「木を見て森を見ず」の反対語は「森を見て木を見ず」ではない

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

photo-1417434743061-9873e0beaed6.jpeg

仕事をしている後輩をみて気がついたことですが、局所に注目して観察している状態で視野が非常に狭くなっていることがあります。「局所を観察しているのだから当たり前だ」と言われそうですが、それだけではいけませんよね。

ということで注意したところ、驚きのリアクションが返ってきました。

森という局所にこだわっていないか

全体像を把握するのみで細部に注意が行き渡っていません。これも当たり前のように見えますが実際はそうではありません。つまり「木」だろうが「森」だろうが、そこだけに注意を集中しすぎて周囲に意識が向いていないということが問題なのです。

集中して仕事をしているということはいいことですが、周囲で起こっていることも把握しなくてはいけません。つまり注意を分散しておくということ。これは「注意が散漫なこと」とは違います。

目の前のターゲットに集中しながらも周囲の状況を把握することはなかなか容易なことではありませんが、是非とも身につけてもらいたいスキルだと思います。

「木も見て森も見る」をうまく伝えるには

一言で言うなら「木も見て森も見る」ということなのですが、そう伝えたところでうまく伝わらないでしょう。分かりやすく例えるなら「車の運転」などはいい例です。前方の車の状況や歩行者に気を配りながらも信号が黄色や赤になると無意識にブレーキペダルに足が動きますね。これは運転に集中していない「注意散漫」な状況とは違います。仕事でもその他のことにおいても目指して欲しいのはここです。

さて、後輩の行動が明日からどう変わるのか楽しみです。

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Comment

  1. しまだ より:

    細部と超俯瞰の極端な見方をしています。
    森と木を見るのは秘書をはじめ他人に任せています。

    • Atsushi より:

      コメントありがとうございます。
      置かれた立場や言葉の解釈によりいろんなものの見方があるんですね。
      「木を見て森を見ず」という言葉の反対語は、「木も見て森も見る」というふうに書いていますが、「森を見て木を見ず」というのが完全な不正解ということでもないでしょう。
      いろんなものの見方や解釈ができれば、それが一番よいことなんでしょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自分が信じるものだけを武器に生きていくにはそれ相応の努力をせよ!

ふと、私が専門学生だったときに恩師が話していたことを思い出しました。今思えば、よ …

私が雨の降る道を散歩するのが好きになった理由

今年は雨が多い夏でした。四国山脈がある影響か、台風が来ても風はあまり被害をもたら …

固定観念に縛られずに建設的な逆説的思考を携える

私たちはある種の常識を補助線にして生活しています。ニュースで見る悲惨な事件や、ち …

人の人生に優劣や上下はないのだと感じた話

先日、高校の同窓会がありました。約15年ぶりの再会であり、旧友と久しぶりの再会を …

近すぎてなかなか会う機会がない友人と実際に「会う」ことによるメリットとは

先日、同じ市内に住んでいる友人と会ってお酒を酌み交わしてきました。私の結婚式以来 …

デジタルに依存しすぎると災害時・停電時に活動が停止してしまうという恐怖を自覚せよ

今朝、職場で言われたことでドキッとしたことがありました。それは最近の自然災害の脅 …

コンフォートゾーンから脱出せよ!常に冒険者であることは自分の殻を破るためには絶対必要!

コンフォートゾーン(ここではわかりやすく安全地帯とでも置き換えましょうか)からの …

あなたは「ぶれない自分の軸を持つこと」の意味を勘違いしている

自分の軸を見失わないことと、他者との歩調を合わせるというのは、一見すると矛盾して …

ブレない自分を持つことの大切さをふと感じた

  最近、職場での自分のテンションの浮き沈みを自覚することが多くなって …

新年を迎えて決意を新たにしたのにいきなりつまずいたあなたへ

2016年が始まってすでに10日以上が経過しました。新年の目標や抱負を持って、気 …