ブログ再考:#01 私がブロガーとして到達すべき目標は本当にプロブロガーなの?

      2015/11/26

Pocket

slproImg_201511231450180.jpg

私が「ブログ」というものの素晴らしさに触れて、実際に運営を始めてからすでに5年6ヶ月が経過しました。当時はとくに発信したくてたまらない何かがあったわけではなく、「自分でなにかを世の中に発信できる 手段としてのブログ という存在」そのものに魅力を感じて、勢いで開設したことを覚えています。

そうやって誕生したこのブログでは複数のテーマに関する記事を書いています。四国八十八ヶ所巡礼に関する記事を書いていたり、断捨離について書いている以外にもブログ運営論的な記事を書くことがありますが、これは私がブログという媒体そのものに対する想いが強いことを無意識に反映していることに由来します。最初は ブログについてブログで書く というのもおかしいかなと思いましたが、自分が信じるものの正体や定義が曖昧なまま運営し続けるのも、またおかしな話だという考えから定期的に論じるようになりました。

私はこの愛すべき自分のブログを今後も数十年にわたって運営していきたいと思っていますし、もっとたくさんの人に読んでほしいと思っています。そのためには、今の自分の運営スタイルや目指すべき方向性など、折に触れて考えることも大切だと考えています。とても一つの記事で書ききれるものではありませんので、数回に分けて書いていこうと思いますが、今回は「プロブロガーという存在」についてです。

プロブロガーってどんなひと?

私がこのブログを始めたきっかけは、プロブロガー本と言われるものとの出会いでした。今となっては内容が古くなっている箇所もありますが、今でも十分に一読に値するものだと思います。

この本の著者のお二人以外にも、世の中には「プロブロガー」を名乗っているブロガーはたくさんいます。私が入会しているオンラインサロンの講師も、「実績のある香川県のプロブロガー」であるヨスさん(@yossense)です。

参考:「ヨッセンスクール ブログ科」はまさにブログの専門学校!ブログを戦略的に成長させる秘訣がここにあるぞ! | 歳月庵

プロブロガーに関する明確な定義は今のところ存在しないのですが、暫定的に「ブログから生じる収益で生計を立てている人」となっているようです。確かにプロ野球選手も野球をすることで生じるお金で生計を立てています。プロの音楽家も音楽を仕事にして生計を立てています。なので、この暫定的な定義もあながち間違いではないと思います。

でもここで私が注目したいのが「その分野において収入を得られるほどの優れた能力を持っている人」という視点です。世の中にはプロ級の卓越した能力があるのに生計を立てられるほどの収入を得られていない人だっていますよね。お笑いの世界でも、実力はあるのになかなかブレイクしない芸人さんもいるようです。実力があるのに収入がついてこない人がいる反面で、収入がある人は例外を除いてほとんどの場合、プロと呼ぶにふさわしい実力を備えています。

どのような能力があればプロブロガーとして生計を立てていけるのかということは今の私にはわかりませんけどね。

収益以外ではプロブロガーを定義できないの?

どれほどすごいブロガーかというのを客観的な数値をもって評価することは難しいのでしょうか。上記の「ブログから生じる収益で生計を立てている人」という暫定的な定義は、その人の生活水準や家族構成、地域によっても上下することです。たとえば「ブログで〇〇万円以上の売り上げがある人」とか「〇〇万PV以上ある人」というあたりがわかりやすい指標になりそうです。実際にブログで公開しているブロガーもいますね。

でも、芸術品に点数がつけられないのと同じように、プロブロガーやその運営するブログを数値的に評価するなんてことは一概にはできないでしょう。だからこそ「ブログで生計をたてられるかどうか」という基準で語られているんでしょうし。

なんにしても、ただ記事を黙々と書いているだけではこの境地には到達できないのでしょう。記事を書くことは、やるべきことの最低ラインであって、それ以上にやるべきことや持つべき能力というのがあるんでしょうけど、それらも客観的に定量化することはできません。たとえばSEOの知識が充実しているとか、文章力が秀でているとか。そういう不明確な箇所ほど、今後もブログを成長させていきたいと思う私にとっては必要なものなんでしょうね。

本業と並行してブログを運営している私もプロブロガーを目指すべき?

すべてのブロガーが目指すべき終着点は プロブロガー なんでしょうか。ある程度以上の収益が得られれば、いま勤めている会社を辞めて、個人事業主として独立して、ブログ一本で生計を立てて、、、。

これはあくまで一例であって、必ずしもこの形がブロガーのゴールではありませんよね。私はいまの仕事が好きですし、今のところ辞める予定はありません。そしてブログもやめる予定はありません。なので、(あえて断定はしませんが)今後も本業とブログは両立していく予定です。

プロブロガーとして独立してもやっていけそうな実力者で、本業と両立している人は、プロブロガーではなく「プロ級のブロガー」ってことになるんでしょうか。だったら私の目指すのはプロ級のブロガーということになりますね。こういう人は、案外ネット上に存在しているんでしょうかねぇ。

オンラインサロンに入会した時に「目標は100万PVです」なんて書いた記憶があります。これはプロブロガーというものの定義が ブログで生計を立てるということ であれば私はその予定はないので、別の表現をしたということなのです。

他の参加者の中にも同じように100万PVを目標に掲げた人が多数いました。私ももちろん具体的な数値目標として今後も目指していく予定ですが、講師のヨスさん(@yossense)ですらまだ到達していない境地ですから、私がそこに行くためにはどれほどの時間と努力が必要なのでしょう。また、どんな成長を遂げればそれに近づけるのでしょうか。

変に目標にとらわれて、「歳月庵」らしさを失ってしまってもダメですが、チャレンジしがいのある課題だと思います。

容易に到達できないのがプロの境地

当たり前ですねw

いくら情熱があって、それなりに知識や技術があっても、そう簡単に到達できない境地だからこそ「プロ」なんです。ブログは記事を書く以外にもいろんな構成要素があります。それらをひとつひとつ高い水準に引き上げつつ、根気強く運営することが大切でしょう。プロのスポーツ選手と違って、ある程度の年月を過ぎるとプロになれる可能性がなくなるということもありません。むしろ人生の経験値が上がっていくのですから可能性は高くなるかも。

ブログを運営している以上、多くの人に読まれたいという想いはみなさん共通していることだと思います。でもゴールのないマラソンを走り続けることほどの苦行はありません。ただ書くこと自体が癒しであるから、別に読まれなくてもいいという意見も聞いたことがありますが、それなら別にブログじゃなくてもいいですよね。少なくとも私は読まれたいです。

一方で、どう考えてもブログに明確な終着点を決めるのは難しいということもまた事実です。100万PVに到達したらそこで終了というものでもありませんしね。非常に悩ましい問いですが、悩みがいのある問いでもあります。

まずは地道に記事を書き、情報を発信し続けることを継続しつつ、自分が今後どのような道を進んでいきたいのかということをイメージしておかないと、30年後にブログを書き続けていられるのかすら危ういでしょう。継続することほど難しいものはありませんからね。

>>ブログ再考:#02 ブログ更新を継続するための時間はこうやって確保する

 - ブログ運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブログでの主張の移り変わりを恐れることはない

私は今までの34年の歳月の中でいろんなライフイベントを経験するたびに、当然ですが …

元旦に立てた目標を年度始めに見直してみることのメリットとは

1年の中には、決意を新たにしたり何かを始めるのに適した「節目」となる時期がいくつ …

友よ、私のモブログ執筆方法について君の意見を聞かせてくれないか

ここ数日、モブログでのブログ更新が続いています。慣れれば意外と書けるようになるも …

MarsEdit利用者必見!投稿した新しい記事や過去記事にアイキャッチ画像を自動設定してくれるプラグイン「Auto Post Thumbnail」が私のお悩み即解決!

つい先日からブログのテーマ変更に伴い、いろんな調整を行っていますが、一番のネック …

2015年に書いた記事でよく読まれている記事TOP10

今年も残すところわずかとなりました。12月ということでそろそろ今年の振り返りをし …

【アンサー・エントリー】 ”2012年の総まとめ” 2013年の目標とは、このブログが最終的に行き着く先の通過点であるということ

前出の記事では”身の丈にあった目標を粛々とクリアしていく”と言いました。一般的に …

ブログのフィルターの感度を下げて運営していく新しい「断捨離」のスタイルとは

「ブログの運営論」的な本やブログでよく言われるのが「フィルターの感度を上げる」と …

当ブログ「歳月庵」が3周年を迎えましたので今後の展望など語ってみるよ

このブログは3年前の4月14日に誕生しましたので、ちょうど3年が経過しました。2 …

新年度を迎える今日こそ新たな決意をするのには絶好のタイミングです

最近はブログの更新もおざなりになっておりましたが、新年度になって職場の環境もガラ …

今の自分を変えたいなら、無理をしてでも新しい世界に飛び込んでいくことも大切だよ

私は自分の事を「保守的」だと感じています。新しい分野に飛び込んでいくことを得意と …