗濯が終わるのか、お風呂を洗う効率的な順番はどうなのか、とか考えるようになりましたよ。

もちろん、夫婦や子供との家族の団らんはおろそかにしてはいけませんから、メリハリがついたって感じでしょうか。

家族との時間がひと段落してから、毎晩のように遅くまでパソコン叩いたりスマホをナデナデできますので、家事や子育てをたくさん任せられても全然苦になりません。

特に私は集中力がないので、静かで一人きりの空間じゃないとなかなか作業が進みませんから、この方法は私にとっては逆にありがたいくらいです。

家事をやりたくないとか、子育てはパートナー任せとか言う人もいまだに多いんだとおもうんですよ。

でもネガティブな理由を探すよりも、率先してやることのメリットにも目を向けて取り組んでみると案外いいものですよ。なにより家族円満になりますので。

皆さんも是非こんな感じの軽い気持ちで、率先して家事や育児に取り組んでやってみるといいんじゃないでしょうか。

特に夫という立場の方には強くお勧めします。

【promotion】

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立て続けの体調不良。アデノウイルスに罹患した我が娘への対処法は

子どもが小さい頃は体調不良の時間の方が長いんじゃないかと思うくらいに次々と菌やウ …

指が6本ある「多指症」の姪っ子が全身麻酔で切除術を行うことになりました

私の姪っ子は、生まれつき親指が2本あります。右手だけ指が6本あるということになり …

娘の4歳の誕生日を迎えて思う「これまでの一年とこれからの一年」

早いもので娘も4歳になりました。 この一年のいちばん大きな変化は、なんと言っても …

次から次へと病気に罹患する我が娘、今度はヘルパンギーナに感染したよ

娘が通っている保育所では ヘルパンギーナ と 溶連菌感染症 が流行しているようで …

私が実践している赤ちゃんが泣き止む方法と、大前提となる基本的な考え方とは

子供を持つどんな親でも、やはり我が子には笑顔の絶えない子供でいてほしいという想い …

やり方がわからない家事や育児ってあります?自分の家の家事は全部自分でできるようにやり方を把握しておいた方がいいですよ

我が家では家事や育児は分担制ですので、ある程度は割合を決めて、夫婦がお互いに協力 …

最近よく娘を寝かしつけながら寝落ちする妻へ

ここ数日、君は娘を寝かしつけながら寝落ちするということを高頻度で繰り返しているね …

子どもを叱るのであれば深い配慮のもと叱るべきだよ

みなさんは人を叱ったことありますか?叱るという表現は適切でないということであれば …

長男のお宮参りが無事に終了!祈る事を軽視しない生き方はすごく大切だと思う

先日産まれた長男のお宮参りが無事に終わりました。あいにくの雨で、七五三と時期が重 …

我が子を「笑顔の絶えない子」に育てるために必ず実践すべきだった一つのこと

「女は愛嬌、男は度胸」なんて言葉がありますが、男女問わず、我が子には笑顔の絶えな …