覚えておけ!娘の3歳の誕生日と節分が同じ日になるとこうなるんだよ!、、、あれ?

   

Pocket

私の娘は節分の日に産まれました。

誕生日はケーキの味、恵方巻きの味、豆まきの大豆の味、そして、、、

鬼サンノ恐怖ノ味ダヨナァ!!

3歳の誕生日にも「鬼さん」が襲来した。そのとき娘は、、、

和ヤカニ団ランナド生ヌルイワァ!

今年モオマエヲ恐怖ニオトシイレテヤルゾ!

サァ!ワルイコハイナイカァ!!

ウォアァァァァ!!

、、、アレ?

案外泣かなかった。少しは泣いたけど。

妻が用意したお面があまり怖くなかったからかな?むしろ、、、カワイイ。

確か去年は、、、

そうそう、こんな感じで、まるで世界の終わりかのように泣きまくっていたのに。

やっぱりお面がかわいすぎたのかな?

それともちょっぴり成長したのかな?

さて、ゴハンにしよう٩( ‘ω’ )و

手巻き寿司を団らんしながら食べたよ

恵方巻きの文化は我が家にはありません。でもまぁなんとなく流れに沿う形で手巻き寿司をチョイスしました。

黙って黙々と食べるなんて我が家ではまだ無理ですし、そのつもりもないですけどね。

去年まではこういうのはほとんど食べなかったのに、今年はモグモグ食べていました。

これは成長したとみていいでしょうね。

そしてお約束のケーキ。

ケーキも去年は一口も食べなかったのに、今年はほとんど完食しました。

こうしてみると、1年という期間でけっこう成長したんだなぁと感慨深くなりましたよ。

息子に手をとられることに甘えず、娘にも変わらぬ愛を

プレゼントも喜んでくれたし、無事に3歳のお誕生日を祝うことができました。

ただ、最近は息子に手をとられることも多くなり、知らず知らずのうちにそれを理由にして、娘にかまってあげられないことも増えてきました。

こういった誕生日イベントももちろん大切ですが、もしかしたら普段から変わらずに愛してあげることの方が、娘の望みなのかもしれません。

これは親の努力でどうにでもなることですから、反省しつついっぱい愛してあげたいと思います。

ともあれ、娘の4年目の人生にも幸多かれと祈りつつ、こちらも親の努力でどうにでもしてあげられるわけですから、努力していこうと想いを新たにしたのでした。

参考:去年の誕生日の模様はこちらです。

節分は1年のなかでも特に縁起がいい日だけど、娘にとっては微妙なわけ | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

娘が1歳の誕生日を迎えたということは、ひな人形を今年も飾る季節がやってきたということだぞ!!

私の娘は節分の日(2月3日)に生まれました。1年のうちで最も邪気がない日というこ …

「おやすみ、ロジャー」という話題の絵本を、今まで読み聴かせをしたことがない我が子らに試してみた

巷で話題の おやすみロジャー という名の絵本。 寝ながら読み聞かせると、驚くほど …

私が赤ちゃんの名前を考える際に考慮した5つの基準とは

妻のお腹の中で第2子となる男の子がスクスクと成長しているのですが、名前をどうしよ …

「おとな」っていつから?私が「おとな」だと自覚する瞬間とは #EdgeRankBloggers

子供と大人の違いとか、いつからが大人だとか、大人ってなに?みたいな話は、割とあり …

3歳のうちの娘はこんなに成長しています。子供の成長スピードは凄まじいんだから親も負けてはいられない!

娘の成長が著しいです。つい先日3歳の誕生日を祝ったばかりですが、それ以降ものすご …

なんでもかんでも一様に叱るのではなくて深い配慮のもと叱る

みなさんは人を叱ったことありますか?叱るという表現は適切でないということであれば …

ひな人形を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

突発性発疹で泣きじゃくる娘に効果的な、ただ1つ対応策とは

娘は今、ちょうど1歳4ヶ月になりスクスクと育っています。しかし可愛いですね。なん …

子どもを優先することと自分を犠牲にすることは必ずしもイコールではないんだよ

かわいいわが子を見ていると、自分のことなんてどうでもよくなることってありませんか …

新しい扉を開きました

昨日の早朝に陣痛が始まり、ほぼ24時間の間ずっと病院で頑張り続けてついに我が子と …