【体験談】筋トレに必要な栄養素ばかりに注目していると健康的な肉体は手に入らないよ

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今日、職場の食堂で後輩と食事をしていると、同じメニューのはずなのに明らかに量の配分が違うということに気がつきました。

聞くと、タンパク質は筋トレをしているのでたくさん摂りたいけど、酸っぱい野菜のおかずは苦手なのでほとんどとらない というのです。

これを聞いたときにちょっと違和感を覚えました。

筋肥大に特化した栄養配分だけで筋肉は効率良く成長するのか

筋肥大 栄養素 などというキーワードでググってみると、まずはプロテインのことが出てくると思います。

それから炭水化物や脂質とタンパク質とのバランス、摂取のタイミングなど。

たしかにこれらの3大栄養素というのは注目されやすい部分だと思います。

ただ、食事として人間が口から摂取するものはそれだけではないはずです。

ビタミンやミネラルも、当然ですが考慮に入れるべきです。

中には直接的には筋肥大に関係ないものもあるでしょう。

でも、私は(筋トレに関しては)これらの脚光を浴びることの少ない部分にも、同等にもっと注意を払うべきだろうと思っています。

まずはトレーニングを実施できる健康状態を保つことが先決

私は以前から筋肉トレーニングを継続して実施してきました。

ただ、もともと食が細いということに加えて、運動後はバテてしまって食事を摂れないなんていうことも日常茶飯事でした。

摂取カロリーや栄養素が足りないことで、健康のために運動しているのに風邪をひいてしまうということを繰り返していました。

当然ですが、風邪をひいて苦しい時はトレーニングなんてできません。まずは健康状態を回復させることに終始しますし、その間は筋肉は休止状態ですから痩せてしまいます。

こんなことを数年にわたって続けていました。

なので、まずは運動ができる健康状態を保つ ということの大切さを誰よりも感じているのです。

筋トレで作り上げるべきなのは筋肉だけではない

たとえばカルシウムやビタミンDなどのミネラルやビタミンというのは、筋トレをしている人にも大切なものです。

筋肉をしっかりつけるための、しっかりとした骨格を持っていないと怪我をしてしまいかねません。

健康な肉体というのはトータルバランスであり、ある特定のものだけにフォーカスしすぎるというのはアンバランスな身体をつくってしまうことにつながります。

運動の負荷にしっかりと耐えられる骨格を持っていてはじめて筋トレが成立するのだと考えています。

でも健康的で男らしい、筋肉がしっかりとついている肉体を手にいれたいと思う時、どうしてもタンパク質やBCAAなどの筋肥大にフォーカスした栄養素というのを優先してしまいがちです。

もちろん高負荷でのトレーニングにおいてはそれらの栄養素は普段の食事で摂取する以上に必要なものだと思います。

だからといって、脚光を浴びていないものを減らしたり、なくしたりするというのは怪我の元、病気の元になるのではないでしょうか。

まずはバランス良く3食きっちり食べろ!まずはそれからだ!

普段の食事のバランスを考えて、3食をきっちりと食べること。そのうえで、トレーニングに不足している栄養素を補うというのが正しい栄養の摂り方です。

専門書や雑誌で得た知識というのは、誇張表現ともとれるような偏り方をしているように思います。

筋トレ=プロテイン

これを間違いというつもりはありませんが、まずは健康的な食生活が保たれているという大前提があってのものです。

この後輩はそれに気がついていなかったのです。

一応の忠告はしました。

怪訝そうな顔をしていた後輩には、健康的で魅力的なボディメイキングができるように、健全な常識が働くことを祈っています。

 - ボディメイキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」を2ヶ月間続けてみた結果

ちょうど1ヶ月前に、 「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるす …

痩せ型の体型の私が筋肉をつけるために暴飲暴食してみた結果は?

「生まれてこのかた、太ったことがありません!」なんて言ったら、かなり叩かれるんで …

瘦せ体型の人が筋トレで効果をあげたいなら、栄養は筋トレよりも大切

筋トレを本格的に開始してからはや10年が経過しました。 途中で挫折したり悩んだり …

痩せすぎの私がマッチョになるためにはトレーニングと食事量のバランスが超絶大事

私の身体をマッチョにすべく開始した取り組みとして、暴飲暴食 というのがあります。 …

腕立て伏せをいくらやっても効果が出ないという人は必見!実際に体験してみつけた自重トレーニングの3つのコツ

今年に入ってからは、自重トレーニングで健康的な身体を作り上げていこうと取り組んで …

【検証中】痩せている人がマッチョになりたければ、一番力を入れるべきなのはトレーニングじゃなくて食事だ!

以前からコンプレックスだった細身の身体を克服しようと、現在は食事の量を激増させて …

ありすぎて困る「ちから」というのはほとんど存在しない説

スポーツ観戦は基本的に好きです。また、観るだけではなくて実際にスポーツをするのも …

健康はお金では買えないから「筋トレ生活」を2017年も決意した。まずは身体を慣らすことから

体力がないよりある方がいいに決まっています。ただ、私も毎年初めに決意するものの、 …

筋トレでボディデザインするなら、目指すべき具体的なイメージを持って行なうべき

年末年始は風邪をひいてしまい、体力のなさを痛感しました。今年こそは体力づくりを本 …

私がヨガや筋トレを行う根本的な理由とは

当ブログには筋トレやヨガなどの、主に身体を動かすカテゴリーがあります。 もちろん …