入浴中にシャンプーとリンスを間違えない確実な方法

      2017/07/14

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

おそらくどこの家庭にもあるであろうシャンプーとリンス(家庭によってはトリートメントだったりコンディショナーだったりする)ですが、私はたまに欲しいやつじゃない方をプッシュしてしまいます。

シャンプーが欲しくて頭にかけたら、なかなか泡が立たなくて気づくってことが、おそらく誰しも経験することだと思います。

今回はこれを間違えないようにする方法についてお話しします。

そもそもなぜシャンプーとリンスを間違えるのか

それは私がボトルの並び順で判断していたからなんですね。左からシャンプー、リンスの順に並べてありました。

ですが、上の画像からもわかるようにラックが強度的に弱そうなものでは直接ボトルをプッシュしてしまうと、ラックが壊れてしまう可能性があるので、いったんボトルを取り出して、丈夫な場所で使用してから元に戻すどいうことをしています。

私の場合はシャンプーをラックから取り出してプッシュしたあとはすぐに元に戻すのですが、どうやら妻は両方を同時に取り出して、洗髪が終わったら同時に戻すという方法をとっているようなんです。

その際に場所が入れ替わるのではないかと考えました。

これについては、間違えてプッシュしてしまうともったいないので妻にも話しました。でもなかなかなおりませんね。

根本的な解決方法はボトルの頭にある凸凹

配置で判断する癖を改めないといけませんが、じゃあ実際には何を基準に判断すべきなのでしょうか。

ボトルに表示されている文字は小さいものもあり、目を開けて読むことで判断しようとすると目に水や泡が入ってしまいそうですし、、、。

すると妻から一言。

「シャンプーは頭のところが凸凹になっているから、それを基準にしたら?」

わかりますか?ポンプの頭のところにイボイボが付いています。これは今まで気がつかなかった。ちなみにリンスの方はと言いますと、、、

確かにないですね。ほぼ全てのボトルのポンプばこうなっているのだとか。知らなかった!

ちなみによく見てみると、ボトルの横にも凹凸がありした。シャンプーの方にはありますが、リンスの方にはありませんね。

手で触ってみるとすぐに分かりますから、目を閉じている状態でも判別できます。

これはかなりいいアイデアです。

手触りで確認することのメリットは?

普通に考えたらボトルの色も違うし、きちんと文字を読めれば確実ですが、頭を濡らした後だとなかなか面倒です。

おそらくメーカーもそんなシチュエーションのためにボトルのポンプの頭に凹凸を作ってあるんだと思います。

一度、ご家庭のシャンプーやリンスのボトルのポンプの頭を調べてみてください。これであなたもあの間違えた時の絶望感から解放されるでしょう、、、って言ったら、ちょっと大げさですかねぇ。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

勉強というのは勉強することそのものが目的ではなく、その結果がどうなるのかが大切

私が、前からすごく違和感をを感じていたことに、「勉強する」ということの定義があい …

前を見て上を向いているだけでなく、たまには後ろを振り返ってみよう

あなたの描いている線は本当に真っ直ぐですか? たまには描いた線を振り返り、真っ直 …

ネット通販で靴を買うときにサイズがちゃんと合うか不安なあなたへ

私はブーツがかなり好きです。あまり数多くは持っていませんが、やっとブーツの季節が …

刮目せよ!尻に敷かれ続けた夫が束の間の自由を手に入れたらどうなるのかをなァ!!

「ソウカ、ツマトムスメガ・・・リョコウニナァ」 今週に入ってブログのテーマ変更に …

「人間誰でもミスをする」は自分に甘えるための言い訳じゃないぞ

今日は職場で私の不注意からくるミスがありました。ちょっと間違えば相手にとんでもな …

逆説的な思考はあらゆる場面で持っておくべき武器である

書籍やインターネットで得られる情報は数多くありますが、あなたはそれらを鵜呑みにし …

あなたは「ぶれない自分の軸を持つこと」の意味を勘違いしている

自分の軸を見失わないことと、他者との歩調を合わせるというのは、一見すると矛盾して …

人間関係をおろそかにし続けて来た私が、死ぬほど人間関係を大切にする女性と結婚するという話

今日は人と人との繋がりを強く意識させられた1日となりました。 当ブログでも何度か …

変化を恐れる人はなにも成長しないということを同窓会に参加して思い知った

今年は大規模な同窓会が多数企画されておち、先週末は中学時代の同窓会が盛大に開かれ …

連続するライフイベントに伴う高額な金銭の扱いが続いて怖くなってきた

人生のなかで高額な買い物といえばやはり家、ついで自動車というのが世間の相場ではな …