入浴中にシャンプーとリンスを間違えない確実な方法

      2015/09/24

Pocket

おそらくどこの家庭にもあるであろうシャンプーとリンス(家庭によってはトリートメントだったりコンディショナーだったりする)ですが、私はたまに欲しいやつじゃない方をプッシュしてしまいます。シャンプーが欲しくて頭にかけたら、なかなか泡が立たなくて気づくってことが、おそらく誰しも経験することだと思います。

今回はこれを間違えないようにする方法です。

そもそもなぜ間違えるのか

それは私がボトルの並び順で判断していたからなんですね。左からシャンプー、リンスの順に並べてありました。ですが、上の画像からもわかるようにラックが強度的に弱そうなものでは直接ボトルをプッシュしてしまうと、ラックが壊れてしまう可能性があるので、いったんボトルを取り出して、丈夫な場所で使用してから元に戻すどいうことをしています。

私の場合はシャンプーをラックから取り出してプッシュしたあとはすぐに元に戻すのですが、どうやら妻は両方を取り出して、洗髪が終わったら同時に戻すという方法をとっているようなんです。その際に場所が入れ替わるのではないかと考えました。

これについては妻にも話しました。間違えてプッシュしてしまうともったいないのでね。でもなかなかなおりませんね:(

根本的な解決方法はボトルの頭にある凸凹

配置で判断する癖を改めないといけませんが、じゃあ実際には何を基準に判断すべきなのでしょうか。ボトルに表示されている文字は小さいものもあり、目を開けて読むことで判断しようとすると目に水が入ってしまいそうですし、、、。

すると妻から一言。

「シャンプーは頭のところが凸凹になっているから、それを基準にしたら?」

わかりますか?ポンプの頭のところにイボイボが付いています。これは今まで気がつかなかった。ちなみにリンスの方はと言いますと、、、

確かにないですね。ほぼ全てのボトルのポンプばこうなっているのだとか。知らなかった!

ちなみによく見てみると、ボトルの横にも凹凸がありした。シャンプーの方にはありますが、リンスの方にはありませんね。手で触ってみるとすぐに分かりますから、かなりいいアイデアです(*´ω`*)

手触りで確認することのメリットは?

普通に考えたらボトルの色も違うし、きちんと文字を読めれば確実ですが、頭を濡らした後だとなかなか面倒です。おそらくメーカーもそんなシチュエーションのためにボトルのポンプの頭に凹凸を作ってあるんだと思います。

一度、ご家庭のシャンプーやリンスのボトルのポンプの頭を調べてみてください。これであなたもあの間違えた時の絶望感から解放されるでしょう、、、って言ったら、ちょっと大げさですかねぇ:)

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「木を見て森を見ず」の反対語は「森を見て木を見ず」ではない

仕事をしている後輩をみて気がついたことですが、局所に注目して観察している状態で視 …

刮目せよ!尻に敷かれ続けた夫が束の間の自由を手に入れたらどうなるのかをなァ!!

「ソウカ、ツマトムスメガ・・・リョコウニナァ」 今週に入ってブログのテーマ変更に …

開き直って行動に移してみると本当に見える景色が変わるとわかっているのになんでやらないの?

まさにタイトル通りなのですが、新しいことをやろうとしたときにはどうしても臆病にな …

「あえてダラダラすること」がもたらす利点とは?

ダラダラダラダラ・・・はっ Σ(゚□゚*)! こ、こんにちは、Atsushi(@ …

ブログ管理人についてのご紹介(四国88カ所巡礼の旅)

こんにちは、Atsushi(@atsushi_k0)です(*´ω`*) 今日は、 …

人の人生に優劣や上下はないのだと感じた話

先日、高校の同窓会がありました。約15年ぶりの再会であり、旧友と久しぶりの再会を …

「人間誰でもミスをする」という言葉を言い訳に使ってはならない

今日は職場で私の不注意からくるミスがありました。ちょっと間違えば相手にとんでもな …

2013年1月のベストショット。雪に始まった今年最初の1ヶ月間。

2013年も1月があっという間に過ぎてしまいました。ぼんやりしているとあっという …

近すぎてなかなか会う機会がない友人と実際に「会う」ことによるメリット

先日、同じ市内に住んでいる友人と会ってお酒を酌み交わしてきました。私の結婚式以来 …

コンフォートゾーンから脱出せよ!常に冒険者であることは自分の殻を破るためには絶対必要!

コンフォートゾーン(ここではわかりやすく安全地帯とでも置き換えましょうか)からの …