ヨガやアーユルヴェーダの知識をまとめるのに最適なモレスキンのドットノートブック(ドット方眼)ハードカバーの良さとは

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ヨガアーユルヴェーダのワークショップやセミナーを受講していくと、知識や技術がどんどん入ってきます。

そうすると怖いのが、受講することで「学んだつもり」になってしまうこと。受講することそのものに満足してしまい、復習して学びを深める決意が一瞬で消えてしまうことです。

私もそれほど意志が強いわけではないと自覚しているので、必要な学びから逃げ出せないように退路を断つつもりでこの モレスキンのドットノートブック(ドット方眼)ハードカバー を購入しました。

これに、今まで学んだことを全て手書きで記録していこうと思います。

まずは開封の儀から

最近は断捨離に力を入れているので、こういった文房具を買うのは久々です。

開封の儀なんて、最近いつやったのかな?

モレスキンには他にも無地(真っ白:プレーンノートブック)、方眼(線の方眼:スクエアードノートブック)、横線(大学ノートみたいなやつ:ルールドノートブック)があり、このドット方眼は最近ラインナップに加わったものです。

それぞれにハードカバーとソフトカバーがあり、サイズもポケットサイズ、ラージサイズ、XLサイズがあります。

とりあえず裏面もパチリ。

サイズはここにも書いてある通り13×21cmですから、iPad miniとほとんど同じサイズということになりますね。私のは iPad Air なんですけど。

帯の裏はこんなふうになっています。イマイチ用途がわからないのですが、いずれにしても私には無用な機能のような気がします。

1ページ目はこんな感じです。

万が一、紛失した時の連絡先と謝礼について、持ち主が記載しておく箇所です。それほど情報というものを大切に扱いましょうということでしょうね。

実際、なくなったらすごく困ります。せめて連絡先だけでも書いておいた方がよさそうですね。

中身はこんな感じです。しおり っていうのかな?1本だけ標準装備されています。

書きかけのページや目当てのページに挟んでおくといいでしょう。

これです、ドット方眼。私の調べ方が甘いのでなければ、このドット方眼は他ではなかなかみられないと思います。

今回はヨガやアーユルヴェーダの知識をまとめる目的ですので、 文章とイラスト を両方書く予定ですから、これがいちばん適していると考えました。

最後のページにはマチ付きのポケットもあります。ちょっとしたメモなんかを入れておくのにすごく良さそうです。

ビジネスマンであれば、もらった名刺なんかを一時的に入れておくとかできそうですね。

なぜモレスキンを選んだのか

モレスキンのノートブックは世界的に有名ですから、インターネットで検索するとたくさんの情報を得ることができるでしょう。

そういった人たちがモレスキンを選び続ける理由というのとはちょっと違った視点で、私はこのノートを選んでいます。

書く場所を選ばないハードカバー

ヨガの練習中にメモを取ったり加筆修正したいと思った時、ヨガマットの上やスタジオの床の上だとちょっと書きにくいと思うことがあります。

とくにページ数の少ないノートだと、なんだか落ち着いて書けないんですよ。

でもこのモレスキンのノートはハードカバーなので、メモする場所を選びません。立ったままでもしっかりメモできますから心強いです。

覚えておいて後でメモしようと思っても、インスピレーションを受けたことや急にひらめいたアイデアは、同じくらい一瞬のうちに頭を通り過ぎて忘れてしまいます。

せっかくのアイデアを逃さないためにも、いつでもどこでも書ける というのはものすごいメリットです。

ページ数が多いのでまとめるのに向いている

私が今回選んだラージサイズのドット方眼ノートは240ページあります。普通の大学ノートよりもページ数が多いです。

一つのことをまとめるにあたって、冊数が多くなるとあとで読み返すときや急に調べたいことが出てきた時に所持していないというリスクが高まります。

気持ちが高まっている時に手元にないというのは致命的です。そういう熱というのはすぐに冷めてしまいますからね。

たくさんのノートを所持するよりも、これだけで済む というのは大きなメリットになると思います。

値段が高い

モレスキンのノートはこれで2冊目です。1冊目は一番サイズの小さいポケットサイズを選びました。

参考:モレスキンのスクエアードノートブックを購入しました | 歳月庵

その時も思いましたが、同じサイズの他のノートと比べても、モレスキンのノートははっきり言ってべらぼうに 価格が高い のです。

正直なところ私は、その価格に見合う価値を未だに見出せずにいますが、私にとっては高い買い物をしたことにより、途中で安易に諦めないための予防線をはることができています。

私の後輩は同じようなハードカバーでゴム止めができる手帳を100円均一のお店で購入しています。

それとモレスキンとの性能の違いはわかりませんが、私の性格上、100円均一のノートだとすぐに面倒くさいとかいう理由で諦めてしまうと思います。

価格が高いというのは、普通はデメリットに数えるべきものなのかもしれませんが、私にとってはプラスに働いています。

昔からずっと変わらないデザイン

大学ノートとかだと、いきなりデザインの変更があると思います。同じ内容をこの先もずっと学んでいくにあたって私の性格上、ノートのデザインはなるべく統一しておきたいと思います。

同じ内容について書いてあるノートが本棚に並んでいるはずなのに、デザインがバラバラの大学ノートがある状態はすごく落ち着かないんですよね。

こういう経験って誰しもあるんじゃないかと思います。

モレスキンのノートは昔から変わらないデザインになっています。バリエーションとして表紙の色が違うものやキャラクターとのコラボレーションモデルもあるにはあるんですが、ベーシックな黒のノートブックであればいつでも手に入ります。

私にとっては飽きのこない黒の表紙のノートブックがいつまでも手にはいるというのは大きなメリットとなっています。

アナログノートのメリットを活かす

正直、ヨガやアーユルヴェーダで学んだことはこのブログにも全て書いていくつもりですし、デジタル時代ですからPCやスマホにメモしてあとで見返すということもできるでしょう。

でも、アナログにはその良さがあります。

参考:再考すべきデジタルとアナログのメリットとデメリットは | 歳月庵

特に今回のように学びを深めるという目的であれば、デジタルよりもアナログの方が適しているように思います。書くということは頭に知識を残すということを考えると、デジタルよりも良い方法ではないでしょうか。

逆に記憶ではなくて記録を目的にするなら、デジタルデータとして残しておくことにもメリットはあります。でも過信するとデータが消し飛んでしまうという災難に見舞われた際に本当に何も残りません。

参考:デジタルに依存しすぎると災害時・停電時に活動が停止してしまうという恐怖を自覚せよ | 歳月庵

また、これだけデジタル社会になった今でも根強く残る偏見というのもあります。スマホやタブレット端末でメモをとっていると遊んでいるのと勘違いされるというやつです。

参考:アナログ手帳とデジタルデバイスを「融合」するより「共存」へ向かわせることのメリットとは | 歳月庵

さらに、デジタルに依存しすぎると現代病とも言える脳の劣化が起こってしまいます。

デジタルの方が便利だと思い込んで依存しすぎないようにしないといけません。

参考:スマホ依存症の人は「デジタル認知症」にご注意を | 歳月庵

参考:デジタル認知症を予防するために実践しているちょっとした3つのコツ | 歳月庵

いずれにしても、デジタルとアナログのメリットとデメリットをうまく組み合わせて、最良の結果を得ることが大切です。

参考:私があなたに手帳とペンの携帯を勧める3つの理由 | 歳月庵

でも本当は、タブレット端末やスマホを見ながらヨガの練習をするというのに抵抗があるというのが一番の理由でもあるんですけどね。

ずっと変わらず続いていくノートがヨガの記録にふさわしい

遥か昔から受け継がれているヨガやアーユルヴェーダの学びに終わりはありません。

参考:ヨガが生涯学習に向いているわけ | 歳月庵

そして、同じく昔から変わらず存在し、今後も変わらず存在し続けるであろうモレスキンのノートブック。

私の学びを今後も記録し続けていくノートとしては申し分ありません。

このノートの良さは、手にとって初めてわかる部分も多くありますので、ぜひ実際に手にとって触れてみてほしいと思います。

きっとすぐにこのノートの魅力に気づくはずですよ。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「自分に余裕がないと他人には優しくできない」という事実を意識すれば行動は変わりませんか?

自分の心にゆとりがないと他人には優しくできないというのは、おそらく多くの人が知っ …

ヨガの基本である「呼吸瞑想」はまず最初にマスターすべきだぞ

ヨガって学び始めることはあっても学び終えることはないと言われるほどに奥が深くて、 …

「考える」ことよりも「感じる」ことを大切に生きてみよう

前回は「知る」ことと「わかる」ことは違うということを書きました。言葉遊びのようで …

ヨガの学びで気付いた、様々な自分の立場をうまく配分させること

自分は自分、世界に一人だけの存在です。それは疑いようもない事実ですね。でもいろん …

「ワナカムヨガスクールのハタヨガ基礎講座」継続学習@愛媛2015.03.01参加レポート

このワークショップに参加するのは今回で3回目ですが、いつも新しい気づきがあります …

健康な生活を送るためにヨガの持つ効能を再考する

私は約10年ほど前からヨガを学んでいます。 最初は気持ちいいとかリフレッシュでき …

いつもと違うものを選ぶだけであなたは成長する

いつもの行きつけの飲食店で、いつもと同じものを注文する。顔なじみのショップでいつ …

ほとんどの人ができていないけど、呼吸で重視すべきなのは吸うことよりも吐くことだよ

ヨガにおいて、呼吸は最も基本的なものであり大切なことであるということをこのブログ …

将来の夢の一つである「ヨガ講師」を実際に今やってみて感じたこととは

私の密かなる目標である「ヨガ講師」。 最初は単なる趣味で始めたヨガでしたが、その …

「ワナカムヨガスクール継続学習@愛媛」に参加してきたよ

昨年に引き続き今年も参加してきましたよ、2014.6.21~22に開催されたマス …