中耳炎の予防のためにも、しっかりした電動鼻水吸引器を購入しておこう

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私の娘は中耳炎になりやすい傾向にあります。なんでも鼻腔が狭いのだとか。

赤ちゃんの頃から鼻水をしっかりと吸ってあげるように、医師から言われていました。それも手動の安いやつじゃなくて、少なくとも1万円以上する、電動のものを使うようにと言われていました。

そんな時に出会ったのがこの 電動鼻水吸引器メルシーポット です。

電動鼻水吸引器「メルシーポット」がぐんぐん吸えて良い感じ

耳鼻咽喉科などに行くと、専門的な電動の機械でぐんぐん鼻水を吸い込むでしょ?あれが自宅に設置できて、しかも必要に応じて簡単に持ち運べるサイズになったと思えば想像しやすいと思います。

右側の四角い箱の部分が本体で、吸引力を生み出しています。つまみを回せば吸引力は三段階で調節可能です。

左側のコップのようなところに鼻水が溜まっていきます。途中でホースの中にこびりついて固まってしまわないように、こまめに水道水を吸い込ませるのがコツです。

そうすると、このコップのようなものはすぐに満タンになってしまいますので、こまめに捨てる方がいいでしょう。

この鼻水吸引器は、電動でパワフルなのに場所をとらずに持ち運びも簡単でいいことづくめです。特に欠点らしき箇所も見当たりません。

音はさすがに出ちゃいますが、そんなに気になるほどではありませんし、ある程度は仕方がありません。

昨年くらいまでは娘も嫌がっていたので無理やり吸引していましたが、今となってはこの笑顔です。自分で面白がってやってくれるほどですから、痛くもないし逆に気持ちいいくらいでしょう。

値段以上の満足度!一家に一台は欲しいぞ!

幼い子供さんがいる家庭であればもちろんですが、これって大人も重宝します。子供に見せるために試しに体験してみましたが、大人でも十分に吸えるレベルです。

もしかしたら物足りないと感じるかもしれませんが、あまりに強いと鼻を痛めてしまう可能性もありますから、これはこれでいいのかなと。

少なくとも子供にとっては必要にして十分の吸引力を発揮してくれています。

夜眠る時、鼻が詰まって息苦しいのか口で呼吸していて、朝起きたら声がガラガラだったなんていうかわいそうな思いをさせたくないですよね。

そんなときのためにも、ぜひ用意しておいて欲しいと思います。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 医療と健康, 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

覚えておけ!娘の3歳の誕生日と節分が同じ日になるとこうなるんだよ!、、、あれ?

私の娘は節分の日に産まれました。 誕生日はケーキの味、恵方巻きの味、豆まきの大豆 …

首にネックウォーマーを巻いて眠るという風邪の予防法がかなり効果的でオススメだよ

代表的な風邪の予防法には、うがいや手洗いなどがありますが、日常的に風邪を予防する …

睡眠不足はあらゆるパフォーマンスを低下させる!あなたは今すぐ眠るべきだ!

ありがたいことに、先日ある後輩から指摘を受けました。その内容を一言で言うと「あな …

デジタル認知症を予防するために実践しているちょっとした3つのコツ

「デジタル認知症」という言葉を耳にするようになってから、少し自分でも対策を試みる …

夫は家事や育児を率先してやるべきなんだよ!さあ、いますぐ目の前の皿を洗いたまえ!

子供を持つ夫で、積極的に家事や育児を手伝う人ってどれほどいるんでしょうか。イクメ …

待望の第一子を授かりました。女の子です!

昨日の早朝に陣痛が始まり、ほぼ24時間の間ずっと病院で頑張り続けてついに我が子と …

マスクを使いすぎて耳が痛いと感じたら試してほしい対処方法とは

おそらく誰しもが一度は使ったことのあるマスク。インフルエンザが猛威を振るう季節や …

常に健康に気をつけている私があっさり感染性胃腸炎にかかった3つの理由

先週末は感染性胃腸炎にかかってしまい、すべての予定をキャンセルして寝込んでいまし …

赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る

わが家には、予定では来月にも二人目の子供が誕生する予定です。今のところ定期健診で …

授業参観では子どもの「普段の姿」はみられない。普段からの幼稚園とのコミュニケーションを億劫に思わずに密に行おう

今年の4月から長女が幼稚園に通い始めて、はや6週間が経過しました。 ちょうどその …