歩きスマホをせずにポケモンGOをプレイするために最初にしておきたい設定とは

テレビのニュースやインターネット上でも、ポケモンGOを歩きスマホや自動車(あるいはバイクや自転車)を運転しながらプレイして事故やトラブルになっているという情報が散見されます。

海外では日本に先行してリリースされていたようですから、すでにこの手のトラブルが報告されていますが、日本でも予想通りの展開になっているようですね。

ポケモンGOは基本的には屋外で歩くことを誘導することでフィットネス効果をもたらすことが目的のゲームですから、いくらポケモンGOが自宅の中にいても楽しめると言っても最終的には屋外で楽しむことが前提です。

周囲の安全を確かめながら、ポケモンを見つけたら安全な場所に立ち止まって楽しむのがベストでしょう。そんなときに役立つ設定を、今すぐに行っておきましょう。

Pokémon GO
無料
(記事執筆時点)
posted with ポチレバ

アプリの設定から振動(バイブレーション)をオンにする

ずっと画面を見続けなくても、振動でポケモンとの遭遇を知らせてくれる機能です。

まずはモンスターボールのボタンをタップ。

続いて、画面右上の設定をタップします。

「振動」というところにチェックすると、ポケモンとの出会いを振動で知らせてくれます。

おそらく、デフォルトでチェックは入っていると思いますが、念のため確認しておきましょう。

私はついでに「音楽」と「効果音」はオフにしています。ちょっとでもバッテリーの持ちを良くしようという狙いと、職場でいきなり音が出て周囲に変な目で見られないようにするためです。

もちろん、仕事中はプレイしたりしません。もしそんなことをしている人がいたら、即刻やめましょうね。

参考:ポケモンGOを仕事中にプレイしてはいけないでしょ!そろそろクビになる人も現れそうだよ! | 歳月庵

昼休みにちょっと設定を変えたりモンスターを強化したり進化させたりするときにいきなり音が出ないようにという配慮です。

どうせ周囲のスタッフも同じことやってるから、別にいい、、、というわけではないですよね。あまりいい印象は持たれないでしょうから。

できればバッテリーセーバーの機能もオフにしておこう

プレイしてみて多くの人が気になったであろう、異常なまでのバッテリーの減り。

IMG 1423

この時点では96%あったバッテリーが、、、

IMG 1426

2時間足らずで77%まで減っています。私はiPhone6 Plusを使用していますから、通常の使用状況でバッテリー不足に悩んだことはほとんどありませんでした。

まさか、むかし買ったモバイルバッテリーがこんなところで再び活躍するとは思っていませんでしたよ。

さらに、このバッテリーがどんどん減っていく問題を少しだけ解消してくれるのが先述した「バッテリーセーバー」という機能です。

スマホをポケットにそのまま突っ込んだときのように、スマホを逆さまにするとこのように真っ暗な画面になり、バッテリー消費を抑えてくれるという機能です。

おそらく、スマホのバッテリーをいちばん消費するのは画面を光らせることなので、この部分のバッテリー消費をカットしようということなのでしょう。

しかし、この画面で数分のあいだ放置して、ふたたびプレイ画面を表示させると、画面操作が効かなくなるという問題が出てきます。

おそらくバグかなにかでしょうけど、今の所はアプリを終了するしか解決策がなさそうなので、こうならないためにも「バッテリーセーバー」機能はオフにしておいて、アプリのアップデートに期待したいところです。

ポケモンGOをプレイする人もしない人も、安全第一

当ブログではこのポケモンGOをプレイするにあたっては、プレイする人もしない人も注意すべきと訴えています。

参考:ポケモンGOによる「もらい事故」に注意!プレイしていない人も無関係ではないよ | 歳月庵

プレイしていない人も「私には関係ない」と思わずに、自分や周囲の大切な人の身は自分たちで守るという意識が大切だと思います。

しかし、プレイする側はそれ以上に安全に十分に注意する必要性があることは当然のことです。

人間の「意識しています」とか「注意しているつもりです」というのはほとんどあてになりません。

集中してプレイしていたらそんなものは言い訳にしかならず、ほとんど役に立ちませんからね。

せっかくゲームの設定の中に便利な機能がありますから、振動はオンにしておくべきですよね。

プレイする人もしない人も、お互いが事故や怪我をすることなく楽しめるように、プレイする側は当然しっかりと設定しておきましょうね。

Pokémon GO
無料
(記事執筆時点)
posted with ポチレバ

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です