有名テーマパークより、豪華な旅行より、近所の公園の方が子供の満足度は高いみたい

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

公園の写真

幼稚園(娘)や保育園(息子)がお休みの時は、面倒を見るために仕事を休んで1日付き合うことがあります。

子供にとっても普段とは違って、父親もしくは母親を独占できる絶好の機会ですから、子どもの望むような特別な時間を共に過ごしてあげたいと思っています。

でもだいたい決まって「公園に行きたい」という答えが返ってきますけどね。

いつもの公園もマンツーマンだと特別な時間になる

公園の写真

公園は普段から行っていますから、別にいまそれを選ばなくても良さそうなものですが、子どもは本当に公園が好きです。

私も普段から自動車で行ける公園や歩いて行ける公園などはリサーチしていますので、今日はお気に入りの遊具がある、広くて芝生のある公園に行くことにしました。

朝の8時は、平日ということもあってほとんど誰もいません。朝露で遊具が濡れていますから満足に遊ぶことはできませんが、それでも子どもはウキウキです。

公園の写真

2人の子供を同時に相手にすると、どうしても愛情が分割されてしまいますし、どちらかというと手のかかる下の子にかまってあげる時間が増えますから、上の子は不満を感じているのでしょう。

今日はお父さんを好きにしていいからね(*´∀`*)

どんなに寒くても、眠いくらいの時間帯でも、公園にはそれらを吹き飛ばす魅力があるんですね。

公園の写真

途中からもう一人の子もお迎えに行って、二人で次の公園へ。

公園のハシゴなんて、子供たちにとっては夢のような時間のようですよ。

移動の車の中で少し眠そうでしたが、公園に到着すると完全に目が覚めて元気に遊び始めました。

わたし的には、筋トレにちょうど良さそうな鉄があるのでややもどかしいですが、子どもたちファーストで遊びまくりましたよ。

子どもたちの願いは、大人から見れば本当にささやかなもの

どうしても、子どもには特別な体験をたくさんさせてあげたいと思うのが親心です。

有名な遊園地やテーマパークに行ったり、普段は行けないようなところへ旅行したり。

それもまた子どもたちにとっては楽しい時間になるとは思いますが、我が子たちはそれだとあんまり良い反応を示しませんでした。

まだ幼すぎるということもあるのでしょうけどね。

私が思うに、子どもたちが親と密に向き合って接するには旅行やテーマパークは不向きです。どうしても人の波をかき分けてアトラクションに並んだり、自動車にずっと乗って顔がしっかり見えなかったり。

公共の交通機関でも、力いっぱい叫んだり走り回ると親に怒られたりしますよね。なので疲れるだけで、大人が思っているほど子どもは楽しくないんじゃないかなーと思うんです。

それよりも、子どもと一緒に公園でどんぐりを拾ったり、自転車に乗れなくて悔し泣きしている子どもを近くで見守ったり、できなかった高難度の遊具を攻略した喜びを分かち合ったり。

そういった距離の近いスキンシップをとり、同じ目線で楽しむことができる公園は、やはり子どもたちのリクエストでナンバーワンになって当然なんじゃないでしょうか。

子どもたちが喜ぶだろうと大金を投入して購入したおもちゃより、公園のどんぐりや散歩の途中で拾ったただの落ち葉や石ころの方が子どもたちにとっては何倍も価値のあるものなんですね。

いま一度、親である私自身が我が身を振り返り、本当に子どもたちのことをわかっているのかというのを考えさせられる貴重な機会をもらいました。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

覚えておけ!娘の3歳の誕生日と節分が同じ日になるとこうなるんだよ!、、、あれ?

私の娘は節分の日に産まれました。 誕生日はケーキの味、恵方巻きの味、豆まきの大豆 …

刮目せよ!去年の洋服が着られないほどに太った女が挑む決死のダイエットを!!【ネタ記事】

ねぇねぇ、おとうさん・・・新しい洋服が欲しいんだけど。 ・・・えっ?理由? 年頃 …

近所の公園で一日中子どもと遊んだことありますか?コレ、子どもが何より喜ぶことなんだって知っていますか?

みなさんの家の近くに公園ってありますか? おそらく大なり小なり近くに公園や遊び場 …

長男も産まれてはや100日が経過したので、お食い初めをにぎやかに執り行いました

早いもので、長男が産まれてからはや100日が経過しました。 産まれてすぐの時は心 …

雛人形(ひなにんぎょう)を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

大きなビニールプールは大変すぎる!小さいものを選んだほうがラクだし子供は楽しめるよ

我が家ではお互いの実家の庭で、ビニールプールを膨らませて水を張り、娘を遊ばせるの …

別にお金をかけなくても、生後6ヶ月の赤ちゃんが思わず笑顔になること7つ

私の息子も早いもので、生後6ヶ月を迎えました。ありがたいことに特に大病を患うこと …

「おとな」っていつから?私が「おとな」だと自覚する瞬間とは

子供と大人の違いとか、いつからが大人だとか、大人ってなに?みたいな話は、割とあり …

娘が幼稚園に通い始めて2週間でストレス過剰により暴君に!子どもの個性を尊重しつつ可能性を伸ばすために奮闘するのは子供よりも先生よりも親の方だ!

うちの娘は非常にのんびり屋さんです。 何をするにも時間がかかりますが、それは逆に …

子育て中のお母さんに告ぐ。たまには夫と子供の二人きりで外出させてみたほうがいいぞ

今日は帰省している中学時代の友人と同窓会を開催しました。お酒なしの昼間の会です。 …