待望の第一子を授かりました。女の子です!

      2017/06/26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

妻と子

昨日の早朝に陣痛が始まり、ほぼ24時間の間ずっと病院で頑張り続けてついに我が子と対面することができました。

出産に立ち会いましたが非常に大きな感動をもらえました。

妻の頑張りには感謝してもしきれません。

出産に立ち会ってみて、それほどできることはなかった

出産に立ち会ってみての感想としては正直、男性側にできることはそれほどありません。

出産に限らず、家事やその他の雑務を行うことで妻の負担を軽くすることで間接的にサポートすることはあっても、やはり母親じゃなきゃできないこともたくさんありますし。

子どもの拠り所として非常に多くの制約や気遣いを要求されますし、いざ出産となると想像を絶する痛みと戦うのですから。

陣痛が始まってからの私にできることは指紋がなくなるまで妻の腰をさすってやることくらいでした。それでもどれほど力になれたのかわかりませんが。

妻が「かなり楽」と言ってくれたから、それこそ指が削れてなくなるくらい、数時間休憩なしでさすり続けました。正直、それくらいのことは苦痛でもなんでもありませんね。

母子ともに健康だとは言っても、母体はダメージを受けます。本当にありがとう、おつかれさまを言いたいです。

父親になった私の「父親」としての抱負は?

父としての存在感を示すことができるのはむしろ産まれてから後の話ではないかと思います。なので本日のこの記念すべき日を「新しい扉を開いた」と表現します。

「子ども」という存在があるから私は「父」という存在になれたのです。子どもがいないのに父になることはありませんよね。

なので、私を父にしてくれた・・・新しい扉を開いてくれたのは子どもです。無事に産まれてきてくれてありがとうを言いたいです。

そして、その瞬間まで頑張り抜いてくれた妻も、私を父にしてくれた最大の立役者です。もちろん数えきれないくらいありがとうを言いました。言い尽くせませんが。

家族をとりまく状況は目まぐるしく変化します

今回のように予定していたイベントでさえ、私の生活を大きく変化させていきます。

刻々と変化していく生活環境に仕事や育児、ブロガーとしての自分の居場所、色んなものをバランスさせてうまく廻るように対応していきたいと思います。

もちろん、子供をそだてていくとなると、予定調和のなかで折り合いがつくことばかりではありません。

が、まずはこの記念すべき日の余韻を楽しむとともに、新しい世界に想いを馳せたいとおもいます。

父親サイコー!

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly

  関連記事

実家に帰省した時に見つけた「春の訪れ」と「懐かしさという感覚」と「私の夢」

ここ最近は少しバタバタしていて、週末になるたびに予定がたくさん入っていたので、妻 …

育児休暇中でも家事や育児を妻だけに任せずに夫も同じくらい分担するのにはこんな理由があるのです

わが家では家事と育児をほぼ半分ずつ行なっています。厳密に労力が半分になっているか …

マイコプラズマ肺炎に罹患した2歳半の娘の闘病記録【入院から退院まで】

5歳までにかかるであろう病気の中に、マイコプラズマ肺炎があります。 4年に1度の …

長男のお宮参りが無事に終了!祈る事を軽視しない生き方はすごく大切だと思う

先日産まれた長男のお宮参りが無事に終わりました。あいにくの雨で、七五三と時期が重 …

子供の成長とともに親も柔軟に見守り方を変化させていく必要があると感じたある一日

4歳の娘と1歳半の息子の成長が目覚ましいです。 娘の三者面談では先生から大絶賛さ …

雛人形(ひなにんぎょう)を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

我が子の子育ての方針や目標を具体的な言葉で言えますか?何となくのイメージだけで子育てしていませんか?

今日は娘の幼稚園の面接がありました。今までは保育所に預けていましたが、外で遊ぶこ …

次から次へと病気に罹患する我が娘、今度はヘルパンギーナに感染したよ

娘が通っている保育所では ヘルパンギーナ と 溶連菌感染症 が流行しているようで …

3歳のうちの娘はこんなに成長しています。子供の成長スピードは凄まじいんだから親も負けてはいられない!

娘の成長が著しいです。つい先日3歳の誕生日を祝ったばかりですが、それ以降ものすご …

娘のイヤイヤ期がついに到来!赤ちゃん返りと幼稚園のストレスも重なって最高に機嫌が悪い娘とどう接するのか?

娘が保育園で過ごしていた先月までは、いま思うと手のかからない子でした。 長男が産 …