健康面で余裕がなければ心に余裕がなくなるのは大人も子供も同じこと

   

Pocket

slproImg_201512072245370.jpg

先週の月曜日から、2歳5ヶ月の娘がアデノウイルスに罹患しています。通常であれば高熱は5日ほどで落ち着くはずですが、今回は7日間ほどかかりました。

その間、妻は娘の風邪がうつってしまい、体調不良時の我々の避難先である妻の実家の方では義理の母が風邪をひいてしまい、義理の父が極端に暑さに弱いのに35℃の猛暑日の影響で機嫌が悪いというカオスの中で、私だけが健康体という状況に陥りました。

娘もグズってしまうことが多く、体調不良の時に不機嫌になってしまうのは大人も子供も変わらないんですよね。

不調時は自分のことで精一杯

やはり、自分に余裕がないと他人には優しくできないんですよ、これは仕方がないことなのかもしれません。

私も同じく、疲れているときや体調不良時、寝不足の時などは無意識に他人にいつも通り優しく接する余裕がなくなってしまっていました。

ただ、私の場合はヨガ学びを日常に取り入れる意識がありましたから、そういった不機嫌な自分に気がついて反省し、無意識にそうなってしまうんだということを自覚することができましたので、無理やりにでも優しく接することを意識できるようになりました。

でも、そういった意識がなければやはり感情をそのままストレートに表出してしまいます。これはある意味では仕方のないことでしょう。

そしてそれは、大人も子供も関係なく一律であるということにも気が付きました。

子供の機嫌の良し悪しを感情で返してはいけない

というか、子供の方が感情で動いていますから正直なのかもしれません。確かに40℃近くも熱が上がり、それが数日にわたって続いていてば疲れちゃいますし、ぐったりしたり怒り出したりと感情をぶつけてきますよね。

今回の私のケースでは、その子供の不機嫌に対して寛容に受け入れる余裕があるのが私だけだったということがちょっと残念でした。

いつもはニコニコ怒らない育児で見守ってくれていた義理の母も、娘がおねだりすれば気持ち良く公園で一緒に遊んでくれていた義理の父も、私と同じく娘を溺愛していた妻も、ほとんどまともに相手ができないばかりか、時に 怒りに怒りで返していたり と、決して見ていて気持ちのいいものではありませんでした、

もちろん、彼らの本来の姿ではないはずですが、体調不良などで自分に余裕がないという状態は、誰も幸せにしないものです。うまく自分の心身をコントロールできるように、日頃から体調不良に気をつけておかないといけませんね。

体調をコントロールしやすい大人が気をつけるべき

幸いにも娘は今朝早朝の激しい発熱を最後に、体調不良が嘘のように回復し、公園にも遊びに行くしショッピング(というか期日前投票に行ったのですが)にも同行することができました。

幼い子供というのは免疫機能も未成熟ですし、保育園などで共同生活をする関係でどうしても風邪をもらってきやすい状況にあります。

自らすすんでうがいや手洗いなどの感染予防策を講じることもできないくらいの幼い子供が風邪をひいてしまっても、仕方のないことなんですよね。

ということは、感染症予防に対する知識があって、対策を講じることができ、罹患しても感情をコントロールできる大人がどうにかしなければいけない問題だと思います。

参考:インフルエンザ対策にマスクが有効な3つの理由 | 歳月庵

子供や周囲の人に不本意ながら普段と違う自分を晒してしまうことのないよう、まずは自分を第一に優しくいたわってあげて、体調管理を万全にしてあげてほしいものです。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ヨガ, 子育てログ, 日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

卵アレルギーの子供のおやつに鉄板の「源氏パイ」がオススメ

私の娘は卵アレルギーがありまして、今まで卵を食べさせてきませんでした。一度だけ間 …

ヨガを続けることで見えてきた「ストレッチ」の新しい解釈

  私はヨガを始める前からライフワークとしてストレッチを継続していまし …

共働きの我が家で夫の私が黙って家事や子育てをガンガン引き受ける理由とは

今の世の中、共働き世帯は別に珍しいことではありません。じゃあ仕事以外の家事や子育 …

突発性発疹が治った翌週にヘルパンギーナに感染した我が娘

娘が通っている保育所では「ヘルパンギーナ」と「溶連菌感染症」が流行しているようで …

我が子に常に優しく接するために意識すべきたった2つのこと

子供にとっては元旦っていろんな人と会う機会が多くなるから、嬉しくなっていろんなこ …

赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る

わが家には、予定では来月にも二人目の子供が誕生する予定です。今のところ定期健診で …

娘が1歳の誕生日を迎えたということは、ひな人形を今年も飾る季節がやってきたということだぞ!!

私の娘は節分の日(2月3日)に生まれました。1年のうちで最も邪気がない日というこ …

心にゆとりがないと人には優しくできない

私の周囲には、その日の機嫌の良し悪しによって、周囲への対応がガラッと変わってしま …

ひな人形を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

覚えておけ!娘の3歳の誕生日と節分が同じ日になるとこうなるんだよ!、、、あれ?

私の娘は節分の日に産まれました。 誕生日はケーキの味、恵方巻きの味、豆まきの大豆 …