サーモスの真空断熱タンブラー持ってないの!?飲み物をおいしく飲みたいなら絶対に買うべきだよ!

      2017/02/09

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

注いだ飲み物の温度がずっと変わらないと話題のサーモスのタンブラー。

冬でもやはり、熱々のお鍋にはキンキンに冷えたビールがふさわしいということで、妻にお願いして購入しました。

すごく良いですよ、これ!

サーモスの真空断熱タンブラーってどんなもの?

妻とケンカにならないようにペアで購入しました。サイズはいくつか用意されていましたが、今回は420mlにしました。

500mlのビールだと注ぎきれませんが、我が家は350mlのものを購入する機会が多いので問題ありません。

中身は取扱説明書など最低限のものが入っています。

冷たいものを注いでも結露せず、熱いものを注いでもいい熱すぎて持てないなんてことがない。

食洗機対応というところもポイントが高いです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、口がつくフチの部分はすごく薄くなっています。

でもそれ以降のところはかなりの厚みがあります。真空構造になっていますからね。

ステンレスの容器は普段はあまり使いません。特に家で飲み物を飲む場合にはグラスとか湯のみとかマグカップとか、、、ステンレスって言えば水筒くらいかな?

このタンブラーのすごいところは、蓋を閉めて密閉しているわけじゃないのに温度がキープされているところ。

室温などの条件にもよるのですが、普通は6時間も放置しておけば氷なんて溶けてしまって、結露でびしょ濡れになるはずですが、全くそうならないというのですから驚きです。

あと、外からの温度に影響されにくいというのも地味に嬉しいところ。たとえば、熱々のお鍋をしている近くでキンキンに冷えたビールを置いておくと、ビショビショに結露してしまう上に、あっという間にぬるくなってしまいます。

でも、このサーモスタンブラーはほとんど影響を受けませんでした。最後の一口まで、熱々お鍋と冷たいビールの組み合わせが楽しめるなんて素敵ですよね。

また、このタンブラーはオプションでフタだったり、テーブルを傷つけないための底用のガードなんかも売ってるみたいです。

車のドリンクホルダーに入れてあったかいコーヒーなんかを楽しむ場合はフタがあるとこぼれないので安心ですが、保温力という観点だけで言えば不要でしょうね。

ちなみに余談ですが、持ち運んで使うスタイルであれば mosh!ボトル が高機能でオシャレなのでオススメです。

参考:mosh!ボトルは飲み物の最高においしい温度がずっと続くおしゃれな魔法の牛乳びん | 歳月庵

フタがなくても温度をしっかりキープできるサーモスタンブラー

こまかな理論なんかはこの際おいておきましょう。

とにかく、フタをしなくてもあったかい飲み物はいつまでもあったかく、冷たい飲み物はいつまでも冷たいままに楽しめるのですから、1つくらいは持っておいて損はないでしょう。

やはりどんな飲み物でも(好みの程度は人それぞれですが)いちばん美味しい温度ってあると思います。

でもその温度は普通は長くは続かないものですよね。

寒くてブルブル震えているときに暖かいコーヒーを入れても、すぐに冷めてしまいます。

暑いときにキンキンに冷えたビールを飲みたくても、数分もすれば徐々にぬるくなってしまいます。

最後の一口まで美味しくいただくためには、このサーモスのタンブラーはマストアイテムと言えるのではないでしょうか。

オールシーズンで活躍するサーモスタンブラーは今すぐ買っても損はなし!

ベストな温度で飲み物を楽しむということに、シーズンなんてほとんど関係ありません。

ひとたび購入してしまえば、春夏秋冬を問わずに毎日活躍しますから、値段が少々高めでもそれ以上の価値があると言えます。久々にいい買い物をしました。

きっと誰もが驚くであろう、圧倒的な違いをぜひ体感してほしいと思います。オススメです!

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヨガやアーユルヴェーダの知識をまとめるのに最適なモレスキンのドットノートブック(ドット方眼)ハードカバーの良さとは

ヨガやアーユルヴェーダのワークショップやセミナーを受講していくと、知識や技術がど …

専門家は「専門家」という言葉に甘えてないで専門外のことをたくさん勉強すべきだぞ

専門家っていう言葉について、最近疑問に思っていることがあります。職場の後輩たちが …

悪意なきパワハラ上司と、適切に本質を見抜くべき部下

私の勤めている病院ではいろんな種類の健康教室が盛んに開催されており、私もそのうち …

季節の変わり目や職場の雰囲気に翻弄されないように自分をもういちど見つめてみる

ここ数日は妻や子供の体調も悪く、職場全体の雰囲気も悪く、その影響か私の気持ちもイ …

あなたは「ぶれない自分の軸を持つこと」の意味を勘違いしている

自分の軸を見失わないことと、他者との歩調を合わせるというのは、一見すると矛盾して …

近すぎてなかなか会う機会がない友人と実際に「会う」ことによるメリットとは

先日、同じ市内に住んでいる友人と会ってお酒を酌み交わしてきました。私の結婚式以来 …

勉強というのは勉強することそのものが目的ではなく、その結果がどうなるのかが大切

私が、前からすごく違和感をを感じていたことに、「勉強する」ということの定義があい …

人間の人生に優劣や上下はないのだと感じた話

先日、高校の同窓会がありました。約15年ぶりの再会であり、旧友と久しぶりの再会を …

【2015年 総括】私はライフスタイルをデザインできているのか

今年はブログに197記事をエントリーしました。ブログ運営論的な記事や農業に関する …

人間関係をおろそかにし続けて来た私が、死ぬほど人間関係を大切にする女性と結婚するという話

今日は人と人との繋がりを強く意識させられた1日となりました。 当ブログでも何度か …