情報ダイエットという名の断捨離でライフスタイルをデザインする

      2015/10/30

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

unsplash_52bf2bb8d2dd0_1

私のブログのタイトル「歳月庵」のサブタイトルが「ライフスタイルをデザインするすべての人へ」となっています。(現在は変更しています)。コロコロ変わっていましたが、おそらく私がこのブログを通して発信したいことって結局こういう一言に集約されるのかなーと思っています。

そして先日、購読している大好きなブログのひとつにこのような記事がありました。

情報ダイエットという名の断捨離

表現の違いだけで、私と言いたいことは同じだなぁと感じられる記事が、最近多く見受けられます。

[L] 情報ダイエットで人生を軽くする | Lifehacking.jp

 

こんなことって多くないですか?いつも読んでいるブログから、自分が思っていたことや記事に書いたことと同じようなタイミングで同じような内容の記事が出てくること。

こういうことを考える時って、みんな同じようなことで、似たようなタイミングで悩んでいるんだなーと感じることが最近多いです。シンパシーですね。

こちらのブログでは「情報」というキーワードの範疇での断捨離を「情報ダイエット」として見直してみようという取り組みをご紹介いただけるということで非常に楽しみです。

そうやってインプットしている情報を取捨選択していくことで生まれる余裕というのは、さらに猛烈な勢いで追い討ちをかけてくる巨大な情報の波にかき消されてしまいがちですが、そのあたりをどうやって解決するのかというのが非常に興味があります。

誰しもが無意識に行う「ライフスタイルのデザイン」を意識的に

おそらく誰しもが、今の生活よりもより快適に便利に、心地よく自分の思うように取捨選択してデザインしていることと思います。でも具体的にどんな風に?って言われると、個別の事象は答えられても、どんなコンセプトで行っているのかという点については意識してみないとはっきりとは答えられないのではないでしょうか。

当ブログではそのコンセプトを明確にしつつ、まずは自分の生活を見直してどういう「Life」を目指しているのかというのを表現できればいいかなと思っています。

「Life」とは、「生命」「人生」「生活」といった意味があり、それぞれのレベルでデザインすべきことがありそうですね。今や「生命」「人生」「生活」のいずれのレベルにおいても情報が欠かせない時代となりました。「情報ダイエット」で得られる恩恵は非常に大きいものと考えられますので、非常に楽しみですね。

inspired by:

[L] 情報ダイエットで人生を軽くする | Lifehacking.jp

 - 断捨離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ポイントカードやクレジットカードの断捨離で精神的にもスッキリしよう

私はもらったポイントカードが捨てられない人間です。明らかにもう来ないだろうなーと …

断捨離ってパートナーの協力がないと難しいの?に対する私の答えとは

私はライフスタイルに断捨離を取り入れていますが、そこまで厳密に取り入れているわけ …

毎日断捨離を習慣化する「1日1捨」にチャレンジします

私が愛読しているブログ「No Second Life」でこのような取り組みが紹介 …

洋服の断捨離をするなら季節の変わり目がオススメな理由とは

こだわりがあってもなくても、なぜか洋服って増えてしまいますよね。私の場合は本当に …

お金基準の幸福感から脱却するための私の思考回路とは

結婚してから一家の主としての責任を持ち、ここまでまだ短い間ですが生活してきました …

断捨離の極意とは。なぜモノが捨てられないのか

私はそれほど物欲は強くありませんが、全くないわけではありません。 服だって、よく …

【実証済み】断捨離が難しい時は買い控えることで徐々に慣らしていくとうまくいく

私は生活の中に断捨離を取り入れています。不要すぎるものやサービスを排除して、生活 …

アナログ手帳とデジタルデバイスを「融合」するより「共存」へ向かわせることのメリットとは

私の思うシンプルなライフスタイルの完成形の一つに「物がない生活」というのがありま …

再考すべきデジタルとアナログのメリットとデメリットは

アナログとデジタルは適材適所で使い分けていくことが大切で、何でもかんでもデジタル …

断捨離に取り組んでいる私が腕時計を使う理由

腕時計は幼い時から結構好きでした。なんか大人の象徴といいますか、カッコいいからと …