子育てでもそれ以外でも、自分の弱さや至らなさを自覚して認め、受け止めるのはとても勇気がいるけど素敵で大切なこと

先日の週末に、毎年恒例の家族限定BBQを実家の庭先で楽しみました。昼間からお酒を飲みながら食べまくるという夢のようなイベントです。

毎年のことですので、家族で予定を合わせながら参加するのですが、そこでちょっと反省すべき出来事がありました。

以前から自覚はありましたが、自分の弱い部分に関わることですから目をつぶってきたというのも事実です。でもそれじゃダメなんですよね。

どうしても幼い娘を強い言葉で制止してしまう

自分の無意識のクセを修正するには、まず自覚するところからはじめよう

今回のケースだと、娘に大きな声で強い口調で指摘したというところが問題です。つまり怒鳴ったということです。

べつに悪意があったわけじゃないんですが、とっさの時ってついつい声が大きくなっちゃうんですよね。

プラス思考で捉えると、こういうふうにも言えますけどね。でも、娘が恐怖を感じるレベルでしたからやはり望ましいことではありませんでしたね。

今回はあとでしっかりと反省して振り返る時間がありましたので、自分の非を認めるところまで思考を走らせることができました。

難しくもありますが、まずは自分を内観して非を認め、改善していく心構えを構築するという過程を踏まないと先には進めません。

娘の成長は目覚ましく、冒頭の写真にもあるように食器洗いまでこなすほどになりました。

ならば私も一歩ずつ「親」として、娘に負けないように成長していきたいものです。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です