稲作農業を営む私の実家はゴールデンウィークから本格始動

      2017/07/08

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私が物心ついたときからゴールデンウイークは常に実家で田植えです。

昔は連休明けの友人たちの楽しそうな思い出話をよそ目に「なんでウチだけ田植えなんだよ!」と悔しい気持ちになりましたが、今では率先して手伝っているのだから不思議です。

基本的に兼業農家を営んでいる我が家(実家)ではマンパワー不足になりやすいので、人が集まりやすくてまとまった時間が確保しやすいゴールデンウィークに田植えをします。

実際に田植え前から農業のシーズンは始まっていますし、やるべき作業がたくさんあるのですが、本格始動はこの「田植え」の行程からスタートします。

田舎の棚田は山に囲まれた非日常空間


よく実家の農業を手伝っていると人に言うと「偉いねぇ」っていうリアクションが返ってきますが、別に自分では偉いとは思いません。

農業に没頭するってけっこういいもんですよ。身体を動かすことで体力もつきますし、精神衛生上もすごく爽快感や達成感があっていいです。

なにより農作業が好きですからね。好きでやってるんだから苦になるはずがないです。

また、山が好きなので特に苦にならないというのもあります。

日本には、海がない「海なし県」はいくつかありますが、山が無い「山なし県」はないのだそうです。

でも逆に、ここは本当に山以外のものがないのですから、貴重な空間です。


みなさんの身近には「目の前に何もないただのバカでかい空間」って存在しますか?

私の地元にはそれが普通に存在します。山があるとか川があるとかいうレベルではなく、本当に巨大な空間だけが存在します。まさに田舎ならではの景色です。

それに加えて、古き良き時代の田園風景に都会の煩雑な空気はありません。

非日常を味わえれば本当に気持ちがリフレッシュして、また明日から仕事をがんばろうと思えたりします。

近くにコンビニが当たり前にあるような、中途半端な田舎ではダメです。本当に非日常でなければあまりリフレッシュにはならないと思います。

まるでオーロラ!「美しい虹」降臨!


頑張っていればご褒美もあります。下向きで作業していて水面が虹色に光っているので機械のオイル漏れかと思いましたが、逆アーチのまるでオーロラのような虹が出ていました。


全景はこんな感じ。人生で初めてのレアな虹に興奮しつつ作業が続きます。

こういった自然に感動するピュアな心を育む目的でも、農作業や自然に触れ合うことって、とても価値のあることだと思っています。

ともあれ、自然に癒されて汗水流して作業しつつ、日々の仕事に精を出すシーズンの到来です。

次の記事はこちら:田舎の稲作農家とは草刈りの毎日だ【百姓日記】 | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly

  関連記事

スーパーで購入した豆苗を家庭で再び育てる方法と知っておきたい注意点3つ

みなさん豆苗って知ってますか? わが家では少しでも肌寒い日があるとすぐにお鍋を囲 …

2016年の稲作農業がついに始動!田植えの準備はこうやるんだよ!

今年も稲作農業がスタートしました。 わたしの実家のある愛媛県東温市では、ゴールデ …

本物の新米が食べられるのは農家の特権!スーパーの新米とはレベルが違うよ

ついに新米の季節が到来です。農家の最大の楽しみは丹精込めてつくったお米をいただく …

猛暑が続く中、稲穂は順調に育って頭を垂れているぞ【稲作農業2016】

連日、日本列島を猛暑が襲っています。熱中症や脱水に気をつけないといけませんが、農 …

実家の田植えは手伝えなかったけど、しっかり育っていることに一安心【百姓日記】

田植えの準備は手伝えましたが、肝心の田植えそのものは 九州への家族旅行 がありま …

エアコンの室外機の熱風には要注意!ベランダのミニトマトが枯れました

我が家のミニトマトが連日の猛暑に加えてエアコンの室外機の熱風に晒されて虫の息であ …

お米は工場で作っているんじゃない!田んぼでつくっているんだよ!

昨年同様、今年も田植えだけ手伝えなかったのでちょっと気になっていましたが、今年も …

稲こぎと籾摺りを終えて今年も新米が食べられる時期が来たよ【稲作農業2016】

今年は週末になるたびに雨が降りますから気が焦るばかりでしたが、ようやく農業もクラ …

ここにきてミニトマトの成長が加速してきました【ベランダ菜園ログ】

昨日も同じ「ミニトマト」の記事を書いたのですが、恐ろしいほどの変化の早さです。色 …

父の語る「稲作農業を続ける理由」がカッコよかったので、2017年も田植えを皮切りに全力で支えます!

先日の代掻き(しろかき)の時は、天気が良すぎたためかなり暑くて、一気にバテてしま …