「白猪の滝まつり」で究極のおもてなし!おにぎり0円ってどういうこと?

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

白猪の滝の看板

私の地元には有名な白猪の滝という観光名所があります。四季を通して風情のある景色が楽しめる場所ですが、毎年「文化の日」になるとお祭りが開かれます(写真では「漱石の日」となっていますが、基本的に休日開催です)。

私も数年に一度くらいのペースで参加していたのですが、今回は参加してみて驚きました。今までとは違ってかなり規模が大きく、内容も充実していて妻が絶賛していたのです。どちらかというと妻が絶賛していたことに一番驚きましたが。

ちなみに、冬の凍った滝がいちばん有名です。過去にこんな記事を書いています。

参考:「白猪の滝」は愛媛県東温市の名勝!凍った姿はまるで天然のシャンデリア! | 歳月庵

イベントも充実した「田舎のお祭り」に心癒される

餅つきの写真

田舎の祭りといえば餅つきです。おじさんたちが交代で餅をつきます。このあとで「つきたてのお餅」をいただきましたが、膝が震えるほど美味しかったですw

祭りの人だかり

滝に到達するにはこの駐車場に車を停めてから約2kmほど山道を登るのですが、今日はこの駐車場がお祭りの会場です。頂上(滝つぼ付近)でもらえるチケットを持ち帰ると、景品と交換してくれるという特典もついてきますが、今回は子供がまだ小さかったので遠慮しておきました。例年は滝までちゃんと行っています。

地元の和太鼓演奏の様子

地元の和太鼓演奏のグループや、坊ちゃん劇場という地元の有名な劇場からも催し物を披露してもらいました。タダで見られるなんてラッキーですよ!!

お祭りでは定番の出店

こういった一般的な出店もありますし、、、

土石流体感装置の写真

、、、ん?

土砂災害を疑似体験できる装置まで持ち込んでいます。以前に体験したことがありますが、土砂災害というのは予兆として何とも言えない独特の臭い匂いがします。そこまで再現しているので、そこそこのリアリティーがありますが、クサイです。

降雨体験装置の説明パネル

さらに「降雨体験装置 大粒くん 小粒ちゃん」です。文字通り大雨の恐ろしさを体験する装置です。

降雨体験装置

カッパや傘で濡れないようにして、大雨を浴びちゃいます。かなり怖いですが、経験しておく価値はありますね。子供に人気でしたが、大人も体験していました。

俳句大会会場の様子

愛媛県松山市といえば俳句です。この滝はと言いますと、文豪「夏目漱石」や「正岡子規」が訪れて句を残していることでも知られています。それにちなんで俳句大会も行われていました。

景品が「モリモリの野菜」っていうのも田舎らしいですね。

地元のゆるキャラ「いのとん」の専用車

、、、ん?これは?

「いのとん」と妻と娘

地元で売り出し中のゆるキャラ「いのとん」ですね。なかなか愛らしいキャラで、娘が喜んでいました。ゆるキャラグランプリにも出ていますが、今回は「みきゃん」推しなんですよねー。ちなみに今の時点で「いのとん」は131位でした(2015/11/06の記事執筆時点)。次回はぜひ応援したいです!

ごった返す祭り会場

これぞ究極のおもてなし!おむすび0円という名のお接待に脱帽

そして今回、一番の目玉はこの「おむすび無料配布」です。定刻の1時間近く前にもかかわらず、優に100名は超えるであろう長蛇の列です。

祭り会場の人混みの様子

人がメチャクチャ多い(汗)。

もはや身動きできないほどです。もともとこんなに人が来ることを想定した会場の作りではありません。こんなに人気のお祭りに成長するなんて想像してなかったと言わんばかりの人の群れです。

路上駐車の大群

まぁ、駐車場を会場にしてるんだから、当然ですが路上駐車の嵐です。ただ、ここはもともとほとんど車が通らないような道なので、路上駐車を取り締まるような場所ではありません。安全や周囲の交通に気をつけて、フル出動している警備員の監修のもと駐車しています。我々は歩いて行きました。

不安な方は、会場から4kmほど手前に小学校があって、そこのグラウンドが臨時の駐車場になっています。そこから送迎バスがピストン運行していまして、便数は多いので不便さはさほど感じません。

地元で採れた安全・安心な美味しい野菜が価格破壊寸前レベルで売られているぞ!

祭りの会場に設置された産直市

田舎といえば野菜ですが、異常なほどの安さです。うどんやカレーなどのご飯も、先ほどのお餅もそうですが、地元で採れた新鮮な野菜や米が、びっくりするような値段で売られていました。まさに地元クオリティですね。

野菜と聞くと「田舎くさい」と感じる人もいるかもしれませんが、要は即席の「産直市」です。この野菜価格が高騰している現在、これほど確実で安全で嬉しい催しは他にありません。買わない人は確実に損をしているレベルです。

ご飯の材料を品定めする妻

妻もいろいろと買い込んでいました。あとで聞くと、本っ当うぅぅぅに安い!とのこと。妻がウキウキで、娘がウキウキだと、私までウキウキになりますね(*´ω`*)

すだち50円

戦利品の一部がこちら。すだちがこれだけ入ってわずか50円!

里芋100円

里芋(かな?)がこれだけ入ってたったの100円!

ネギ110円

普通はスーパーでネギを買ってもこの値段ではなかなかありませんよ!だいたいネギ1本でものによっては100円くらいはしますから破格です。

つきたてのお餅

餅も、、、

つきたてのお餅を開封

つきたてのお餅ですから、当然ですが美味しいです。

あんこがぎっしりで美味しそうなつきたてのお餅

アンコもぎっしり入ってて、でも甘すぎない上品な味は失神寸前レベルです。なぜもっとたくさん買わなかったのかと後悔するほどです。

なぜこんなに人気の祭りになったのか

昔は知る人ぞ知るといったマイナーな祭りでした。よく父や祖父に「地域の行事なんだし、人数合わせで参加してやってくれ」的な扱いで言われてました。それがここ数年で急成長してきた印象があります。

おにぎりを無料で配ったり、地元の有名な劇団に余興をお願いしたりと、知恵を絞って話題を集め、交通の不便さを地元のバス会社とのタッグで解消して人を集めていることも要因の一つではないかと思いますが、一番の理由は「工夫を凝らしながら」「継続した」というのが大きいかなーと思います。

おそらく、ただ続けていただけではここまでの大盛況にはならなかったでしょうし、奇抜なアイデアを出していっても継続可能なものでなければここまでの成長はなかったんだと思います。

そして「知ってもらう努力をすること」。いったん知られてリピーターを増やせれば、口コミから雪だるま式に噂を呼び、集客は軌道に乗ります。もちろんお客さんを満足させられるだけの目玉イベントも必要ですが、地元ならではの「人の温かさ」と「おもてなしの心(お接待の文化)」が溢れる素敵なお祭りですから、今後ももっと大きなお祭りに成長していくんじゃないですかねー。

もしそうなったら会場整備が大変でしょうけど、うまく解決してほしいと思います。また来年も行きたいと思わせてくれる時間をしっかりと提供できていますから、地元が誇れる祭りとして今後も飛躍していってもらいたいです。

もちろん、来年も行きます!!

 - お出かけログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

松山市の「三津浜花火大会 2016」は一万発の花火に彩られて見事だったよ

数年前から毎年観に行っている 三津浜花火大会 ですが、今年も例に漏れず参加してき …

両親の還暦祝いに城崎温泉方面へ旅行してきた全記録のまとめ

先日は私の実の両親の還暦祝いをにぎやかに行いましたが、今回は妻の両親の還暦祝いに …

とべ動物園は愛媛が誇る全国レベルの動物園で子供のお散歩コースに最適だぞ

私の地元には全国に誇る動物園があります。それが今回遊びに来た愛媛県立とべ動物園で …

ホテル金波楼は日本海を一望できる最高のロケーション。水族館も隣接していて子供も楽しめるよ

義父の還暦祝いの旅で訪れたのがこの ホテル金波楼 です。 インターネットやガイド …

「八幡浜みなっと」は地元の「おいしい」がギュッと詰まったコンパクトかつ広大な道の駅だったよ

八幡浜港に人を迎えに行くついでに、いつも行きたいと思っていた 八幡浜みなっと に …

ダイヤモンドヘッド登山の後はカフェ・カイラで激ウマパンケーキを食す「ハネムーンでハワイ散策」(2013年4月22日)

今日は朝から「ダイヤモンドヘッド」へ登るというプランでしたが、朝からまさかの雨。 …

ニューレオマワールドは色んなアトラクションがあって良かったけどオフシーズンの平日はやめておけ

昨日はレオマの森で温泉とお料理を堪能しましたので、元気いっぱいでニューレオマワー …

伊予鉄高島屋の夏季限定「おもしろ不思議水族館2016」が子供にウケて大満足だったよ

この催しは毎年恒例のようで、去年は私は参加できませんでした。妻の話によると、娘が …

とべ動物園の隠れたこだわりは置かれてある岩にまで宿っているよ

娘が誕生してからもいうもの、とべ動物園には足しげく通っています。年間パスポートを …

実家に帰省した時に見つけた「春の訪れ」と「懐かしさという感覚」と「私の夢」

ここ最近は少しバタバタしていて、週末になるたびに予定がたくさん入っていたので、妻 …