私があなたに手帳とペンの携帯を勧める3つの理由

      2017/07/06

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

FullSizeRender.jpg

何かをとっさにメモしたり、逆にじっくりとアイデアや思考を深めるために、今までの私は主にiPhoneを使ってきました。

それどころか様々なありとあらゆるデータも含めてデジタル管理できるものはそちらに移行しようと紙をスキャンしては捨てて、忘れたくないものは写真に収めてEvernoteに保存したり、音楽をCDではなくデジタルデータとして保管するなど、本やCDの断捨離も積極的に行うようになりました。

しかし、それをやればやるほど「やっぱり紙に書くことも大切だな」と思うことも多くなってきました。やはり「書く」ことと「打つ」ことは同じように見えて異なるものなのですね。

ペンで紙に書くことによってアイデアがたくさん出てくるようになった

ペンを走らせている間にもいろんな新しいアイデアが湧き出してくるという経験をしたことがありませんか?私の場合は筆が追いつかないほどです。

ならキーボードでタイピングしたほうが早いじゃないか、という理由でPCでメモをとるようにすると、不思議とアイデアの連鎖が終わってしまうことが多いです。

紙とペンで書くという行為そのものは学生時代に嫌というほどやってきました。もしかしたらその時に「書きながら考える」という思考回路ができ上がってしまっているのかもしれませんね。

一方で、私がPCのキーボードというものに初めて触れてからまだ数年しか経過していません。どうしてもキーを打って入力することに集中してしまい、同時に思考を回すということが難しいんです。

ペンと紙は使う場所を選ばない

職場の環境によってはデジタルデバイスを、あからさまにデスクの上に出して作業するということが許されないこともあるでしょう。

また、目上の人との対面中にスマートフォン、PCやタブレットなどのガジェットを取り出して熱心にメモを取っていても、あまり良い印象は持たれない、、、というか、場合によっては一喝されてしまうのではないでしょうか。

デジタルデバイスというのは機能自体は非常に優れているのに、しばしば使用するシチュエーションが限定されてしまうツールであるとも言えます。

その点で言えば、紙とペンはほとんどの場面で誤解を与えることがないため、TPOを選ばない貴重なツールであると思います。

場合によっては整理されたシステム手帳や使い込まれた革の手帳、またある時にはコピーミスした紙を破ってその裏に走り書き。

「これは!」と思った時の一瞬のひらめきを逃さないためにも、私もポケットに必ず何かしらの「紙」を、胸のポケットにはペンをスタンバイしています。

デジタルガジェットと違ってバッテリーが切れる心配がない

肝心な時にバッテリー切れを起こしてしまい、貴重なアイデアが逃げてしまったという経験はありませんか?

最近のガジェット、特にスマートフォンなどはカメラや音楽プレイヤーなど非常に多機能ですから、それらを余すことなく使っているとバッテリーが無くなってしまうケースもあると思います。

例えば通勤途中にお気に入りの音楽を聴いて、ふと目にとまった珍しい猫の動画を撮影してYouTubeにアップロードして、ニュースアプリで最近の動向をチェックして、取引先からのメールに返信して、Facebookで「いいね」して、、、。

そうだ!これブログに書こう!!忘れずにメモしよう!!!

、、、バッテリーが切れちゃった。

という感じのことです。

最近ではスマートフォンのバッテリーの性能も飛躍的に向上していますから必ずしもこのようなケースが頻発するということはないかもしれませんが、やはり使える時間に限度があるため予備のバッテリーを持ち歩いたりしないといけませんから、それはそれでストレスになる場合もあります。

万が一のために手帳やペンを持ち歩くのであれば、前述したメリットも踏まえてお気に入りの手帳やペンをカバンに忍ばせておくというのもいいかもしれません。

私はモレスキンのノートブックを愛用していますが、別に道具は何でもいいのです。

こんなデジタルデバイス全盛の時代だからこそ、ペンと紙で「書く」という行為をもう一度、見直してみることをお勧めします。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 断捨離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

断捨離ってパートナーの協力がないと難しいの?に対する私の答えとは

私はライフスタイルに断捨離を取り入れていますが、そこまで厳密に取り入れているわけ …

毎日断捨離を習慣化する「1日1捨」にチャレンジします

私が愛読しているブログ「No Second Life」でこのような取り組みが紹介 …

情報ダイエットという名の断捨離でライフスタイルをデザインする

私のブログのタイトル「歳月庵」のサブタイトルが「ライフスタイルをデザインするすべ …

アナログ手帳とデジタルデバイスを「融合」するより「共存」へ向かわせることのメリットとは

私の思うシンプルなライフスタイルの完成形の一つに「物がない生活」というのがありま …

良いものを長く使うドイツ式の生活を取り入れてみることで得られる豊かさとは

ドイツなどのヨーロッパでは 良いものを長く使う というのが一般的だそうです。昔読 …

積極的に楽なことを手放す、新しい断捨離の提案

職場で高齢の患者さんと話していると、今と昔ではあらゆることが様変わりしていること …

欲しいものの優先順位をトップダウン式に考えると、行き着く先は「お金では買えないもの」になる

巷にはたくさんのガジェットやサービスが溢れていて、ものすごいスピードで進化してい …

「余分に確保しておく」というスタンスは生活を豊かにしない

先週から「一日一捨」を習慣にしようと取り組んでいます。 今のところ捨てるものがな …

「予定の断捨離」で心に余裕を持たせると新しいアイデアが湧いてくるぞ

娘はお昼寝、妻は旧友とお茶しに外出。 思いがけず、なんにも予定がない時間と空間を …

通帳の断捨離がもたらす「把握できる程度のコンパクトな資産管理」のメリットとは

最近ではいろんな断捨離を実践していますが、ここ最近では「通帳の断捨離」なんていう …