体調不良はあらゆることを台無しにする

私を含めて、多くの人が何かを成し遂げるために日々の努力を積み重ねています。

文字通り毎日の継続した努力を身につけるために、私もいろんなことを習慣化しようと、時間の使い方やタスクの処理の仕方など試行錯誤しています。

でも、それって健康な状態を前提に組まれたプランだったりしますよね。だったらもし体調不良になったりしたらどうなるでしょう。

スポンサーリンク

健康な状態があってこそ描ける将来像

先日、体調不良で数日の間寝込んでいました。

それまでに習慣化しようと試行錯誤して計画を立てていましたが、あっさりとその習慣は途絶えてしまいました。

体調が悪い時はヨガは無理にやると逆効果になりますから、あえてお休みしました。

その気になれば瞑想や腹式呼吸くらいはできたと思いますが、それだとただ習慣を継続させたいだけの目的になり、本来のヨガの効能を無視したものになりますからね。

本当にキツイ時はブログなんて書けません。書けたとしてもネガティブ思考になってしまい、本当に言いたいことからかけ離れてしまう可能性があります。

ヨガと同じ理由で筋トレもダメですね。病気に打ち勝つための体力を筋トレで消費してしまっては、治るのが遅れてしまいます。

職場にも迷惑をかけているわけですから、まずは回復に専念すべきですょう。

妻も娘も含めての一家全滅でしたから、妻の実家にお世話になっていました。

子供の世話とか家事全般は無理をすればできたのかもしれませんが、今回は優しいお言葉に甘えさせてもらいました。

そうすると一日一捨は途絶えてしまいます。もし自宅にいても、もしかしたら捨てるものを探すところまで意識が回らないかもしれませんしね。

比較的継続できたのが読書の習慣でした。これは別に1日1冊といった高いハードルを設定せず、少しでも読み進めることができればオッケーという程度だったから続けられたのだと思います。

ただ、内容が頭に入っているかと言われたら正直そんなことはありません。

改めて読み直さないと、ほとんど内容は残っていない気がします。

体調不良も考慮したプランの立案がいいのかな

こうなると選択肢は二つ。

体調不良にならないことに対しての優先順位を一番高いところに置くか、体調不良も織り込み済みでプランをかなり緩めに設定するかです。

もちろん、ギリギリまで詰め込んだプランならたくさんのことを一度に成し遂げられそうですが、体調不良もなにも関係なく、習慣化するのが一苦労ですね。

一方でどんなに健康に気をつけていても小さい子供と生活を共にしていれば風邪もひくし、健康はお金では買えませんので、必ず風邪をひかないというのは難しいかもしれません。

そして日々の努力を習慣化させることも、毎日継続できているということが自信になりますから、できれば緩めに設定して、継続できているという事実を絶やさないようにしたいものです。

無理のない範囲で、しかし形だけにならないようにしっかり成果を出せるようなプランニングが必要です。

結局、体調管理をしっかりしつつ、不測の事態に備えて余裕を持ったプランを立てるのが一番ですけどね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA