新年を迎えて決意を新たにしたのにいきなりつまずいたあなたへ

   

Pocket

a0002_003654_m.jpg

2016年が始まってすでに10日以上が経過しました。新年の目標や抱負を持って、気持ちを新たにスタートをきっていることと思います。で、どうですか?ちょっとは目標達成に向けて前に進んでいますか?それとも・・・やはり三日坊主で終わっているのでしょうか。

私も新年の目標は毎年たてていますが、基本的に達成したことがありません。それに今年は年始から体調不良と親戚付き合いでの暴飲暴食が続いており、仮に目標を立てたとしても「毎日ブログを書く」のようなものにするといきなり初日から達成できないということになります。てか、まさにそうなりました。

でも、気にしなくても今から始めたので大丈夫ですからね。というか、あまり新年最初に気合を入れすぎると達成できないことのほうが多いような気がします。

年始はイベント満載なのに、なぜ無理な目標とか立てるの?

よくある目標がこんな感じです。

  • 毎日筋トレしてダイエットする
  • 毎日日記を書く
  • 1日1つは英単語を覚える

他にもたくさんありますが、この「毎日〇〇する」という目標だと初日からつまづくということに私は今年、気がついたのです。

新年といってもただの祝日なんだし、特に普段と変わらないという人もいますが、田舎の方では年末年始はやることがたくさんあります。

年末は餅つきしたり、しめ縄飾りや門松を製作したり、大規模な大掃除を展開したり、年賀状を(全てではないですけど)百枚以上手書きしたり・・・。

年始はまず祝いの酒が絶えませんので、断るような無粋なことはいたしません。もはや「飲まない」なんていう選択肢は選べませんので。

これは私の例ですが、あなたにも新年ならではのイベントで決意を邪魔された経験ってあるんじゃないですか?

目標はゆるく、コンセプト程度におさえるのが私流

でも、やはり新たな年を迎えたというのは何かを始めるにはよいきっかけになることは間違いないです。なんだか新い自分を始められそうな雰囲気というのがありますよね。

なので、目標はゆるく設定しておきます。あるいはコンセプト程度のゆるさがいいでしょう。

たとえば、私の場合は新年の目標をこの記事のように立てました。

あけましておめでとうございます。新年の抱負と今後の方向性について語ります | 歳月庵

ここでは具体的な数値目標や細かな目標設定は控えており、今年の感じは「変」ですのような大まかな指針のみ設定しています。

目標がゆるいと達成できないという人もいますが、きちんと設定した人のほうが達成できる確率が高いんでしょうか。必ずしもそうではないでしょ?

すくなくとも初日からつまづいたのであれば、「今年は早くも達成できなかったなー」と意気消沈してしまうだけです。心にとっては毒でしかありません。

今からでも遅くはありませんから、コンセプトを設定しましょう。コンセプトであれば少々出遅れても、今年中にコンセプトに合ったスタイルが身につけばいいわけですから、まだリカバリーが効きます。

というか、細かい目標を設定するにしても、適切なタイミングってあると思いますよ。年始の忙しい時期に無理やり実行に移そうとして失敗するくらいなら、今から実行しましょうよ。

そしてそのアウトカムを評価するのも同じくらいの時期がいいでしょう。1年を1月1日からと設定するんじゃなくて、1月10日くらいからにしてしまえば解決です。うんうん、それがいい。

周囲にまどわされず、自分流の目標設定方法を身に付けたい

別に新しい年の目標を設定するのは1月1日じゃなくてもいいでしょう。でも周囲がそうしているからとか、それが普通だからという暗黙の了解に従って真似をしてもダメです。だって今まで散々ダメだったんですから、いきなり今年からうまくいくはずありませんよ。

今年も出遅れてしまったと感じているなら、今から始めましょう。自分を変えるのに「出遅れた」なんてさほど大きな問題ではないんですから。

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

コンフォートゾーンから脱出せよ!常に冒険者であることは自分の殻を破るためには絶対必要!

コンフォートゾーン(ここではわかりやすく安全地帯とでも置き換えましょうか)からの …

人間関係をおろそかにし続けて来た私が、死ぬほど人間関係を大切にする女性と結婚するという話

今日は人と人との繋がりを強く意識させられた1日となりましたので、それについてのお …

あらゆる時代の流れを目の当たりにしてきた人生の大先輩に学ぶ「変わっていくこと」と「変わらないこと」

ある80歳代の人とお話ししていて考えたこと。 その人はスマホを使いこなしている、 …

入浴中にシャンプーとリンスを間違えない確実な方法

おそらくどこの家庭にもあるであろうシャンプーとリンス(家庭によってはトリートメン …

季節の変わり目や職場の雰囲気に翻弄されないように自分をもういちど見つめてみる

ここ数日は妻や子供の体調も悪く、職場全体の雰囲気も悪く、その影響か私の気持ちもイ …

「木を見て森を見ず」の反対語は「森を見て木を見ず」ではない

仕事をしている後輩をみて気がついたことですが、局所に注目して観察している状態で視 …

最近のインターネット事情、「都会vs田舎」なのか「私vs世間」なのか?

ドコモからiPhoneが出てきたとき、「通信速度はどこが一番なのか?」とか「パケ …

盛者必衰の美しさはメジャーな廃墟だけじゃなくて身近にもあるよ

私は廃墟をみるとワクワクします。ワクワクというか、哀愁漂うといいますか、なんとも …

今年1年を占う新年最初の1ヶ月はどうでしたか?【Monthly description】

「はじめ良ければ全て良し」と言いますし、今年は今までとは少し違った年にしようと少 …

10月の記念日

10月は私の誕生日です。ついでに両親の結婚記念日でもあり、父の誕生日でもあり、そ …