プロテインで蕁麻疹が出た私が、今は問題なくプロテインを使えている。その改善策って?

   

Pocket

趣味で行っている筋トレの効果を最大限に発揮しようと、栄養面にも注目していますが、そうすると必ずと言っていいほど登場するのがプロテインです。

昔は本気でトレーニングをしている一部の人やプロのスポーツ選手が裏技的に使っているもので、一般の人は普通は使わないというような印象がありましたが、今では逆に使わないともったいないという風潮があります。

先日、このプロテインを飲用する事で蕁麻疹が出てしまったということをこのブログでも書きましたが、どうしても諦めきれなかったのでメーカーやプロテインのタイプを変更して再チャレンジしてみました。

結論として、今の所蕁麻疹はおろか、体調不良にもなっていません。快適に過ごせています。

「プロテインに含まれるトリプトファンが蕁麻疹を引き起こす」は本当か?

皮膚科の医師に言われたのが、プロテインに含まれる必須アミノ酸であるトリプトファンがごく稀に蕁麻疹を引き起こすということでした。

体力を消耗している状態だとそういうこともあるようなのですが、体調が復活したあとでも再発しました。

一時期は「私はプロテインを受け付けない体質になってしまったんだ」とも思いましたが、一方でどうしても納得できない事もありました。

トリプトファンはアミノ酸です。タンパク質は体内で分解されて ペプチド になり、それがさらに細かい単位に分解されて アミノ酸 となります。

ということは、普段の食事でちょっと多めにタンパク質を摂取しちゃうと蕁麻疹が出てくるという事になります。

もちろん、プロテインの過剰摂取と体力消耗状態などの悪条件が重なったということもあるのですが、今までそのメーカーのプロテインは使っていた事もありますし、その時はなんともなかったし、、、。

そもそも、トレーニング直後30分以内に飲むのがプロテインのゴールデンタイムなのですから、当然ですが プロテインを飲む時は常に体力消耗状態 です。

それで蕁麻疹が出たとしたらちょっとおかしいですね。

なので私は独自に仮説を立てました。

おそらく、トリプトファンによるものではなく、プロテインに含まれる添加物(味付けに使われているもの)によるものではないかと考えました。

理由は、今までそのメーカーのプロテインは使った事があったけど、ストロベリー味というのは新製品であり、使ったことがなかったということと、今までプロテインで蕁麻疹なんて出たことがなかったということ。

今回は全てにおいて前回とは違うプロテインで試してみました。

プロテインに再チャレンジしたときに意識した選び方とは

とにかく、すべてにおいて前回のプロテインとはガラリと変更しました。

プロテインのメーカーを変更した

まずはプロテインのメーカーを変更しました。

国産の有名なメーカーのプロテインはすべて試したことがありましたので、選択肢はある程度まで頭に浮かんでいましたが、その中でも一番長く使っていて、最初にプロテインを購入した思い出のあるものにしました。

これは別にどこのメーカーでも良かったのですが、なるべく良いイメージを持っておきたかったのです。

プロテインの味を変更した

おそらく、今回の蕁麻疹は味付けなどに使う添加物によるものではないかと考えました。

そもそもイチゴって食べ過ぎたら蕁麻疹などのアレルギー症状が出るらしいじゃないですか。

ストロベリー味から別の味のものに変更さえしておけば、メーカーを変える必要性はなかったのかもしれませんが、確実にプロテインがダメだという悪いイメージを払拭することを選びました。

今回はプロテインの中でもポピュラーなココア味を選びました。

タンパク質の種類を変更した

一言でタンパク質と言ってもいろいろあります。

一般的にはホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインという3つに大別されます。

ホエイプロテインは吸収が早いタイプの動物性たんぱく質、カゼインプロテインは吸収がゆっくりの動物性たんぱく質、ソイプロテインは植物性タンパク質で吸収はゆっくりです。

蕁麻疹が出たのはホエイプロテインの製品でしたので、今回は植物性タンパク質であるソイプロテインを選びました。

一説によると、日本人はご先祖様から代々、農耕民族なのでソイプロテインが体質に合っているというふうにも言われています。

プロテインなんていうものは海外から入ってきたものです。狩猟民族を祖先に持つアメリカ人なら動物性たんぱく質を大量に摂取しても大丈夫なんでしょうけどね。

ソイプロテインは吸収がゆっくりであり、ダイエットをしている人や持久力系の競技者に向いているようなイメージですが、ホエイプロテインやカゼインプロテインを使って筋肉がなかなかつかなかった人が、ソイプロテインに変更した途端にモリモリ筋肥大し始めたなんていう人も多いようですね。

香料や甘味料はもちろん含まれています。これが体質に合うという保証はありませんので、小さいサイズのものを購入しました。

いきなり何kgも購入して、蕁麻疹が再発したら財布へのダメージが大きすぎますから。

プロテインは高級食材なんですからね。

香りはココア、、、それと大豆の匂いもあります。さすがソイプロテイン。

過去にソイプロテインもたくさん試したことがあるのですが、ホエイプロテインやカゼインプロテインとは違ってこの独特の香りが香料を使っても消しきれていないというのが特徴的です。

のどごしもザラザラしていて、ちょっとクセがあります。ホエイプロテインやカゼインプロテインとは違って飲みにくいですが、これは慣れでしょうね。

ソイプロテインを使い始めて数日が経過しても蕁麻疹は出てないよ

頻繁に服用することは内臓にもダメージが大きいと判断して、食事にタンパク質が少ないと感じた時や、極端にハードに筋肉を追い込んだときのみにプロテインを使うというルールにしましたので、まだ数回しか使っていません。

でも、蕁麻疹は全然出てきません。

前回のプロテインとはあらゆるものを変更しましたので、なぜ蕁麻疹が出なかったのかということは不明なのですが、これでプロテインを2度と使えないなんてことはないんだということが証明されました。

ソイプロテインは今までのホエイプロテインやカゼインプロテインと違って、やはり飲みにくいのですが、体調はいいように思います。

私の体質にはソイプロテインは合っているのかな?

もちろん過剰摂取はダメだということは念頭においていますが、ひとまず一安心です。

私の場合はこうやってメーカーや味、タンパク質の種類を変更することでひとまず大丈夫となりましたが、人によっては本当にトリプトファンによる深刻なアレルギー症状へと発展する可能性がありますので、私のマネをしてもダメなこともあると思います。

マネをするときは事故責任でお願いします。

しかし一方で、医師に「プロテインはダメだ」とか、「トリプトファンアレルギーですよ」とか言われたとしても、必ずしもそうとは限らないということもまた事実でしょう。

自分の体や健康のことなのですから、自分で健康状態など細かくチェックして、いろんな可能性を探っていくことは大切なことではないかと思いました。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ボディメイキング, 医療と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関西でよく使われる言葉「日にち薬」ってどんな意味?

職場の先輩に言われて初めて知ったのですが、「日にち薬」という言葉は日本全国どこで …

痩せすぎて困っている人がたくましいマッチョ体型になるには、やはりたくさん食べることが大切だと気づく【経過報告】

約1ヶ月ごとの定期報告となっておりますが、マッチョになるためにまずは無理してでも …

雑誌「Tarzan」は筋トレ雑誌じゃない!ライフスタイルをデザインする私のバイブルです

「ライフスタイルをデザインする」 それが私の人生のテーマであり、当ブログにもその …

デジタル認知症を予防するために実践しているちょっとした3つのコツ

「デジタル認知症」という言葉を耳にするようになってから、少し自分でも対策を試みる …

痩せすぎの私がマッチョになるためにはトレーニングと食事量のバランスが超絶大事だと感じた理由とは

前回は2015/6/23にお届けしました、筋トレ生活における私の身体のスペックで …

睡眠不足はあらゆるパフォーマンスを低下させる!あなたは今すぐ眠るべきだ!

ありがたいことに、先日ある後輩から指摘を受けました。その内容を一言で言うと「あな …

昼食後に必発していた「異常な眠気」を改善させるための取り組みで、すごく効いたと思うことを3つ挙げておくよ

食事の後って異常に眠くなりませんか? 特に昼食後の眠気というのはもはや自分の努力 …

ヨガと理学療法の視点が融合したことで再認識できた「気づき」の大切さ

ヨガでは「気づき」を大切にします。外側への気づきや内側への気づきなど対象はさまざ …

私が「早寝早起き」が大切だと思う理由

一般的には最適な睡眠時間は7時間とも8時間とも言われていますが、皆さんはそれくら …

痩せ型の体型の私が筋肉をつけるために暴飲暴食してみた結果は?

生まれてこのかた、太ったことがありません!! 、、、なんて言ったら、かなり叩かれ …