覚えておけ!娘の3歳の誕生日と節分が同じ日になるとこうなるんだよ!、、、あれ?

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私の娘は節分の日に産まれました。

誕生日はケーキの味、恵方巻きの味、豆まきの大豆の味、そして、、、

鬼サンノ恐怖ノ味ダヨナァ!!

3歳の誕生日にも「鬼さん」が襲来した。そのとき娘は、、、

和ヤカニ団ランナド生ヌルイワァ!

今年モオマエヲ恐怖ニオトシイレテヤルゾ!

サァ!ワルイコハイナイカァ!!

ウォアァァァァ!!

、、、アレ?

案外泣かなかった。少しは泣いたけど。

妻が用意したお面があまり怖くなかったからかな?むしろ、、、カワイイ。

確か去年は、、、

そうそう、こんな感じで、まるで世界の終わりかのように泣きまくっていたのに。

やっぱりお面がかわいすぎたのかな?

それともちょっぴり成長したのかな?

さて、ゴハンにしよう٩( ‘ω’ )و

手巻き寿司を団らんしながら食べたよ

恵方巻きの文化は我が家にはありません。でもまぁなんとなく流れに沿う形で手巻き寿司をチョイスしました。

黙って黙々と食べるなんて我が家ではまだ無理ですし、そのつもりもないですけどね。

去年まではこういうのはほとんど食べなかったのに、今年はモグモグ食べていました。

これは成長したとみていいでしょうね。

そしてお約束のケーキ。

ケーキも去年は一口も食べなかったのに、今年はほとんど完食しました。

こうしてみると、1年という期間でけっこう成長したんだなぁと感慨深くなりましたよ。

息子に手をとられることに甘えず、娘にも変わらぬ愛を

プレゼントも喜んでくれたし、無事に3歳のお誕生日を祝うことができました。

ただ、最近は息子に手をとられることも多くなり、知らず知らずのうちにそれを理由にして、娘にかまってあげられないことも増えてきました。

こういった誕生日イベントももちろん大切ですが、もしかしたら普段から変わらずに愛してあげることの方が、娘の望みなのかもしれません。

これは親の努力でどうにでもなることですから、反省しつついっぱい愛してあげたいと思います。

ともあれ、娘の4年目の人生にも幸多かれと祈りつつ、こちらも親の努力でどうにでもしてあげられるわけですから、努力していこうと想いを新たにしたのでした。

参考:去年の誕生日の模様はこちらです。

節分は1年のなかでも特に縁起がいい日だけど、娘にとっては微妙なわけ | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

有名テーマパークより、豪華な旅行より、近所の公園の方が子供の満足度は高いみたい

幼稚園(娘)や保育園(息子)がお休みの時は、面倒を見るために仕事を休んで1日付き …

妻が育児休暇中の共働き家庭では、夫も妻も「家事や育児の分担」を柔軟に変化させて笑顔で乗り切ろう

わが家は共働きです。なので基本的には家事もほぼ半分ずつ割り振って協力してこなして …

実家に帰省した時に見つけた「春の訪れ」と「懐かしさという感覚」と「私の夢」

ここ最近は少しバタバタしていて、週末になるたびに予定がたくさん入っていたので、妻 …

子どもを優先することと自分を犠牲にすることは必ずしもイコールではないんだよ

かわいいわが子を見ていると、自分のことなんてどうでもよくなることってありませんか …

子どもにとっては親だって「環境」の一部なんだから、ストレスの原因にならないようにしなきゃね

最近は長女(3歳)の環境が目まぐるしく変化しています。 通い慣れた保育園から新し …

我が子の子育ての方針や目標を具体的な言葉で言えますか?何となくのイメージだけで子育てしていませんか?

今日は娘の幼稚園の面接がありました。今までは保育所に預けていましたが、外で遊ぶこ …

長男のお宮参りが無事に終了!祈る事を軽視しない生き方はすごく大切だと思う

先日産まれた長男のお宮参りが無事に終わりました。あいにくの雨で、七五三と時期が重 …

卵アレルギーの子供のおやつには安心の「源氏パイ」がオススメ

私の娘は卵アレルギーがありまして、今まで卵を食べさせてきませんでした。 一度だけ …

夫は家事や育児を率先してやるべきなんだよ!さあ、いますぐ目の前の皿を洗いたまえ!

子供を持つ夫で、積極的に家事や育児を手伝う人ってどれほどいるんでしょうか。イクメ …

授業参観では子どもの「普段の姿」はみられない。普段からの幼稚園とのコミュニケーションを億劫に思わずに密に行おう

今年の4月から長女が幼稚園に通い始めて、はや6週間が経過しました。 ちょうどその …