2歳の息子にストライダーで乗り物デビューさせてから1年間でみえてきたメリットやデメリット

ストライダーで坂道を登る

2歳になった息子にランニングバイク(ペダルがなくて足でこぐ2輪車)をプレゼントしようと色々と調べてみた結果、我が家では ストライダー を選びました。

一般的には、幼い子どもに贈る初めての乗り物であれば、3輪車や補助輪付きの自転車なども候補に挙がると思います。

我が家ではストライダーを選んで、結果的に子どもも満足してくれて良かったのですが、親の立場からみたらデメリットもあると感じました。

ここでは選択肢としてストライダー(というかランニングバイク全般)の購入を選択肢として考えている人に向けて、2歳の息子が3歳になるまでの1年間使用してみた経験についてご紹介します。

また、弟が遊んでいれば姉だって遊びたくなるものです。

なので5歳の娘がストライダーからペダル付き自転車に移行した時の経験なども併せてご紹介します。

これを読めばきっと、ランニングバイクを購入する時の参考になるはずです。

スポンサーリンク

もくじ

ストライダーってどんなもの?

ストライダーとは、アメリカで生まれて今や世界中で愛されているランニングバイク(ペダルがなく、足で地面を蹴って走る2輪車)です。

1歳半から5歳くらいまでを対象としており、幼い子どもでも2輪車をコントロールして遊べるというのが魅力です。

ペダルなし、ブレーキなし、無駄を限界まで省いて軽量コンパクトに設計されていて、公園に行く時に車にサッと積み込んで移動できる手軽さが親には嬉しいポイントです。

ストライダーで一人でコースを走る

多彩なカラーリングやパーツ類も豊富にラインナップされており、カスタムして世界に1台だけのストライダーを組み上げることもできます。

ストライダーに初めて乗ってから数ヶ月間の反応は

基本的に最初は座って歩くだけです。

サドルにまたがってテクテク歩くだけで、「乗れている」とは言い難いですね。

でも、最初はこんなもんですよ。いきなりスイスイ走りだしたりしたら逆にこちらがヒヤヒヤものです。

それとストライダーに慣れるまでは、毎日ストライダーで遊びたいとは子どもも言いません。むしろ面白さがわからないからか、距離を置く日々が続きました。

それでも無理に乗せることはせず、気分が乗ってきた時に付き合ってあげたり、一緒に競争ごっこをしてあげると徐々に楽しさがわかってくるようです。

そしてある日、ストライダーに慣れてスピードを出し始めますが、その時に足をつかずに偶然2〜3メートル進めた時に「楽しさ」を理解します。

そこからはゲーム感覚で「あのマンホールまで足を使わずに進めるかな?」的なゲームで楽しんでると、子どもも楽しくなってくるようです。

遅くとも半年もすれば、だいたいのお子さんがストライダーに夢中になると思います。

ストライダーを2歳の子どもが使用するメリットとは

しっかり足で地面を蹴って走れるようになってくると、2歳の息子は毎日乗らないと気が済まないレベルで楽しむようになりました。

確かに狙い通り、2歳でも2輪車を楽しむことができていますね。

あえてこの年齢でストライダーを与えることによるメリットには以下のようなものが考えられます。

バランス感覚が養われる

足を着かずに進むことができるようになると、かなりバランス能力が向上しているということです。

小さな子どもって、歩いてお散歩の時に道端の縁石の上を歩きたがると思うんですが、この時にあまり落ちなくなってきました。

バランス能力や、それを高めるために必要な体幹の強さはあらゆるスポーツで活躍するための最も基本的なものなので、幼い頃から高められるのは嬉しいですね。

自転車に乗るための前段階に適している

2輪車で地面を蹴って、足を着かずに進むことができれば、もう自転車に乗れたも同然です。

厳密にはペダリング動作が追加になりますので、そこでバランスの取り方など修正する必要があります。

ただ、いきなり自転車を買って乗る練習に入っていく時も、まずはペダルを使わずにバランスをとる方法を習得すると思います。

なので、いつでもどこでも手軽に持ち運べるストライダーは、自転車に乗るための練習が手軽にどこでもできるようになるのでお勧めです。

かけっこが速くなる!?

先ほど述べた体幹機能やバランス能力の強化に加え、ストライダーって「またがったまま、かけっこで走るように使う」ようです。

荒れた路面や坂道を登る時などは、バランスをとるというよりもサドルに座ったまま走るのです。

これで走るために必要な体幹の回旋とか脚での地面の蹴り出しが鍛えられて、かけっこも早くなるということです。

外に出て遊びたくなる

下手をすれば、雨が降っていてもストライダーに乗りたいと言い出します。

最近はスマホやタブレット端末で、動画サイトやゲームばかり観るという生活が低年齢化していると言われており、ウチの息子も2歳にしてスマホやタブレットの使い方をある程度マスターしております。

でも「外でストライダーしよう」と誘うとすぐに外に飛び出してきて、どれだけ時間がなくても、わずかな時間だけでも乗りたいと言い出します。

真っ暗な中でストライダーで走っているのはヒヤヒヤものですが、それくらい子どもにとっては魅力的なんですね。

公式のレースなどコミュニティも充実

ストライダーは公式のレースとか、専用の走る場所なんかもあります。

ストライダーで姉とコースを走る

探してみると案外あちこちにありますね。

私はレースに参加させることまでは考えていませんが、こういうのに参加してみるのも楽しいのではないでしょうか。

参考:レースイベント | ストライダー

また、レースとまではいかなくても何かしらのコミュニティに参加したいのであればいろんなイベントも開催されているようです。

参考:ファンイベント| ストライダー

あと、ストライダーは公道での走行が禁止されているのですが、こういった練習場みたいなものもあります。

参考:STRIDER:ストライダー|オフィシャルパーク

買ってみたけど家の前でちょっと走ったり、公園で細々と走るだけでつまらないなんてことにならない配慮も嬉しいですね。

抱っこの要求が減るから親は楽チン

はい、これはすごく助かります。

遊び疲れても、そうでなくても抱っこを要求されるような時も、ストライダーがあればそちらが楽しいので抱っこの要求が減ります。

眠い時はベビーカー、起きているならストライダー。

どちらにしても親の体力的な負担は減りますね。

ただし、親の見守りは必須ですし、お散歩をストライダーでやるわけにはいきません(公道走行禁止です)ので、楽ができる場所は限定されますけどね。

軽くて持ち運びが楽チン

重量的には、スタンダードなモデルでも3.0kg程度しかありません。

なので右腕で子供を抱っこして、左手にストライダーを持って歩いていても、わたし的には全然疲れません。

公園に行く時も車に積み込むのが簡単で楽チンですから、重さや大きさという問題がネックとなることはあまりないと思います。

自転車や3輪車だとちょっとストライダーみたいにはいかないでしょうね。

カスタムパーツも豊富

タイヤのような消耗パーツだけでなく、いろんなカスタムパーツもラインナップされています。

こだわり派の人、他のお友達のストライダーと差別化したい人など、おしゃれに変身させてみるのもいいかもしれません。

お父さんのバイクと同じカラーリングたデザインなんてのも可能かもしれませんね。

ストライダーのデメリットって?

ここまでは、ストライダーのいいところばかり書いてきましたが、何事にもデメリットはあります。

ここでは私が思いつく限りのストライダー(またはランニングバイク)のデメリットをご紹介します。

いいところも悪いところも理解したうえで選んでいただきたいと思います。

ペダルやブレーキがないから公道走行できない

最近では、あとからペダルやブレーキを装着できるタイプもあるようです。

ですが、それらがあってもベルとか反射板・ライトなどの保安部品がなければ公道は走行できないです。

基本的にクローズな環境、例えば広い庭先、公園、専用の練習場、キャンプ場などで、他人に危険を与えない状況で使います。

私は基本的に広い公園に自動車で移動して、そこで楽しむようにしていますが、時間帯によっては他のお子さんがボールとか縄跳びとかラジコンとか、いろいろな遊びを始めたら一度お休みさせています。

砂場とか遊具で遊びつつ、人が減るのを待ってから再開すると言った具合です。

そこまでしないと、公道走行禁止であることを無視してしまったために大怪我をしたり、場合によっては死亡事故なども起きているようです。

楽しむためのランニングバイクですので、子供の命を危険にさらさないように、親が気をつけなければなりません。

下り坂など危険な場所に行かないように親が目を離せない

私の家の前には平坦な私道と、15mくらいのスロープがありますので、そちらにいかないように注意しています。

が、ごく稀に下り坂の方に吸い込まれていく時があります。

親の私は、すべてを置き去りにして全力ダッシュしますが、残念ながら1度だけ間に合わずに派手に転倒させてしまいました。

今ではスロープの前に仁王立ちして見守ることにしています。

こうなると「ちょっとお姉ちゃんと二人でストライダーしておいでよ」なんてわけにはいきません。

ストライダーは、子守りを任せるには荷が重すぎるようですね。

周りのストライダー率が高すぎてかぶる

ストライダーは有名なので、だいたいのランニングバイカーたちとカブることが多いです。

なのでオリジナリティを求めるのであれば、他のメーカーのランニングバイクもリサーチする必要がありそうです。

デザインだけでなく性能にも(わずかですが)違いがありますし、価格やオプション、アフターサービスなどいろんな個性があると思います。

わたしは総合的にみてストライダーが良さそうだという判断でしたが、もちろん他のメーカーに自分の好みのものがあるなら、そちらをオススメします。

人気があるので盗難に注意

やはり、インターネット上では盗難があるというふうに言われています。

私は今のところ盗難の被害やヒヤリとした経験はないのですが、やはり人気があるからでしょうか。

子供の気持ちになってみれば、大好きな初めての愛車がどこかの誰かに盗まれたとなれば、その悲しみは計り知れません。

そうなる前に、予防策としての盗難への配慮はしておくべきですね。

想像以上にスピードが出るため大怪我につながりやすい

軽くてめちゃ速いんですよ、ストライダー。2歳といえど、慣れてきたらビュンビュンとばします。

これが3歳とか5歳とかの子供の手に渡るとどうなると思います?

親は危険な走りをしていないかと常に見守っていますが、いざと言うときには大人が本気で走っても追いつけないほどなのです。

わたしの対策としては、本気で走らなくても追いつけるようにコンパクトなところで走らせたり、危険がないように走る前にその場所をチェックすることです。

ひとまず、めちゃ速いということだけは覚えておいた方が良さそうです。

激しく乗っているとお尻やお股が痛いらしい

軽さを優先した設計だからなのか、乗り心地は悪いです。

クッション系はなにもついてないし、タイヤも自転車みたいに空気を入れるタイプではないので、お尻が痛くなるようです。

ストライダーで姉とコースを走る

あまり長時間乗るのはお勧めできませんし、なにより子供の方からギブアップしてきます。

いろんな他の遊びをおり混ぜながら使うのが良さそうですね。

ストライダーで遊ぶ時のその他の注意点は

公式のホームページでもアナウンスしていることとして、以下の3点が挙げられます。

繰り返しになる項目もありますが、安全に楽しむためにも必ず守りましょう。

参考:STRIDER:ストライダー|安全ページ

ヘルメット着用、できればプロテクターの装着がベスト

公式のホームページではヘルメットの着用を言っていますが、より安全に楽しむならプロテクターもあるといいでしょう。

我が家には両肘と両膝を守るプロテクターも準備しています。

最低でもヘルメットを用意しましょう。幼い子どもで受け身もろくにとれない段階では、それくらい高く安全意識を持っておくのが良いです。

公道は走らない

おまわりさんに見つかったらいけないから、とかいうレベルではありません。

自動車との死亡事故の事例もあります。

どんなに子供が道路を走りたいと頼んできても、たとえ泣いても、絶対にダメだと教えましょう。

遊ぶ時は保護者の同伴が必須

2歳の幼い子どもが遊ぶわけですから、たとえ3輪車でも自転車でも親の見守りのもとで遊ぶ必要があるということは同じです。

思わぬ事件や事故に見舞われる可能性があるのですからね。

ただ、「見てないといけない」というのではなく、「一緒に楽しむ」と捉えると、とても楽しい時間が過ごせます。

せっかくの子供の成長をともに楽しめる貴重な時間と捉えれば、見守ることも苦ではなくなるんじゃないでしょうか。

5歳の娘がストライダーから自転車にステップアップした時に気がついたこと

2歳の弟くんのために購入したストライダーですが、すでに補助輪付きの自転車に乗っている5歳の娘にとっても魅力的なようで興味津々です。

実際に乗ってみた結果としては、やはり最初は自転車とは勝手が違ったのか苦労していましたが、早々に乗れるようになりました。

ただし、程なくして補助輪なしの自転車にステップアップしたときに、苦労していたことがあります。

足ブレーキに慣れすぎてブレーキレバーの操作が難しい

補助輪付きの自転車に乗っていた時からブレーキは使えていませんでした。

ストライダーにも自転車はありません。

そもそもストライダーにブレーキがない理由として、ホームページによりますと、

  • ブレーキを握る握力が十分ではないからそもそもブレーキが扱えない
  • 止まるときにブレーキレバーを握るという動作は直感的ではなく、子どもは反射的に足で止まろうとするから
  • 自重が増すブレーキ装置は邪魔。
  • 転倒したときにハンドルロックしてしまうワイヤー類も邪魔

ということのようです。

参考:ストライダー

これらの理由は、ストライダーに乗ることだけで見れば理にかなっていますが、自転車にステップアップするうえでは考えものです。

娘も最初は自転車をブレーキで止めるということをなかなか覚えられず、無理やり重い自転車を足で止めようとするため危険で、かなり苦労しました。

あとで自転車操作を覚え直さないといけないのであれば、最初から自転車の一連の操作に慣れておいた方が、早いとも考えられますね。

ブレーキを意識してもバランスをとるのに精一杯

自転車にステップアップした当初は、やっとバランスがギリギリとれるようになってきたというレベルです。

とてもブレーキまでは意識が向きません。

数メートルの距離で練習しながらブレーキで止まる感覚をトレーニングしても、実際に長距離を走っていていきなり弟とぶつかりそうになった時でも、あるいは間違えてくだりのスロープに突っ込んでしまった時でも、ブレーキは使えませんでした。

バランスをとるのに精一杯といったところですね。

ペダリング動作は個別に練習が必要

足で蹴って進むことに慣れ過ぎて、ペダリング動作が難しかったです。

補助輪付きの自転車に慣れていたはずなのに、また一からペダリングで進むことを覚え直しました。

おそらく、ブレーキ、バランス維持、ペダリングなどいろんな要素を同時に無意識にこなす自転車は、ストライダーからのステップアップとはいえかなりハードルが高いのだと思います。

2輪車のバランスをとるということ以外の要素については、自転車未経験の子どもと変わらないくらい練習する必要がありました。

結論として、2歳からでも三輪車よりランニングバイクで遊ぶのが非常におすすめ

ストライダーで姉とコースを走る

三つ子の魂百まで なんて言われますよね。

これは昔のことわざなので、正確には数え年での話です。

つまり2歳くらいまでに身につけたことは後の人生に大きく影響するってことになります。

絶対音感とか、ネイティブの英語の聞き取りなどは、大人になってから身につけたいと思ってもなかなか身につくものではありません。

今回ご紹介したランニングバイクでは、運動機能面で優れた発達をみることができます。

  • 体幹が鍛えられて姿勢が良くなる
  • 運動や屋外での遊びが好きになる
  • こけたり怪我をすることを恐れずアクティブになる

などなど、いいところがたくさんあります。

ストライダーで一人で公園を走る

2本の足で歩けるほどのバランス能力があれば、普通であれば大人になってからでも練習すれば自転車などの2輪車には乗れるようになりますし、1輪車だって乗れると思っています。

それを2歳という早い段階で身につけることによる恩恵は、のちの人生に大きく影響するはずです。

もちろん幼い子どもにとって危険な乗り物であるのは間違いないです。

なので親の見守りは必要不可欠ですが、逆に考えればこうやって親子のコミュニケーションの場を無理やり提供してくれると思えばどうでしょう。

ストライダーは、親子がもっともっと仲良くなるための、いい教材になってくれるはずですよ。

ぜひ安全に楽しんでみて欲しいと思います。

Posted by アツシ(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA