あなたのMacBook Airは大丈夫?Appleがフラッシュストレージドライブ交換プログラムを発表。放っておくとデータ消失の可能性も。

パソコンを検索

えっ?壊れちゃうの!?

MacBook Air(Mid 2012)の64GBと128GBのSSDの一部にデータが消失する恐れがあるということです。

私のMacBook Airはバッチリ該当します

私のMacBook Airは2012年のMidで、128GBのSSDを搭載しています。バッチリ当てはまります。

今のところデータが消失したというような不具合はないのですが、今後そういうことが起きるのでしょうか。

まぁ無償で対応してくれるということなので「MacBook Airフラッシュストレージファームウェアアップデート1.1」を実行してみて、無理ならAppleで無償交換という流れになりそうですが、もし「無償交換」になった時がちょっと困りますね。

以前にMacBook Airにウイスキーをこぼしてしまい、修理を依頼する時にかなりの時間を要しました。その時はWindowsのPCで代用しながらブログ執筆もしていましたが、今となってはWindowsはオブジェとして活動していますので、MacBook Airがないと困りますからねー(●´⌓`●)

でもデータが消えちゃうよりはマシでしょうから、早めの対応が必要なようですね。

今のところ(2013年10月19日)全部英語ですが、プログラムの詳細はコチラ↓↓↓

MacBook Air Flash Storage Drive Replacement Program

参考記事

Apple、「MacBook Air フラッシュストレージドライブ交換プログラム」を発表

 

 

追記(2013年10月20日):先ほど地元のApple正規販売店に電話したところ、依頼が殺到しているようです。最大で1ヶ月くらい時間がかかるようですので、その間はMacBook Airが使えません。ブログのメインエンジンとして活躍しているMacBook Airが1ヶ月使えないのは私的にはものすごく困りますから悩みますねー。

【スポンサーリンク】