「自分のことで精一杯で他人に優しくできない状況にある人」とのやりとりで意識すべきだった一つのこと

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

thumbnail.jpg

私が最近思っていることで、このブログでも最近になって何度も書いてきたこと。

それは「自分に余裕がなければ相手に優しくできない」ということですが、これは逆の立場においても考えておかなければならないことだと思います。

つまり、相手には常に優しくしたいから自分の心身のコンディションを整えておこう ということとは逆で、相手の心身のコンディションが悪い状況で、私と会話などのやりとりをする場合に不快な思いをしないで済む方法 について知っておくことが大切です。

相手の心身のコンディションを気遣う気持ちを持つこと

この場合の根本的な解決策って何なんでしょうね。

なるべく会話をしないように逃げ回ることでしょうか。

ムキになって言い返すことでしょうか。

そんなことではなく、やはり人と人とのやりとりなんですから、相手を気遣う気持ちを持つことが一番の解決策なんじゃないかと思います。

つまり、相手の心身のコンディションが悪いんだという状況を察するということです。

この、一見すると気分を害するようなツンケンした態度というのも、体調が良くないから優しく接するだけの余裕を持てないんだ。

要するにいまのこの人はいつもの状況ではないんだ。

罪を憎んで人を憎まずというように、この人そのものが悪いんじゃなくて、そういう態度に追いやっている心身のコンディションの不調が悪いんだ。

そう思えれば、心の中に出てくる言葉は「何だコイツ!(怒)」ではなくて「お大事に」というふうにずいぶんと変わってくるのではないでしょうか。

こういうシチュエーションはけっこうたくさんある

例えば夫婦のやりとりでも、兄弟のやりとりでも、いろんなシチュエーションでこういう状況ってあると思います。

私の体感としては、心の距離が近い人ほどこういう状況になりやすいと感じています。

初対面の人にいきなり不機嫌に接することってあまりないですよね。逆に気心が知れている人に対しては甘えもありますからどうしても不機嫌なら不機嫌なまま接してしまいがちです。

我が家でもそれでずいぶんと小さい喧嘩をしましたから、さすがに今では学習しましたね。

相手がいつもと違って不機嫌なとき、心身のコンディションが悪いと相手に優しくする余裕はなくなるという事実を知っていれば、「自分の感情をコントロールできないほど精一杯なんだな」ということを察することができます。

そうすれば不思議と、それほど腹は立たなくなるものですよ。

常に誰にでも優しく接することができる人は、こういうことを無意識に考えられる人なのかもしれませんね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

連続するライフイベントに伴う高額な金銭の扱いが続いて怖くなってきた

人生のなかで高額な買い物といえばやはり家、ついで自動車というのが世間の相場ではな …

【体験談】歩きスマホは「歩きながらスマホを操作すること」だけじゃない!こんなケースも危ないぞ!

私は基本的に、歩きながらスマートフォンを利用することには絶対的に反対です。理由は …

あらゆる時代の流れを目の当たりにしてきた人生の大先輩に学ぶ「変わっていくこと」と「変わらないこと」

ある80歳代の人とお話ししていて考えたこと。 その人はスマホを使いこなしている、 …

ブログで振り返る2016年のAtsushiの主な出来事まとめ。年始の抱負通りの変化に満ちた1年となりました

2016年もあとわずかです。 今年の初めに激動の1年を予感していましたが、終わっ …

35歳の誕生日を迎えて感じる自らの立ち位置の変化と迫り来るライフイベントのプレッシャーとは

私、Atsushi(@Atsushi_k0)は今年も無事に誕生日を迎えました。3 …

あなたは「ぶれない自分の軸を持つこと」の意味を勘違いしている

自分の軸を見失わないことと、他者との歩調を合わせるというのは、一見すると矛盾して …

固定観念に縛られずに建設的な逆説的思考を携える

私たちはある種の常識を補助線にして生活しています。ニュースで見る悲惨な事件や、ち …

自分が信じるものだけを武器に生きていくにはそれ相応の努力をせよ!

ふと、私が専門学生だったときに恩師が話していたことを思い出しました。今思えば、よ …

コンフォートゾーンから脱出せよ!常に冒険者であることは自分の殻を破るためには絶対必要!

コンフォートゾーン(ここではわかりやすく安全地帯とでも置き換えましょうか)からの …

凛とした人間でありたいし、そういった態度で臨む人の精神に気づける人間でありたい

私が普段から意識していることとして 凛とした人間でありたい というのがあります。 …