高崎公園|通称「バナナ公園」で子どもたちと桜を楽しみつつ遊んでストレス発散

松山市に限らず、公園って大小いろいろなものが色々な場所にありますよね。

私は子どもたちが飽きないように、最近は今までに行ったことがないような公園を探して連れて行くことにしています。

本当に小さすぎて楽しめないようなところもありましたが、それはそれでいい思い出です。

今回は「バナナ公園」と言われる高崎公園にお邪魔しました。

高崎公園にあるバナナの形をした滑り台が「バナナ公園」の名前の由来

これですね。バナナの形の滑り台。

近所のお子さんたちの間では「バナナ公園」として有名なようです。

でも、この滑り台で遊ぶのは最初の方だけで、比較的広い公園ですので、走り回ったりいろんな遊具で遊ぶのが楽しいようです。

トイレはものすごく整っているわけではありませんので、親の手伝いとか必要です。

オムツが外れていないならおむつ替え用のレジャーシートなどあると良さそうです。

綺麗な桜、多彩な遊具、広めの敷地が子ども好みの高崎公園

この公園は桜の木がたくさん植えられていますので、ちょっとしたお花見気分で楽しめます。

こんな感じの遊具って、そこそこ大きな公園じゃないと置いてないんじゃないでしょうか。

少なくとも私の自宅近くの公園にはありません。

こういった非日常的に楽しむ遊具というのは子どもに喜ばれます。

こちらはシニアが楽しむ(?)健康遊具ですが、うちの子はこれがお気に入りのようです。

かなりしつこく楽しんでいました。

走り回るには程よいサイズの公園です。

広すぎると親の見守りの目が届かないこともありますが、この高崎公園は全体が見渡せる程度の広さなので親も疲れるほどではありません。

もちろん定番のブランコも完備されています。比較的遊具が新しくて綺麗なのもいいですね。

駐車場はないので、路上駐車で対応しました。

なので、あまり長時間というのはちょっと気が引けます。

子どもの気分転換にちょうどいいサイズの公園だけど長居は難しそう

サイズや遊具の種類については、親の目線からいえばちょうどいいということになりますが、子どもからするとおそらく1時間もすれば飽きちゃうかもしれません。

仲の良いお友達と一緒だったりするとそうでもないですが、そもそも長居するようなタイプの公園ではないですね。

普段の公園に飽きた時にちょっと気分転換したりするのにいいかもです。

もしくは、妻がスーパーに買い物に出かけている間だけ遊ばせるとか。

それくらいの用途であれば、ちょうどいいサイズの公園であり、またいつか訪れたいと思える公園でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です