入浴中にシャンプーとリンスを間違えない確実な方法

      2017/07/14

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

おそらくどこの家庭にもあるであろうシャンプーとリンス(家庭によってはトリートメントだったりコンディショナーだったりする)ですが、私はたまに欲しいやつじゃない方をプッシュしてしまいます。

シャンプーが欲しくて頭にかけたら、なかなか泡が立たなくて気づくってことが、おそらく誰しも経験することだと思います。

今回はこれを間違えないようにする方法についてお話しします。

そもそもなぜシャンプーとリンスを間違えるのか

それは私がボトルの並び順で判断していたからなんですね。左からシャンプー、リンスの順に並べてありました。

ですが、上の画像からもわかるようにラックが強度的に弱そうなものでは直接ボトルをプッシュしてしまうと、ラックが壊れてしまう可能性があるので、いったんボトルを取り出して、丈夫な場所で使用してから元に戻すどいうことをしています。

私の場合はシャンプーをラックから取り出してプッシュしたあとはすぐに元に戻すのですが、どうやら妻は両方を同時に取り出して、洗髪が終わったら同時に戻すという方法をとっているようなんです。

その際に場所が入れ替わるのではないかと考えました。

これについては、間違えてプッシュしてしまうともったいないので妻にも話しました。でもなかなかなおりませんね。

根本的な解決方法はボトルの頭にある凸凹

配置で判断する癖を改めないといけませんが、じゃあ実際には何を基準に判断すべきなのでしょうか。

ボトルに表示されている文字は小さいものもあり、目を開けて読むことで判断しようとすると目に水や泡が入ってしまいそうですし、、、。

すると妻から一言。

「シャンプーは頭のところが凸凹になっているから、それを基準にしたら?」

わかりますか?ポンプの頭のところにイボイボが付いています。これは今まで気がつかなかった。ちなみにリンスの方はと言いますと、、、

確かにないですね。ほぼ全てのボトルのポンプばこうなっているのだとか。知らなかった!

ちなみによく見てみると、ボトルの横にも凹凸がありした。シャンプーの方にはありますが、リンスの方にはありませんね。

手で触ってみるとすぐに分かりますから、目を閉じている状態でも判別できます。

これはかなりいいアイデアです。

手触りで確認することのメリットは?

普通に考えたらボトルの色も違うし、きちんと文字を読めれば確実ですが、頭を濡らした後だとなかなか面倒です。

おそらくメーカーもそんなシチュエーションのためにボトルのポンプの頭に凹凸を作ってあるんだと思います。

一度、ご家庭のシャンプーやリンスのボトルのポンプの頭を調べてみてください。これであなたもあの間違えた時の絶望感から解放されるでしょう、、、って言ったら、ちょっと大げさですかねぇ。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あり得ないことがあり得る時代だからこそ予想は常に「最悪」をイメージしておく

あり得ないことが次々に起こる今の時代。 杞憂に終わらないためにも、ある程度は常識 …

還暦祝いのプレゼントって何を渡せばいいの?我が家は兄弟4人ともバラバラで個性的でしたよ。

私の両親は今年還暦を迎えました。 本当に欲のない2人なので、どんな形でお祝いをす …

逆説的な思考はあらゆる場面で持っておくべき武器である

書籍やインターネットで得られる情報は数多くありますが、あなたはそれらを鵜呑みにし …

前を見て上を向いているだけでなく、たまには後ろを振り返ってみよう

あなたの描いている線は本当に真っ直ぐですか? たまには描いた線を振り返り、真っ直 …

周囲の評価に一喜一憂せずに「ブレない軸」を持つということ

あなたは誰のために仕事をしていますか? 家族のためですか? それとも自分のため、 …

変化を恐れる人はなにも成長しないということを同窓会に参加して思い知った

今年は大規模な同窓会が多数企画されておち、先週末は中学時代の同窓会が盛大に開かれ …

サーモスの真空断熱タンブラー持ってないの!?飲み物をおいしく飲みたいなら絶対に買うべきだよ!

注いだ飲み物の温度がずっと変わらないと話題のサーモスのタンブラー。 冬でもやはり …

いいアイデアは頭を無理にひねると逆に出てこないよ

どんな業種であっても、アイデアマンは重宝する逸材です。 勤勉にコツコツと与えられ …

35歳の誕生日を迎えて感じる自らの立ち位置の変化と迫り来るライフイベントのプレッシャーとは

私、Atsushi(@Atsushi_k0)は今年も無事に誕生日を迎えました。3 …

ブログで振り返る2016年のAtsushiの主な出来事まとめ。年始の抱負通りの変化に満ちた1年となりました

2016年もあとわずかです。 今年の初めに激動の1年を予感していましたが、終わっ …