ヤマハ SR400で初めて遠乗りした感想と注意すべき3つのポイントとは

IMG 4322

先日、初の遠乗りで四国カルストへとソロツーリングへ出かけました。

美しい景色を堪能できたのとバイクを操る喜びを満喫できて大満足の旅だったのですが、本格的にSR400に乗ってみた個人的な感想や、個人的に注意しておいた方がいいと思うことがあったのでまとめておきたいと思います。

高速走行はやはり不向きだった

単気筒のバイクだということである程度の覚悟はしていましたが、やはり高速走行はキツいですね。スピードメーターは160km/hまでしかありません。

まぁ以前に乗っていたバイクの中でも250cc単気筒の「ホンダ FTR」というバイクもありましたが、それは高速道路で100km/hも出ていませんでしたので、最低限の高速性能は確保できていると思います。

でも「ホンダ CB1300SB」から乗り換えたので、風圧・振動・パワー不足は否めませんね。やはりゆったりと乗って楽しむタイプのバイクだなーと思います。

でも思いっきりカスタムするとメチャクチャ速くなるんですよねー。

IMG 4318

4000rpmからの振動はお尻がかゆくなるレベル

だいたい5速のギアなら60km/hで2500rpmで巡航できますので、それほど違和感はありませんが、加速する時などちょっと引っぱり気味に加速するとバイクの振動がだんだんと大きく速くなってきます。

私個人の感想ではだいたい4000rpmあたりからお尻がかゆくなるほどの振動になります。

高速走行ではこれが長時間続きますから、こまめに休憩するか、一気に走りきらないといけませんね。

IMG 4146

街中でのエンストは絶対に避けたい

この「ヤマハ SR400」はセルモーターはありません。完全に「キック始動」のみです。なので絶対にエンストは避けたいところです。

セルスタートのバイクなら、信号待ちの度にエンジンを切って省エネ走行ができるのですが、このバイクの場合はうっかりエンストなどしようものならすぐに始動させることはできません。

感覚がわからない乗り初めの時期などは特に発進時に気をつけないといけませんね。

それでもやっぱりSRが好き!

欠点ばかりをあえて挙げました。私を含めて「SR乗り」はこれらの欠点も含めて受け入れるとともに、欠点すらも「そこがいいんだよ」ってな具合にチャームポイントとして愛していくのです。

私も、こういった何でもできる優等生ではないという点に惹かれたのです。手がかかるヤツほど可愛いもんですよね。

これらの点には注意しながらも、これからもガンガン乗って、愛していきたいと思います。

やっぱりSR400は最高や!!

▼当ブログのバイク(SR400)系の記事はこちらです▼

2015/09/16 追記:

新しくバイクカテゴリーをスピンアウトさせたブログ「SR Fan.jp」を立ち上げました。当ブログの記事をさらに詳しく書き下ろしたブログとなっておりますので、よろしけらばぜひご覧ください。

参考:SR Fan.jp | ヤマハ SR400を愛するすべての人へ

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0