手首を使いすぎて痛くなったのでD&Mの「スピードラップ」を試したらびっくりするほど痛みが止まって思わず笑ってしまった

以前から右の手首が定期的に痛くなっていました。おそらく使いすぎだと思います。

何をするにも右手優位で使っていましたので仕方ないと思っていましたし、痛くなれば左手を意識的に使うことで負担を分散させることで対応していましたが、ここ最近は全然痛みが取れなくなりました。

これでは本業に支障が出ると思っていると、その本業でついにトドメをくらってしまいました。

おかげで本業や日常生活に支障が出てきましたので、痛みを改善させるために今回は手首を保護するためのサポーターであるD&M(ディーアンドエム) 手首用 スピードラップ #D-20を導入しました。

結果的に痛みわ和らぎ、一定の効果があったのでご紹介します。

スポンサーリンク

手首の痛みが限界を超えた理由は大きく2つ

娘の成長は目覚ましく、まだ小さいつもりで安易に抱っこしていました。私は利き腕の右で抱っこする癖がありますので、日に日に重くなる娘の体重を支え続けるうちにオーバーワークになっていたのだと思います。

左の腕で抱っこするのは違和感がありますが、これからは意識的に慣らしていく必要がありますね。

もう一つは本業であるリハビリ業務です。自分の身体を守るための身体の使い方を知っているし、なるべくそうしています。

ただ、どうしてもそれが無理な場合は力ずくでいかなければならないケースもあるのです。

ちょうど現在、担当している患者さんの中にそのような方がいらっしゃって、痛くなるのはわかっていつつ力で治療してしまい、このような結果となりました。

治療者側がサポーターやコルセットを装着していては示しがつかないと思いつつ、限界を超えておりますので、現在は仕事中は目立ちにくいベージュのテーピングで対応しています。

「D&Mのスピードラップ」でプライベートでの安静を確保する

さすがに仕事中は目立ちすぎるので、ベージュのテーピングで対応していますが、プライベード用にこちらを購入しました。

テーピングはリハビリの得意分野ですし、固定力もテーピングの方がしっかりしていますが、毎日テーピングだと皮膚がかぶれてきますし、テープも消耗品ですから費用的にも辛いです。

このスピードラップはなんといっても繰り返し使えるのがポイントです。通気性もよく、ベルクロでとめるので何度でも巻き直し可能なので、ちょうどいい力加減で巻くことができます。

安心の日本製です。足首や膝などの他の関節用にもラインナップは豊富ですが、私はもちろん手首用を購入しました。

40cmありますからどんな体格の人にも装着可能ですね。

通気性・伸縮性・クリーン性に優れていて、汚れたら手洗いも可能です。

子供と公園に行って砂遊びとかしたら汚れちゃいますから、洗えるのに何度でも巻き直せるというのは嬉しいですね。

巻き方も説明書きがありますので、これを参考にすれば間違いないでしょう。

ただ、これに限らず自分で自分の身体にテーピングや包帯を巻くというのは、想像通りの難しさです。

普通のテーピングだと一度剥がしたら粘着力が落ちますから、ほとんど一発勝負ということになるのですが、この商品なら何度でも巻き直せるので、一番効果が出るところへしっかり巻けますね。

開封してみました。ブラックにワンポイントでの黄色いロゴがかっこいいですね。

広げてみたところ。見えにくいですが、中間くらいと一番手前側がベルクロ(マジックテープ)でできており、しっかりとまります。

説明書にはファスナーって書いてましたね。

実際に巻いてみました。自分でも難なく巻けましたが、何度かやり直しました。どうせ巻くならしっかり巻きたいですからね。

こうやって何度でも巻き直せるというのがこの商品のいいところですね。

しっかりした固定性は傷害予防にも効果的

装着して数時間使ってみましたが、まず伸縮性の高さに驚きました。その気になれば太ももにだって普通に巻けそうなくらい伸びます。

それでいて、全然汗をかかないのも驚きです。これからの暑い季節でも、これなら汗によるムレを気にせずに使えそうですね。

ただ、リハビリなどで使うテーピングだと粘着性がいい方向に作用することもあります。この商品は粘着力で固定するのではなく、伸縮性を利用した圧迫力で固定しますから、どうしてもテーピングには劣る面もあります。

ただ、繰り返し使えて巻き直せるということで、高い経済性と汎用性が魅力的です。

そして、ハードなトレーニングなどで再び痛める可能性を軽減させるためにあえて 予防的に使う のにも非常にいいと思います。

本来なら重いウエイトを扱うための専用の装具のようなサポーターを使うのが正解なのでしょうけど、私の場合は自重でのトレーニングが主であり、ウエイトを使うにしてもそこまで高重量を扱うわけではありません。

それでも痛めてしまうのですから、これくらいの程よい固定力がこれほど手軽に得られるのであれば非常に嬉しいですね。

私の聞く限りでは、手首の痛みは別に珍しいことではないようです。そんな時にこのD&M(ディーアンドエム) 手首用 スピードラップ #D-20は非常におすすめできるアイテムです。

値段も安いので、もし使いすぎてダメになったら迷わず再び購入するでしょう。是非いろんな人に試してもらいたいですね。


Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA