「知っていること」と「わかっていること」は同じようで全然違いますよ

      2016/08/02

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

a0790_001231_m.jpg

私がヨガと出会ってもう10年以上になりますが、ここ数年でヨガについてより深く知りたいと思うようになりました。

成書を読んで知識を得ようと読み漁ったこともありますが、やはり師と仰げる人をみつけて、その人の指導のもとで学ぶことの方が得ることが多く、着実に身につくと実感しています。

それはつまり、 知ることとわかることが大きく違うものである ということに起因するのだと思います。

「知る」ことは「知識を得る」こと

たとえば、ヨガのアサナ(ヨガのポーズのこと)を新しく知ったとします。この調子で、たくさんあるヨガのアサナをいくつも知ってくると、他の人にヨガについて説明するときに格好はいいです。

でも、それにはまだ実体験が伴っていません。そのアサナについてよく知っていても、一度もそのポーズに挑戦したことがないのであれば、単なる頭でっかちということになり、その知識だけで人に伝えることはできません。

もちろんその物事について深く知るということは非常に大切なことに変わりはありませんが、それを知った上で、しっかりと「わかる」ことが必要になってきます。

「わかる」とは実体験を伴うこと

そのヨガのアサナが「わかった」状態になると、人に伝えるのに十分な理解があるということになります。

経験を伴ってしっかりと自分のものになっているということであり、そのアサナについてはしっかりと理解していることになります。

こうなると、相手がこのアサナをうまくできなかったときに、なぜできなかったのかがわかり、改善点が見えてきます。そしてそれは自分自身に対しても言えます。

ヨガとは結局は自分自身との対話ということになりますから、自分でヨガの学びを深めている時でもなぜうまくできなかったのかを自分自身で考察することができ、学びを深めることができます。

まず「知る」こと、そして「わかる」ことへ進んでいこう

ヨガを始めたいと思う人が、DVDや本を見ながら練習していて、しばらくしてからスタジオに行ってみると、それまで練習していたことと全く違う、別物だということに気がつくことがあります。

やはりスタジオにはDVDや本では学べない何かがあり、それを五感をフル活用して体験しているからではないでしょうか。

かといって、なんの知識も持たずにスタジオに行っても(それはそれでいいのですが)、知らない言葉やアサナの名前を連発されて、何のことかわからなかったという経験をすることになります。

実際私がそうでしたからね。

まず「知る」こと、そして「わかる」ことへと進んでいき、その先はさらにあらゆる感覚を総動員して深く上質な学びへと進んで行く。

自宅でもわかるまで繰り返して練習すること。

これこそがヨガの学びの真骨頂ではないでしょうか。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今という瞬間を捉える【ルパリ&タニア ヨガワークショップ@PonoYoga 体験メモ】

ヨガの練習って、スタジオで1時間くらい汗を流したり自宅でちょっと練習して、その時 …

ヨガを続けることで見えてきた「ストレッチ」の新しい解釈とは

私はヨガを始める前からライフワークとしてストレッチを継続していました。 特に股関 …

世界平和は自らの内側に【ルパリ&タニア ヨガワークショップ@PonoYoga 体験メモ】

壮大なタイトルのもと、久々に外国人講師を招いてのヨガのワークショップに参加してき …

ヨガを通じて学んだ「理解」することの本質とは

先日、世界的に有名なヨガマスターから直接教えをいただく機会を得て、色々と考えさせ …

東洋医学と西洋医学の違いから紐解く「自分の健康を他人任せにしない」生き方とは

私がいま学んでいる アーユルヴェーダ は大きく分けて 東洋医学 に分類されます( …

考え方次第ではどんなシチュエーションであってもヨガはできるよ

私が常々思っていることとして、「ヨガを行う」という言葉そのものに違和感があるとい …

腹式呼吸で腰痛症が改善するメカニズムとは

ヨガの呼吸法として「腹式呼吸」がまず挙りますが、この腹式呼吸は腰痛を和らげる効果 …

仕事のストレスをうまくコントロールするのにヨガがとても効果的だと感じた瞬間とは

「ヨガはマットの上で行うものではなく、マットの外で行うものである」と言いますが、 …

頭で考えて行動できないよりも、行動してみてあとで考えるくらいがちょうどいい

私も含めて、 考えすぎて行動できない という人がよくいます。行動できない理由は考 …

ヨガの基本である「呼吸瞑想」はまず最初にマスターすべきだぞ

ヨガって学び始めることはあっても学び終えることはないと言われるほどに奥が深くて、 …