今日は後輩が一人、職場を去りました

      2015/11/18

Pocket

花束

2年と10ヶ月、ともに働いてきた後輩が職場を去りました。その女性は「障がいをもった人を助ける立場から、障がいを予防する手助けをする立場」へと進みます。

具体的にはヨガのインストラクターとなるべく、師匠の師匠が暮らすハワイへ修行の旅に出るのだそうです。

職場を離れる人をなくしたいという想い

ここ数年で、部署もしくは病院そのものの離職率が大幅に増大しています。理由は様々ですが、職場環境に耐えられない・合わないという理由もあると思います。

私は卓越したテクニックがあるわけでもなく、飛び抜けた知識があるわけでもない、そして長きにわたる経験があるわけでもありませんが、主任を任されています。

自身をもって言えるのは、「人」を大切にし、「人の想い」を大切にすること。もちろんそれは患者さんに対しても、職員に対してもです。
なので、自分に課したミッションとして「だれにも辞めて欲しくない」というのがありました。

なるべく後輩の意見を汲み取り、悩みを聴いて解決に導き、長く職場で同僚として共に働けるよう尽力していこうと思っていましたが、主任に着任して1年を待たずに、1人の後輩がこの職場をあとにします。

やりたいことがあるならとことん応援しよう

ヨガ 2

私のいる職場は、他にやりたいことがあると強く望む人をあまり引き止めることをしません。以前に退職した後輩も「ドラムだけでとこまでやれるか、自分の可能性を試したい」という理由でこの職場を去りました。

今回も自分の進みたい道が明確に自分の中にあり、それに向かって邁進するために選んだ道であるということで、皆がこころからエールを送るという非常に清々しい送別会でした。リハビリテーションに従事していながらも、彼女の目指す道は私の理想とする道と重なるため、非常にうらやましくもありました。

彼女がインストラクターとなった暁には、ぜひ彼女のスクールに足を運び、色々と学ばせてもらいたいと思いました。

人であるが故のジレンマ

「辞める」と一言で言っても色んなケースがあります。

つまらない理由で職場を辞めて欲しくない。でも今回のように心からエールを送って快く送り出してあげたいケースもあるのです。人には色んな事情や理由があり、一概に「退職を阻止する」という考えでは必ずしもその人のためにならないこともあるのだと気付きます。

ともあれ、結果的に優秀な人材がひとり職場を離れるのは寂しいですね。でも、それでも彼女の新たな門出を祝福したいと思います。

これから新世界へ船出する君へ

ガラスの地球儀

私の場合は、このブログが新しい世界というか、もう一つの自分が生きる世界なのです。期待と不安に胸を膨らませながら進む新世界では相応の苦労や悩み、不安がつきまといますね。ですがそんな苦労や不安は仲間がいればある程度解決へと導かれます。

私にも仲間がいます。ブログの世界でも、リアルな職場の世界でもです。仲間がいるから乗り越えられることは多くあります。ぜひ、君にも早急に新しい仲間ができることを願っています。

それに今回の場合、私の職場からは逆に仲間が離れたという結果になりますが、それは職場とかブログとかヨガとか・・・世界を区分するから生じることです。

退職した女性だって縁が切れたわけではないですし、修行が終われば地元にもどって活動するということです。連絡先も交換してありますし、また会って話をすることもできます。

白衣を着ていればその世界のことしか考えませんし、PCやiPhoneに向かっていればブログのことしか考えませんが、それでも世界は一つであり、その一つの世界を生きているのだからと自分に言い聞かせました。

患者さんに優しく、人望のあった彼女を送り出したあと、久々に自宅でヨガでもしてみようと家路につきました。

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2015年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 今年も当ブログとわたくし、Atsushi(@a …

人前に出ることによる緊張を克服するために私が今までにしてきたこと  #EdgeRankBloggers

私は学童期の頃から人前に出て話をする機会が比較的多い人生を歩んできましたが、もと …

固定観念に縛られずに建設的な逆説的思考を携える

私たちはある種の常識を補助線にして生活しています。ニュースで見る悲惨な事件や、ち …

指導者になったあなたへ「指導者の指導者」として言っておこう

そうか、、、君も新人を教育するような立場になったのか。 私も去年までは新入職員の …

ヨガやアーユルヴェーダの知識をまとめるのに最適なモレスキンのドットノートブック(ドット方眼)ハードカバーの良さとは

ヨガやアーユルヴェーダのワークショップやセミナーを受講していくと、知識や技術がど …

ブレない自分を持つことの大切さをふと感じた

  最近、職場での自分のテンションの浮き沈みを自覚することが多くなって …

人の人生に優劣や上下はないのだと感じた話

先日、高校の同窓会がありました。約15年ぶりの再会であり、旧友と久しぶりの再会を …

アニメだけの話かと思ってましたが、月に行けるエレベーターが8年以内に誕生するらしい。

実はガン〇ムとか大好きなAtsushi(@atsushi_k0)です。 ガ〇ダム …

このソーシャル全盛の時代でも、アナログだから伝わる想いもあるから筆をとるのです。

皆さんは年賀状を書きますか? 最近では「明けおめメール」はもう古い!?と言わんば …

新年を迎えて決意を新たにしたのにいきなりつまずいたあなたへ

2016年が始まってすでに10日以上が経過しました。新年の目標や抱負を持って、気 …