ほとんどの人が勘違いしている「背筋を伸ばしたいい姿勢」の本当の意味とは

      2015/10/15

Pocket

猫背を治そうと意識しすぎてハト胸っぽくなった経験のあるAtsushi(@atsushi_k0)です(;一_一)

小学生、もしくはそれよりも前の段階で姿勢をよくしなさいと言われた経験があると思いますが、よい姿勢の代表格が胸を張るということ。

小学校や中学校では、体育の授業なんかでこの用語を使うことが多いですが・・・でもそれって、意識しすぎると背筋がはたらきすぎて、腹筋のちからがスカスカに抜けてしまうのでかえって腰によくないですよ(^_^;)

言葉遊びのようにも聞こえるかもしれませんが、前屈の反対は後屈です。伸展というのは、前屈や後屈の姿勢のように湾曲した姿勢をピンと伸ばすことを言います。ちょうどたるんでいるロープを引っ張るイメージでしょうか。

つまり本当にいい姿勢とは、背筋を意識した『後屈』ではなく、頭のてっぺんが上から糸か何かで吊られるように伸びあがる『伸展』で、そうすることで腹筋と背筋がバランスよく活動して体幹の安定性を高めてくれます。

 

(立っていても座っていても同じですが)座った姿勢に注目してみると、昔のライフスタイルには『背もたれ』という概念が(あまり)ないのです。

時代劇の茶店や居間などでも背もたれに頼ってダラダラと座っている場面は、ほとんどありませんよね(殿様の肘掛はあっても、背もたれのある椅子などほとんど出てきませんので)。

日本人の生活が洋式のライフスタイルに変化する中では逆に、背もたれがない生活場面はほとんどないと言っていいほどになりましたが、これだと必要な筋肉(腸腰筋など)が衰え、姿勢が崩れるだけでなく、せっかく頑張ってトレーニングやリハビリをしても、それ以外の時間で筋肉が怠けてしまうため思うように効果がでません。

本当に良い姿勢って、慣れるまでは難しいですよね(^_^;)

 - 医療と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

東洋医学と西洋医学の違いから紐解く「自分の健康を他人任せにしない」生き方とは

私がいま学んでいる アーユルヴェーダ は大きく分けて 東洋医学 に分類されます( …

「魔女の一撃」という名の腰痛がついに私にも襲いかかってきた!

要するにぎっくり腰です。 私は職業柄、いつも腰痛発症の危険と隣り合わせでして、周 …

高速道路を運転中に眠くなった時の私流の対処法3つ

今日は講習会に参加すべく、朝早起きして車で約6時間ほどかけて京都にやって来ました …

歯科衛生士さんが教える「あなたが選ぶべき歯磨き粉のタイプ」とは

最近通っている歯医者の通院が、やっと終わりました。恥ずかしながら、私は15年ほど …

突発性発疹で泣きじゃくる娘に効果的な、ただ1つ対応策とは

娘は今、ちょうど1歳4ヶ月になりスクスクと育っています。しかし可愛いですね。なん …

意外と知らない「寝る前にコップ一杯の水を飲む」の正しい飲み方とは

寝る前にコップ一杯の水を飲むことの恩恵は、最近流行りの健康番組や雑誌などでよく紹 …

カラーコンタクトが我々の目にもたらす悪影響とは

こんばんは、Atsushi(@atsushi_k0)です。 今では一般的に使用さ …

デジタル認知症を予防するために実践しているちょっとした3つのコツ

「デジタル認知症」という言葉を耳にするようになってから、少し自分でも対策を試みる …

愛媛糖尿病ウォークラリーに参加して糖尿病患者さんと心地よい汗を流す

2015年10月18日に松山総合公園にて開催された えひめ糖尿病ウォークラリー …

「疲れが吹き飛ぶ」とはいっても本当に疲れが吹き飛ぶわけではない

よく「疲れが吹き飛ぶ」という言葉を耳にします、、、よね? 私も娘ができてからそう …