待望の第一子を授かりました。女の子です!

      2017/06/26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

妻と子

昨日の早朝に陣痛が始まり、ほぼ24時間の間ずっと病院で頑張り続けてついに我が子と対面することができました。

出産に立ち会いましたが非常に大きな感動をもらえました。

妻の頑張りには感謝してもしきれません。

出産に立ち会ってみて、それほどできることはなかった

出産に立ち会ってみての感想としては正直、男性側にできることはそれほどありません。

出産に限らず、家事やその他の雑務を行うことで妻の負担を軽くすることで間接的にサポートすることはあっても、やはり母親じゃなきゃできないこともたくさんありますし。

子どもの拠り所として非常に多くの制約や気遣いを要求されますし、いざ出産となると想像を絶する痛みと戦うのですから。

陣痛が始まってからの私にできることは指紋がなくなるまで妻の腰をさすってやることくらいでした。それでもどれほど力になれたのかわかりませんが。

妻が「かなり楽」と言ってくれたから、それこそ指が削れてなくなるくらい、数時間休憩なしでさすり続けました。正直、それくらいのことは苦痛でもなんでもありませんね。

母子ともに健康だとは言っても、母体はダメージを受けます。本当にありがとう、おつかれさまを言いたいです。

父親になった私の「父親」としての抱負は?

父としての存在感を示すことができるのはむしろ産まれてから後の話ではないかと思います。なので本日のこの記念すべき日を「新しい扉を開いた」と表現します。

「子ども」という存在があるから私は「父」という存在になれたのです。子どもがいないのに父になることはありませんよね。

なので、私を父にしてくれた・・・新しい扉を開いてくれたのは子どもです。無事に産まれてきてくれてありがとうを言いたいです。

そして、その瞬間まで頑張り抜いてくれた妻も、私を父にしてくれた最大の立役者です。もちろん数えきれないくらいありがとうを言いました。言い尽くせませんが。

家族をとりまく状況は目まぐるしく変化します

今回のように予定していたイベントでさえ、私の生活を大きく変化させていきます。

刻々と変化していく生活環境に仕事や育児、ブロガーとしての自分の居場所、色んなものをバランスさせてうまく廻るように対応していきたいと思います。

もちろん、子供をそだてていくとなると、予定調和のなかで折り合いがつくことばかりではありません。

が、まずはこの記念すべき日の余韻を楽しむとともに、新しい世界に想いを馳せたいとおもいます。

父親サイコー!

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly

  関連記事

節分は1年のなかでも特に縁起がいい日だけど、娘にとっては微妙なわけ

節分と聞いて、どんな印象を持ちますか? 別に特別な印象を持たず、普段の日常となん …

3歳のうちの娘はこんなに成長しています。子供の成長スピードは凄まじいんだから親も負けてはいられない!

娘の成長が著しいです。つい先日3歳の誕生日を祝ったばかりですが、それ以降ものすご …

マイコプラズマ肺炎に罹患した2歳半の娘の闘病記録【入院から退院まで】

5歳までにかかるであろう病気の中に、マイコプラズマ肺炎があります。 4年に1度の …

我が子を「笑顔の絶えない子」に育てるために必ず実践すべきだった一つのこと

「女は愛嬌、男は度胸」なんて言葉がありますが、男女問わず、我が子には笑顔の絶えな …

長男のお宮参りが無事に終了!祈る事を軽視しない生き方はすごく大切だと思う

先日産まれた長男のお宮参りが無事に終わりました。あいにくの雨で、七五三と時期が重 …

子どもにとっては親だって「環境」の一部なんだから、ストレスの原因にならないようにしなきゃね

最近は長女(3歳)の環境が目まぐるしく変化しています。 通い慣れた保育園から新し …

娘が幼稚園に通い始めて2週間でストレス過剰により暴君に!子どもの個性を尊重しつつ可能性を伸ばすために奮闘するのは子供よりも先生よりも親の方だ!

うちの娘は非常にのんびり屋さんです。 何をするにも時間がかかりますが、それは逆に …

新米パパになる君へ。育児だけじゃなくて家事も協力してやってほしいと思うんだ

もうすぐ私の大切な友人がパパになります。学生時代は生徒会長も務めたこともあるイケ …

私が実践している赤ちゃんが泣き止む方法と、大前提となる基本的な考え方とは

子供を持つどんな親でも、やはり我が子には笑顔の絶えない子供でいてほしいという想い …

「おとな」っていつから?私が「おとな」だと自覚する瞬間とは

子供と大人の違いとか、いつからが大人だとか、大人ってなに?みたいな話は、割とあり …