新年を迎えて決意を新たにしたのにいきなりつまずいたあなたへ

   

Pocket

a0002_003654_m.jpg

2016年が始まってすでに10日以上が経過しました。新年の目標や抱負を持って、気持ちを新たにスタートをきっていることと思います。で、どうですか?ちょっとは目標達成に向けて前に進んでいますか?それとも・・・やはり三日坊主で終わっているのでしょうか。

私も新年の目標は毎年たてていますが、基本的に達成したことがありません。それに今年は年始から体調不良と親戚付き合いでの暴飲暴食が続いており、仮に目標を立てたとしても「毎日ブログを書く」のようなものにするといきなり初日から達成できないということになります。てか、まさにそうなりました。

でも、気にしなくても今から始めたので大丈夫ですからね。というか、あまり新年最初に気合を入れすぎると達成できないことのほうが多いような気がします。

年始はイベント満載なのに、なぜ無理な目標とか立てるの?

よくある目標がこんな感じです。

  • 毎日筋トレしてダイエットする
  • 毎日日記を書く
  • 1日1つは英単語を覚える

他にもたくさんありますが、この「毎日〇〇する」という目標だと初日からつまづくということに私は今年、気がついたのです。

新年といってもただの祝日なんだし、特に普段と変わらないという人もいますが、田舎の方では年末年始はやることがたくさんあります。

年末は餅つきしたり、しめ縄飾りや門松を製作したり、大規模な大掃除を展開したり、年賀状を(全てではないですけど)百枚以上手書きしたり・・・。

年始はまず祝いの酒が絶えませんので、断るような無粋なことはいたしません。もはや「飲まない」なんていう選択肢は選べませんので。

これは私の例ですが、あなたにも新年ならではのイベントで決意を邪魔された経験ってあるんじゃないですか?

目標はゆるく、コンセプト程度におさえるのが私流

でも、やはり新たな年を迎えたというのは何かを始めるにはよいきっかけになることは間違いないです。なんだか新い自分を始められそうな雰囲気というのがありますよね。

なので、目標はゆるく設定しておきます。あるいはコンセプト程度のゆるさがいいでしょう。

たとえば、私の場合は新年の目標をこの記事のように立てました。

あけましておめでとうございます。新年の抱負と今後の方向性について語ります | 歳月庵

ここでは具体的な数値目標や細かな目標設定は控えており、今年の感じは「変」ですのような大まかな指針のみ設定しています。

目標がゆるいと達成できないという人もいますが、きちんと設定した人のほうが達成できる確率が高いんでしょうか。必ずしもそうではないでしょ?

すくなくとも初日からつまづいたのであれば、「今年は早くも達成できなかったなー」と意気消沈してしまうだけです。心にとっては毒でしかありません。

今からでも遅くはありませんから、コンセプトを設定しましょう。コンセプトであれば少々出遅れても、今年中にコンセプトに合ったスタイルが身につけばいいわけですから、まだリカバリーが効きます。

というか、細かい目標を設定するにしても、適切なタイミングってあると思いますよ。年始の忙しい時期に無理やり実行に移そうとして失敗するくらいなら、今から実行しましょうよ。

そしてそのアウトカムを評価するのも同じくらいの時期がいいでしょう。1年を1月1日からと設定するんじゃなくて、1月10日くらいからにしてしまえば解決です。うんうん、それがいい。

周囲にまどわされず、自分流の目標設定方法を身に付けたい

別に新しい年の目標を設定するのは1月1日じゃなくてもいいでしょう。でも周囲がそうしているからとか、それが普通だからという暗黙の了解に従って真似をしてもダメです。だって今まで散々ダメだったんですから、いきなり今年からうまくいくはずありませんよ。

今年も出遅れてしまったと感じているなら、今から始めましょう。自分を変えるのに「出遅れた」なんてさほど大きな問題ではないんですから。

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

収穫の秋の到来!私が声を大にして語りたい「今年の収穫」とは #shukaku2015

11月も半ばにさしかかり、もうそろそろ今年を締めくくる季節になってきたんですかね …

凛とした人間でありたいし、そういった態度で臨む人の精神に気づける人間でありたい

私が普段から意識していることとして「凛とした人間でありたい」というのがあります。 …

専門家は「専門家」という言葉に甘えてないで専門外のことをたくさん勉強すべきだぞ

専門家っていう言葉について、最近疑問に思っていることがあります。職場の後輩たちが …

逆説的な思考はあらゆる場面で持っておくべき武器である

書籍やインターネットで得られる情報は数多くありますが、あなたはそれらを鵜呑みにし …

やりたいことがたくさんあるのに時間が足りないから、やりたいことと1日の過ごし方を可視化してみたら気づくこともあったよ

私にはやりたいことがたくさんあるのですが、残念ながら1日は24時間しかありません …

2012年12月のベストショット。思いでを引き出すトリガーとしての写真

2012年もあと数時間ですが、ここで私がiPhoneで撮影した12月の写真をまと …

あらゆる時代の流れを目の当たりにしてきた人生の大先輩に学ぶ「変わっていくこと」と「変わらないこと」

ある80歳代の人とお話ししていて考えたこと。 その人はスマホを使いこなしている、 …

なんでもかんでも一様に叱るのではなくて深い配慮のもと叱る

みなさんは人を叱ったことありますか?叱るという表現は適切でないということであれば …

今日は後輩が一人、職場を去りました

2年と10ヶ月、ともに働いてきた後輩が職場を去りました。その女性は「障がいをもっ …

私が雨の降る道を散歩するのが好きになった理由

今年は雨が多い夏でした。四国山脈がある影響か、台風が来ても風はあまり被害をもたら …