私がヨガや筋トレを行う根本的な理由とは

      2017/05/10

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

当ブログには筋トレやヨガなどの、主に身体を動かすカテゴリーがあります。

もちろん、美しい身体を手にいれるためとか、子どもの運動会で恥をかかないためとか、理由はいろいろありますが、病院に勤めていると運動の必要性をひしひしと感じるのです。

今回は、私がなぜ運動を行なっているかについて語りたいと思います。

便利な手段を「楽をする」ために使っている現代のライフスタイルが人間をダメにする

現代人のライフスタイルは、急激な変化をとげています。特にこの数十年で劇的に 便利 になりました。

便利すぎるライフスタイルの蔓延

周囲を見渡してみると、スマートフォンやPCは一人一台は当たり前です。

公共の交通機関は発達し、発達していない地方でも自動車やバイクは一人一台が当たり前です。

ショッピングに行けば階段には目もくれずに、まず最初にエレベーターやエスカレーターを探し、店員さんが入り口まで荷物を持ってくれるという過剰なサービスが当たり前です。

仕事の大半をコンピューターやロボットが行ってくれることで、労働者は肉体的・頭脳的なストレスから解放されました。

今も、そしてこれからもこの 便利 というキーワードは常に世界の中心に居座り続けることでしょう。

対照的な健康ブームの高まり

世の中が便利になるということは、それだけそれを使う 人間 が楽をするということになります。持っている肉体的・頭脳的な能力を肩代わりさせているわけですから、使わなくなった筋肉や知的能力は退化していきます。

数百メートル向こうにあるコンビニに行くために自動車を使い、すぐ目の前にいる友人とスマートフォンでやりとりをし、たった3桁の計算を電卓やスマートフォンの機能で処理する生活。

これでは退化して当たり前だと思いませんか?

ただしその一方で、 健康志向 が高まりをみせています。

ランニングやサイクリング、ヨガ、ピラティスなどのアクティビティから、脳トレと言われるような知的能力のトレーニングなど、こぞって健康を自発的に求めるというアクションが広がりをみせています。

これらは逆に考えると、 意図的に自発的に健康を求めなければ、健康ではいられない世の中になったということです。

健康を求めた結果「不健康」な状況に陥るケースも

一方で、健康のためにと食事や運動などのライフスタイルを見直した結果、逆に健康を害するという結果になるケースも少なくありません。

ジョギングやサイクリングで膝や腰を痛めたり、ダイエットのためだと食事制限をしたり健康食品を買いあさった結果、内臓を悪くしたり。

これでは何のためにライフスタイルを見直したのかわかりません。

情報は溢れています。インターネットや書籍で調べれば、これらの健康に関連する情報というのは読みきれないほど手に入ります。

逆に言えば、我々は読みきれないほどの情報の大洪水の中から、自分に合った正しいものだけを切り取るという 選択眼 を養うことを求められているのです。

ただテレビで言っていたからとか、信頼する〇〇さんが教えてくれたからという理由だけでその情報を鵜呑みにしていませんか?

その情報は、たとえその人には効果的でもあなた自身に有効であるかどうかは不明だということを忘れてはいませんか?

情報はただ情報としてそこにあるだけです。それを拾うのも捨てるのも、他ならぬあなた、そしてわたし自身だということを忘れてはいけません。

わたしがご紹介する情報もあなたに合っているかどうかはわからない

誰でも健康で長生きしたいです。精神的にも肉体的にもです。

「だまって座っていても健康にはなれないんだし、気持ちを新たになにかを始めてみよう」

その健康を他人任せにしない生き方はすごく魅力的で素晴らしいことです。

でも、健康を求めていろいろやってみても、それが原因でかえって不健康になってしまう。なんだか矛盾していますよね。

そこで、この現代だからこその矛盾から解き放たれるための、わたし自身の取り組みをシェアする目的でこのブログには運動や筋トレ、ヨガなどのカテゴリーが存在します。

具体的には、わたしが健康のために無理なく取り入れて続けていることや始めてみたこと、そのときに注意したことや参考になったことなどをご紹介するというものです。

ただくどいようですが、それがあなたにもぴったり当てはまるということを保証するものではありません。

あくまで、わたしにとってどうであったかを披露する場であるということを忘れないでください。

わたしが着て似合う服が、あなたにも似合うという保証はどこにもありません。逆に似合わないかも。

わたしとあなたは違う人間なのですから、その可能性の方が高いのです。

もし実際に同じようにやってみようと思った時は、自己責任でお願いしますね。

健康な生活を求めるすべての人に、このブログでご紹介する情報が何かしらの参考になれば幸いです。

 - ボディメイキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

痩せ型の体型の私が筋肉をつけるために暴飲暴食してみた結果は?

「生まれてこのかた、太ったことがありません!」なんて言ったら、かなり叩かれるんで …

健康な身体を保つために筋トレ生活を再開したので現在の私のスペックを晒してみる

先日はこんな記事を書きました。 トップダウン式に欲しいものの優先順位を考えると行 …

筋トレでボディデザインするなら、目指すべき具体的なイメージを持って行なうべき

年末年始は風邪をひいてしまい、体力のなさを痛感しました。今年こそは体力づくりを本 …

瘦せ体型の人が筋トレで効果をあげたいなら、栄養は筋トレよりも大切

筋トレを本格的に開始してからはや10年が経過しました。 途中で挫折したり悩んだり …

痩せ型の人間がたくましい体になるために食べる量を増やすのは、太っている人が痩せようと食べる量を減らすのと同じくらい辛いと気づく【経過報告】

毎月初めに私が暴飲暴食の結果、身体がどのように大きくなっていったかをお示ししてい …

【検証中】痩せている人がマッチョになりたければ、一番力を入れるべきなのはトレーニングじゃなくて食事だ!

以前からコンプレックスだった細身の身体を克服しようと、現在は食事の量を激増させて …

腕立て伏せをいくらやっても効果が出ないという人は必見!実際に体験してみつけた自重トレーニングの3つのコツ

今年に入ってからは、自重トレーニングで健康的な身体を作り上げていこうと取り組んで …

私の筋トレのターニングポイント!自重トレーニングと日々の食事の工夫で理想の自分の身体に迫る

昨今の健康ブームにより、街を歩いていてもジョギングしている人、スポーツタイプの自 …

健康はお金では買えないから「筋トレ生活」を2017年も決意した。まずは身体を慣らすことから

体力がないよりある方がいいに決まっています。ただ、私も毎年初めに決意するものの、 …

【体験談】筋トレに必要な栄養素ばかりに注目していると健康的な肉体は手に入らないよ

今日、職場の食堂で後輩と食事をしていると、同じメニューのはずなのに明らかに量の配 …