我が子を「笑顔の絶えない子」に育てるために必ず実践すべきだった一つのこと

      2017/07/14

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「女は愛嬌、男は度胸」なんて言葉がありますが、男女問わず、我が子には笑顔の絶えない人になってほしいと親は願うものです。

ただ、こればかりは強制してもできるものではありません。自然と笑顔が溢れる環境で満たしてやる必要があります。

まずは、一番身近な環境 である我々、両親 が笑顔に満ちた生活をしていないと、それは子どもには伝わらないんじゃないかと思うんです。

子供が「笑顔の絶えない人間」になるには

子供って、親の背中を見て育ちます。子供に限らず、何かを習得するためにはまず模倣(真似をすること)から始まりますよね。

親が常に眉間にしわを寄せているような人なのに、子供は笑顔ハツラツになるということはほとんどないのではありませんか?

親子ってそういうところはビックリするほど似てしまいますから。

子供が産まれてから妻と話した時に、文句無しに一致した意見として「この子には笑顔の絶えない人に育ってほしい。そのために、われわれ親も笑顔の絶えない暮らしをしよう」というのがありました。

別に特別な条件はないし誰でもできること

我が家は別に裕福でも貧乏でもない普通の家庭だと思いますが、笑顔はある程度どんな家庭でも実践できることではないでしょうか。

幸いにも我が子はまだ1歳半くらいですが、笑顔の絶えない人生を順調に歩んでおります。

特別やテクニックや飛び抜けた経済力、創造力などの条件はありません。笑顔を与えれば、それ以上の笑顔で応えてくれる幼い時期から、ぜひ実践してみてください。

親の方もコンディションを万全にしていないと笑顔を返せないよ

それと、笑顔のシャワーを子どもに浴びせるということを実践するためには、親のコンディションが万全でなければ難しいと感じています。

寝不足だったり風邪をひいていたり、多忙を極めていたり精神的なストレスを抱えていたり、、、。

そのような不完全な健康状態だと、どうしても子どもがやることに対してイライラしてしまったり、笑顔で返せなかったりと不具合が生じてしまいます。

子どもの笑顔は親の喜びであるはずなのに、それを素直に喜んで笑顔で返せないなんて、親も子どもも、お互いに不幸なことですよね。

自己犠牲愛とでも言いましょうか、親はどうしても「自分のことはいいから、子どもにたくさん食べて欲しい」的な慈愛の精神で接することも多いですが、これも度がすぎると結局親の側が不機嫌になってしまい、笑顔を返せない結果をもたらしてしまいがちです。

別に食べ物に限らず、親はどうしても子ども最優先にするあまり、自分たちを犠牲にしてストレスを溜め込んでしまいがちです。

ある程度は親の方も満たされることで、子どもにも優しく接することができるのですから、我慢のしすぎは禁物ですよね。

子どもが笑顔になるためです。親もある程度は満たされないといけませんね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

生後すぐの赤ちゃんと接する時でも、おしゃべりをいっぱいしてあげた方がいいと思うよ

無事に病院も退院し、にぎやかな日々を送っております。予想通りに長女も赤ちゃん返り …

私が実践している赤ちゃんが泣き止む方法と、大前提となる基本的な考え方とは

子供を持つどんな親でも、やはり我が子には笑顔の絶えない子供でいてほしいという想い …

やり方がわからない家事や育児ってあります?自分の家の家事は全部自分でできるようにやり方を把握しておいた方がいいですよ

我が家では家事や育児は分担制ですので、ある程度は割合を決めて、夫婦がお互いに協力 …

我が子の子育ての方針や目標を具体的な言葉で言えますか?何となくのイメージだけで子育てしていませんか?

今日は娘の幼稚園の面接がありました。今までは保育所に預けていましたが、外で遊ぶこ …

実家に帰省した時に見つけた「春の訪れ」と「懐かしさという感覚」と「私の夢」

ここ最近は少しバタバタしていて、週末になるたびに予定がたくさん入っていたので、妻 …

覚えておけ!娘の3歳の誕生日と節分が同じ日になるとこうなるんだよ!、、、あれ?

私の娘は節分の日に産まれました。 誕生日はケーキの味、恵方巻きの味、豆まきの大豆 …

イクメンっていうのは子供の世話をすることだけじゃないんだよ

イクメンとは言葉の通り育児をする男性(メンズ)のことを指す言葉ですが、別に育児を …

雛人形(ひなにんぎょう)を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

子どもの好奇心を消さなければ、今は自転車に乗れなくてもいずれ勝手に乗れるようになるよ

3歳半にしてやっと娘が自転車に乗れるようになりました。購入してからけっこう経つの …

我が子に常に優しく接するために意識すべきたった2つのこと

子供にとっては元旦っていろんな人と会う機会が多くなるから、嬉しくなっていろんなこ …