ロードバイクで自転車通勤を始めて2ヶ月が経過して感じる危険性とは

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

自転車通勤用にロードバイクを購入してから、すでに2ヶ月が経過しました。

通勤やプチツーリングも板についてきて、ある程度は先輩たちにもついていけるようになりました。

以前に自転車通勤をロードバイクで行うことのメリット・デメリットをご紹介したのですが、その中でも特に最近になって感じるのが 事故を起こしそうになることが意外と多い ということです。

ロードバイクでの自転車通勤は特に事故を起こしやすい

本日、仕事を終えて帰宅しようと自転車を走らせ、出発してからわずか10分足らずの間に、2回ほど事故を起こしそうになりました。

1回目は出発してからわずか5分くらいでしたが、自動車がこちらを見ずに前進してきて、あやうく接触しそうになりました。

徐行程度のスピードだったので、接触してもそれほど大きな怪我にはならなかったと思いますが、相手は自動車ですから何が起こるかわかりません。

それも、こちらをいっさい見ていない(私の自転車は、横断歩道の上で、相手の自動車のほぼ真ん前を横切っているのに)という状況が信じられませんでしたが、これが現実です。

もう1つは、それからから5分ほど進んでいくとある高校生の自転車に追いつきました。

その自転車を追い抜こうと横に並びかけた瞬間に、いきなり自転車から飛びおりて急激にこちらに方向転換しました。

2m程度の幅の歩道でしたから、こちらも逃げ場がほとんどなくて、急ブレーキで難を逃れましたが、こちらがある程度その自転車に注意を向けていたからわずかな異変に気がついた、ということが一番の救いでした。

しかしその高校生も、まったく後ろを振り返るという素ぶりはみられず、いきなりヒュッとアクションを起こしましたから、正直ぶつかってしまったかと思いましたよ。

私は5月の初旬にバイクで走行中に自動車と交通事故を起こしました。

なので交通事故やアクシデントには非常に敏感になっており、ロードバイクであるにもかかわらずシティサイクル(ママチャリ)に抜かれるくらいのスローペースで走っています。

周囲の交通にも非常に気を配っており、少しでも危ないと思える時は面倒でも安全性を優先するようにしています。

そんな配慮をしていても、相手がこちらを全く見ていない という場合はもうどうしようもありません。

こちらがどれだけ配慮をしているかというのをどんなにアピールしていても、それだけでは事故に遭うことを避けられないのです。

「相手を信用しないこと」と「予想は常に最悪の事態を想定すること」

先ほど話題に出た、バイクと自動車の交通事故を起こしたケース。

これも、相手が停車してくれるだろうというお互いへの不確かな思い込みから起こった事故と言えます。

今回の事故を起こしかけたケースでも、「本来の道路交通法ではこうだから」とか、「注意していない相手が悪い」とか言ったところで、痛い目に遭うのはこちらです。場合によっては相手もですが。

こちらがいくら道路交通法を完璧に守っていたとしても、それだけでは不十分です。

道路交通法というのは、自分の身を守るための完璧なルール ではないからです。

いくらこちらが非の打ち所がないほどに法令を遵守していたとしても、相手が居眠りしていたりよそ見していることで追突されて事故を起こしてしまったとしたら、大怪我を負うのは自分です。

法律的に相手の方が悪いとか、そんなのは怪我がなくて命が無事だから言えるのです。死んじゃったら口すらきけなくなるんですよ。

いくら保険のお金が入ってきても、家族は悲しみに打ち震えるわけです。そうならないためにも、日頃から気をつけておく必要があります。

ひとつは 相手を信用しないこと です。

「ここで止まってくれるはずだ」とか「こちらを認識してくれているはずだ」というような、こちらの思い込みをただす必要があります。

そしてもうひとつは、予想は常に最悪の事態を想定する ということ。

これもほぼ同じことを意味しているのですが、たとえば横断歩道を自転車で横断している時に、ここで横断歩道を進んでいて、交差点に侵入しようとしているこの自動車は、本当にこちらを認識しているのかということを予想し、もしこちらを認識していなかったら、このスピードで接触するわけだから大怪我になるだろうとか このスピードでこの角度でお互いが進んでくれば、確実に接触するから、少し止まってみようとかいう判断材料になると思います。

道路を走っている以上、完全に安全な場所なんてない ということを常に念頭に置いておく必要性があると思います。事故を起こしてからでは遅いですからね。

ロードバイクは特に交通事故に注意

自転車通勤をロードバイクで行い始めてはや2ヶ月が経過しました。なんとこれまでの短い期間に両手では数え切れないほどのヒヤリハット(ヒヤリとしたことやハッとしたこと。アクシデントの一歩手前の段階)を経験しました。

ロードバイクの場合は、特にスピードが出るので、事故を起こした時のダメージがかなり大きくなるということが予想されます。

また、ロードバイクって路面のデコボコの衝撃を和らげる機構がほとんどありませんから、非常に乗り心地が悪いです。

なので、歩道を嫌い、自動車やバイクと同じ車道を走ることが多くなります。これも危険を高めるため、運転には非常に神経を使います。

自転車で走っている以上、ロードバイク以外にも同じように交通事故を起こす可能性はあるのですが、もし事故を起こした時のダメージが計り知れないということと、事故に遭いやすいシチュエーションも多いということを念頭に置いておく必要性はあるだろうと思います。

私個人の感想としては、あれほどヒヤリとしたことがたくさんあったのに、今まで事故もなく自転車通勤ができているということに驚いています。

この先も大きな事故を起こすことなく快適に通勤できるように、気をつけたいものです。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ロードバイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ロードバイクで真夜中に走ることのメリットとデメリットとは

先日、毎月恒例で行なっているロードバイクでのプチツーリングを真夜中(午前0時出発 …

自転車通勤(ロードバイク)を実際に始めてみて感じたメリットとデメリットを挙げていくから、衝動にまかせて自転車通勤をするのはちょっと待った!

今年の4月から、購入したロードバイクで自転車通勤を始めました。 せっかくのロード …

ロードバイクでプチツーリングからの通勤が気持ちいいぞ!

4月から長女が幼稚園に通い始めたことを受けて、私の通勤方法が自動車から 自転車も …

RITEWAYのSHEPHERD IRON Dを購入!ロードバイクの世界を満喫するぞ!

4月から子どもが幼稚園へ行くことになり、通学がスクールバスになります。ということ …

私がロードバイクで自転車通勤する時の時間と距離の目安はこんな感じ

私はこの4月からロードバイクで自転車通勤をしています。 それまではオートバイや自 …

ロードバイクでの出勤前のプチツーリングを何度も繰り返した結果

自転車通勤用にロードバイクを購入してから、出勤前に早起きして2時間〜2時間半ほど …

ロードバイクで初めてのミッドナイトラン!「じゃあ午前0時出発で!」

自転車通勤用にロードバイクを購入してからというもの、最低でも月に1回のペースでプ …