私がスマートフォンにケースを装着しない3つの理由

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

DSCN1629.JPG

私は基本的にスマートフォンにケース(カバー)を使いません。前に使用していたiPhone5の時は使用していたのですが、途中でやめました。

ガラケーの時はケースなんてそれほど流行ってなかったというか、どちらかというと「オジさんやビジネスマンが腰のベルトにくっつけるためのもの」というイメージでしたが、今やケースは当たり前のものとなり、実に個性的なケースがたくさんみられますよね。

今回は、なぜ私がスマートフォンにケースを使わななくなったのかということについてお話ししたいと思います。ちなみに、ここではiPhoneについて書きますが、基本的にはスマートフォンなら同じ考えです。

本来のデザインが隠れてしまうから

私が初めてスマートフォンを購入した時、機能的なことはよくわかりませんでしたので、完全にデザインで選びました。

今ではiPhoneを使っていますが、これも機能的な面と同様にオシャレなデザインや薄さにも惹かれて購入しまいた。

なのに購入してからいきなりケースで隠してしまうって、なんか違うんじゃないかなーと思ったのです。

透明なケースを使っていた時期もありましたが、カバンやポケットに頻回に出し入れしていると、摩擦で傷がたくさん入ってしまい、それはそれでかっこ悪いことになります。

思い切ってケースを外してみたらしっくりとしました。それどころか「そうか、購入しようと思った時にはこの手触り(持った時の感覚)やデザインに惹かれたんだな」と魅力を再発見でき、新しいスマホを購入したかのような新鮮さを覚えました。

私は別にスマートフォンのケースに個性は求めていません。結局は大量生産されているものの一つなので、差別化するというよりも自分が気に入ったデザインであれば良いというスタンスです。

なので、気に入ったデザインのケースが見つかったのならそれを使えばいいし、ケースがない方がカッコイイと思うならそのまま使えばいいと思います。

ちなみに、「傷すらも個性として楽しむ」という風潮が「スマホ裸族」の間ではみられるのですが、スマホって最長で何年使いますか?今となっては「1年たてば過去のもの」というほどに新しい機種が新しい便利機能を搭載してリリースされているのです。

IMG_8342.JPG

数年おきに買い換えることが前提のスマホであれば、故障して使いものにならなくなるのはダメですが、傷を楽しむとか楽しまないとか、、、それは別にどちらでもいいです。

手入れをしながらもっと長い期間を使う、あるいは一生使うというのであればそういう変化も楽しめるのですけどね。

参考:良いものを長く使うドイツ式の生活を取り入れてみることで得られる豊かさとは | 歳月庵

電子マネー系のカードを使わないから

特に電車によく乗る人は、Suicaなどの便利な鉄道系の電子マネーを使っていると思います。残念ながらiPhoneは電子マネーを使えませんので、カードが入るタイプのケースを使って「おサイフケータイ化」している人も多いのではないでしょうか。

つまり、デザインが気に入ったとか差別化したいという理由ではなくて、ケースに機能性を期待して利用している場合です。

スマートフォンと一体化させることで持ち運ぶべき荷物が一つ減りますし、だいたいの人がスッと手軽に取り出せる場所にスマートフォンを収納しているはずですから、改札でモタモタすることもないですよね。確かに便利です。

私は愛媛県松山市に住んでいますが、確かに同じようなカードが存在します。しかし田舎はどちらかというと自動車での移動が多く、飲み会などで年に2〜3回くらい電車を使う程度です。

しかもそのカードは完全にローカル仕様で、他の地域に行くと全く使えませんのでそれほどメリットを感じません。

じゃあ鉄道系に限らず、最近ではEdyとかIDとか、QuickPayなどの電子マネーが徐々に浸透してきていますし、実際これらは私も利用しています。

コンビニ決済などのショッピングのときにカードが入るケースを使うと楽だという意見もあります。

確かに便利かもしれませんが、(こんなこと言うと元も子もないのでしょうが)私はお金を払うときは財布を取り出したいのです。

愛着のある財布を長年にわたり愛用していますので、出番が少なくなるのは寂しいです。電車の改札のように人がうごめいている所では、スムースに処理するために利便性が優先されると思いますが、その他の場所では別に困りません。

熱がこもりやすくパフォーマンスに影響するから

特に暑い夏場は影響しそうです。

iPhoneに限らないと思いますが、一般的には安全に使用できる「許容可能な動作温度」というのが存在します。iPhoneであれば

使用するときは0℃〜35℃の場所で使う

保管するときは-20℃〜45℃の場所に保管する

という感じです。ケースを装着すると熱を発散しにくいため高温環境になりやすい可能性があります。

b58fee65e83c5ee3af95008a13ee824e.png

私も過去に1度だけこういう感じの画面になったことがあります。確かiPhone5のときだったと思いますが、真夏の暑い日にケース装着にて充電しながらゲームしていたらこうなりました。

充電できなくなるし、画面は真っ暗になるし、突然動かなくなったのでちょっと焦りました。このときはまだ「熱暴走」なんて用語を知りませんでしたからね、余計焦りましたよ。

参考:iPhone、iPad、iPod touch を許容可能な動作温度に保つ|Apple support

落下による故障のリスクは軽減できそうだけど

とはいっても、やはりスマートフォンは精密機械です。PCとほぼ同じですので、衝撃には弱いです。高所からの転落による故障のリスクは減らせそうですのでいい所もあるのです。

しかし何度もあることではありません。もし頻回に落下させてしまい、度々故障するという人がいれば、そちらを改める必要があります。つまり落下防止策を講じるのです。

よく考えてください。PCを持ち運んでいてそんなに度々落下させますか?今やスマートフォンの価格はPCに匹敵するほどですよ。

そんな高価なもので、しかも気に入って購入したものをガンガン落下させるって、、、もうちょっと大切に扱うべきです。

大切に扱いながら、不覚にも落下させてしまったのなら仕方ありません。傷や故障は裸族の宿命です。

でも私は落下させて使えなくなるほど故障したことはありません。(iPhone5 と iPhone6Plus でそれぞれ1回ずつ落下させたくらいです)。

色々と書きましたが、私はケースなしで使用していて困ったことはありません。それどころかケースがないとスリムなまま使えますのでポケットにもすんなり収まりますし、快適ですよ。

日本人は特にスマホや車をピカピカにして使う傾向にあります。それは素晴らしいことだと思いますので否定はしませんが、こういう意見もあるのだと知っていただければ幸いですね:)

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - Appleガジェット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

MacBook Airがまたまた起動できずに「まな板」となった時に大事だと感じたこととは

やっちまった。 あれほど気をつけていたのに、ついにMacBook Airが再び「 …

私がiPhoneで撮影した画像を削除するときの3つの基準

前回の記事では私が愛用しているiPhone5で使用しているアプリのなかで不要なも …

超初心者でもスマホ写真が見違えるほど上達するコツまとめ

私は一眼レフもコンデジも持っているのですが、日常の写真はほぼ全てiPhoneで撮 …

Magic Keyboardを購入!iOSデバイスでの文字入力速度を高めて荷物を減らせば外出先での生産性が高まるぞ

基本的にはスマートフォン(わたしの場合はiPhone7Plus)で文字を入力する …

壊れた電源ボタンを使わずにMacBook Airの電源を入れる方法

以前にMacBook Airに飲み物をこぼしてしまい、電源ボタンだけが効かなくな …

友よ、私のEvernoteの使い方を猛烈に語りたいのだが聞いてくれるかい?

私がEvernoteと出会ったのは、以前使っていたAndroid端末の時だった。 …

iPhoneも年末の大掃除ということで、アプリの断捨離をしてみたよ

昨日、我が家では年末の大掃除をしました。やはり一年を締めくくる儀式なのでやらない …

iPad Airがほこりをかぶってるだと!?キーボード一体型カバーを装着したらブログ執筆も快適にこなせるぞ!

欲しくて欲しくて、以前購入したiPad Airですが、いざ手に入れてみると妻のク …

「nano SIM adapter」を入手してGALAXY S4をWi-Fiルーター化しようとしたらSIMカードが中に詰まって大失敗したよ

前回の記事で、妻から「GALAXY S4」を譲ってもらったのでWi-Fiルーター …

「THR Session」はCDの曲からギターの音だけが消せるアプリ!?ギタリスト必携のこのアプリの実力とは

職場の先輩でギターをやってる人がいます。 それもかなりやり込んでいて、学生の時に …