ありすぎて困る「ちから」というのはほとんど存在しない説

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポーツ観戦は基本的に好きです。また、観るだけではなくて実際にスポーツをするのも好きです。

ただ、最近は競技スポーツではなくてフィットネスで体を鍛えるのがお気に入りです。

鍛えている時にふと思ったのが、ありすぎて困る「〇〇力」ってあるんだろうか?ということ。

力はありすぎて困ることはない

私は国語の先生ではないので確実なことは言えませんが、「〇〇力」といった感じの「力」がつく言葉で、それがありすぎて困ったり悪影響が出る言葉って案外少ないと思います。

筋力、体力、精神力、経済力、包容力、創造力、影響力、忍耐力、、、

まぁ、感染力とか悪いイメージの言葉もあるにはあるんですが、あまり多くは思い浮かびませんね。特に「自分が手に入れることのできる力」に限定すれば、ネガティブな力はそう多くないと思います。

そして力はただの力でしかなく、使い方を決めるのは自分自身です。それ故に力はありすぎることそのものは大して害にならないのかなと。

私もトレーニングで筋力、体力、精神力などなど鍛えております。同じく鍛えている人は多いと思いますが、その力を何に使いますか?

力は誰かと競うためではなく自分と競うために

オリンピック、パラリンピックや世界陸上などではやはり他の選手と優劣がつきまとうものですから、負けたくないという強い想いで練習しているのだと思います。

ただ、同時に「自己ベスト更新」とか自分自身との戦いであるという側面もありますね。自分自身の記録に打ち勝つつもりで練習を繰り返して、結果的にライバルたちにも勝ってるみたいな。そんなこともあり得るでしょう。

私は(甘っちょろいと言われるかもしれませんが)他人と競うのが苦手です。勝っても負けても心が痛いというか、、、素直に他の人たちみたいに感情を爆発させることができません。

代わりに、個人競技でコツコツ練習するのは大好きです。覚えているいちばん昔の出来事では、生まれて初めて自転車に乗れた時とか、逆上がりができた時とか。

昔「ハイパーヨーヨー」とか流行りましたが、指がちぎれるくらい練習しても全然苦ではなかったですし、できなかった技が出来るようになった時の感情の爆発する快感は病みつきになります。

最近ではスノーボードですね。こっそり一人で練習して、一度も転倒することなくふもとまで降りてこられた時の嬉しさは言葉では言い表せないくらいです。代わりに共感してくれる人もいませんがwww

この先もいろんな力をつけていきたい

筋力トレーニングの話に戻りますと、別に将来何かを目指しているわけではありませんし、明確なゴールがあるわけではありません。

物事を達成するためには自分の現在地点と到達すべきゴールを明確にすべきとの意見もありますが、私の筋力トレーニングにはそういったものはあまり当てはまらないのかなーと。

なので今のところ「昨日の自分に打ち勝つために」とか「明日の自分に追いつくために」みたいなカッコいいことを念頭に置いていません。

ただ、自分のコンプレックスだった「細身の身体」と「弱い筋力、体力」をどうにかしようという軽い気持ちで始めたものですから、どうなれば満足なのか自分でもよくわかりません。

運動後の爽快感を味わいたいだけなのかもしれませんし、自分のことなのに自分がよくわかりませんが、結局のところ「力はありすぎても困るものではない」という考えを胸に、細々と筋力トレーニングを続けていきたいと思います。

また、できるだけ色んなことにもチャレンジして、色んな力を付けていきたいです。いわゆる「総合力」ですね。

そしてこうやって身につけた力を他人と競うためではなくて自分のために、他人のために使えたら嬉しいですね。

あらら、完全にオチのない話になってしまったx(

次の記事はこちら:

痩せすぎて困っている人がたくましいマッチョ体型になるには、やはりたくさん食べることが大切だと気づく【経過報告】 | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ボディメイキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

健康な身体を保つために筋トレ生活を再開したので現在の私のスペックを晒してみる

先日はこんな記事を書きました。 トップダウン式に欲しいものの優先順位を考えると行 …

筋トレでボディデザインするなら、目指すべき具体的なイメージを持って行なうべき

年末年始は風邪をひいてしまい、体力のなさを痛感しました。今年こそは体力づくりを本 …

筋トレを10年以上継続してわかった大切なことは「効かせること」と「感じること」

キャリアだけは長くなってきた筋トレ生活ですが、ただ盲目的に継続するだけではなくて …

痩せ型の人間がたくましい体になるために食べる量を増やすのは、太っている人が痩せようと食べる量を減らすのと同じくらい辛いと気づく【経過報告】

毎月初めに私が暴飲暴食の結果、身体がどのように大きくなっていったかをお示ししてい …

痩せすぎの私がマッチョになるためにはトレーニングと食事量のバランスが超絶大事

私の身体をマッチョにすべく開始した取り組みとして、暴飲暴食 というのがあります。 …

痩せ型の体型の私が筋肉をつけるために暴飲暴食してみた結果は?

「生まれてこのかた、太ったことがありません!」なんて言ったら、かなり叩かれるんで …

今年に入って誓いを新たに取り組んでいる「ボディメイキング」の進捗状況

毎年恒例のボディメイキングについての記事を今年の1月末に懲りもせずにまた書きまし …

健康はお金では買えないから「筋トレ生活」を2017年も決意した。まずは身体を慣らすことから

体力がないよりある方がいいに決まっています。ただ、私も毎年初めに決意するものの、 …

瘦せ体型の人が筋トレで効果をあげたいなら、栄養は筋トレよりも大切

筋トレを本格的に開始してからはや10年が経過しました。 途中で挫折したり悩んだり …

私がヨガや筋トレを行う根本的な理由とは

当ブログには筋トレやヨガなどの、主に身体を動かすカテゴリーがあります。 もちろん …