愛する我が子が体調不良の連続で気持ちが休まる日がなかなかないよ

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

昨年末から子どもたちが体調不良を連発しており、親としても気が休まる時がありません。

ノロウイルス、ノロ+ロタウイルス、インフルエンザB型、RSウイルス、そして今回はヒトメタニューモウイルスです。

ヒトメタニューモウイルスとは

早い話が小さな子どものあいだで流行しやすい風邪です。もちろん大人にも感染します。

主治医の先生の話を要約すると

咳や鼻水、発熱などの風邪の症状が出るようです。つまり風邪ってことですよね。

普通の小児科の病院などではおそらく風邪という診断になると思うんですが、かかりつけの病院が大きなところで、しっかりと検査するので原因となる菌やウイルスが特定されます。

似たようなものにRSウイルスがありますが、大きな病院で検査しないとどちらも同じようなものとして風邪として処理されることになります。

ただ、原因が詳細に把握できても、治療はどちらも対症療法になります。ノロウイルスなど嘔吐下痢の症状がでるものであれば薬で症状を押さえ込むようなことはせず、菌を排出させる目的で薬を使わないか、鼻水などが出やすくなるような薬で治療します。

ヒトヘモニューモウイルスやRSウイルスだと、座薬や咳止めなどの対症療法となる薬を処方されることが多いようですね。

親が感染してしまうと困ったことになる

看病する側の親としては、なんとしても感染しないように気をつけないといけません。飛沫感染や接触感染で普通に罹患してしまいますから、普段から気をつけないといけませんね。

我が家で気をつけたことといえば、

  • 家の中でもマスクを着用する
  • 換気をしっかりする。
  • 手洗いの後のタオルを子供たちと親で分ける
  • 手洗いうがいをしっかりする
  • 子供の食べ残しはもったいないけど捨てる

といったところでしょうか。

看病する立場ですので、泣いている子どもを抱っこすると顔の前でくしゃみをされるようなケースも多いです。マスクは必須です。

また流行しやすい時期が寒い時期と重なると、どうしても換気を怠ってしまいがちです。換気するとせっかくエアコンで温まった部屋の空気が逃げてしまいますし寒くなりますからサボりがちですが、換気が終われば暖かさが戻るのは数分です。

体調管理のうえで換気は非常に大切ですので、しっかり行いました。

あとは、子どもと共有しているような食器類やタオルも、感染源となりますので、分けるようにしました。洗濯物が増えるといっても微々たるものですからね。

看病する時に気をつけたのは、子どもって熱が高くてもけっこう普通に遊んだり走り回ったりするんですが、早く回復するためには体力の消耗は最小限に抑えたいので抱っこ紐などで強引に寝かしつける方向で看病しました。

遊べないのでストレスがたまっているようでしたが、仕方ありません。心を鬼にしてひたすら安静を守りました。

しばらくは体調不良が続きそうです

こうしてこの記事を書いている現在も、ヒトメタニューモウイルスは収束していますが、今度はまたもやノロウイルスに罹患して、中耳炎も併発しているようです。

通院したり、頻回に仕事を休んで看病する日が続いており、職場のスタッフの視線も痛いのですが仕方ありません。

一人目の子どもの時は生まれたのが2月でしたので、保育園デビューの時は暖かくなっていく季節でした。2人目は10月ですから、いろんな感染症が流行し始めるタイミングで保育園デビューしたので、常になにかの感染症に罹患しているような状態です。

いったい何回保育園に行けたんでしょう。きっと数えるほどしか行けていません。

こうやって免疫を鍛えていくのですから仕方ないのですが、しばらくは親の気持ちが休まる日は来ないのでしょうね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子どもにとっては親だって「環境」の一部なんだから、ストレスの原因にならないようにしなきゃね

最近は長女(3歳)の環境が目まぐるしく変化しています。 通い慣れた保育園から新し …

授業参観では子どもの「普段の姿」はみられない。普段からの幼稚園とのコミュニケーションを億劫に思わずに密に行おう

今年の4月から長女が幼稚園に通い始めて、はや6週間が経過しました。 ちょうどその …

共働きの我が家で夫の私が黙って家事や子育てをガンガン引き受ける理由とは

今の世の中、共働き世帯は別に珍しいことではありません。じゃあ仕事以外の家事や子育 …

育児休暇中でも家事や育児を妻だけに任せずに夫も同じくらい分担するのにはこんな理由があるのです

わが家では家事と育児をほぼ半分ずつ行なっています。厳密に労力が半分になっているか …

近所の公園で一日中子どもと遊んだことありますか?コレ、子どもが何より喜ぶことなんだって知っていますか?

みなさんの家の近くに公園ってありますか? おそらく大なり小なり近くに公園や遊び場 …

雛人形(ひなにんぎょう)を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

【失敗談】卵を食べさせすぎて嘔吐!卵アレルギーのリハビリは焦ってはいけない

私の娘の卵アレルギーもひと段落し、徐々に卵に慣らしていくリハビリの段階に進んだの …

「おやすみ、ロジャー」という話題の絵本を、今まで読み聴かせをしたことがない我が子らに試してみた

巷で話題の おやすみロジャー という名の絵本。 寝ながら読み聞かせると、驚くほど …

有名テーマパークより、豪華な旅行より、近所の公園の方が子供の満足度は高いみたい

幼稚園(娘)や保育園(息子)がお休みの時は、面倒を見るために仕事を休んで1日付き …

幼稚園バスを見るたびに吐くほど泣いていた娘が一度も休むことなく通いきったこの一年間を振り返る

娘がついに幼稚園に1年間通いきりました。しかも1日も休まずに通い、皆勤賞までもら …