iPad Airがほこりをかぶってるだと!?キーボードカバーを装着したらブログ執筆も快適にこなせるぞ!

      2016/01/05

Pocket

欲しくて欲しくて、以前購入したiPad Airですが、いざ手に入れてみると妻のクックパッド専用機となり、その後は娘の 妖怪ウ○ッチ 専用機となりました。

そしてついに「タブレットに子育てさせるんじゃねぇ!」という妻の怒りを買い、お役御免となったiPad Air。というか、本来これは私が使うために購入したんですよ。通信費も私が払っています。

本来の持ち主のところに戻ってきた愛しのiPad Airを使い倒すために LOGICOOL ウルトラスリムマグネットクリップキーボードカバーfor iPad Airシルバー iK1060SV を購入しました。

今回はその開封の儀を執り行います。

なんでiPad Airにキーボードが必要なの?

これは、iPad Airにかかわらず、全てのタブレット端末に対して言えることですが、非常にタイピングしにくいんですよね。

タブレット端末の大画面はビューワー(閲覧専用)としてであればかなり恩恵にあずかることができるのですが、アウトプットする(文字入力する)こととなると、非常にやりにくいんです。

以前は私も職場のiPadでブラインドタッチ(タッチタイピング)を習得しようと試みましたが、全く上達しませんでした。通常の物理キーボードの「F」と「J」のところにある突起がないのでホームポジションもわからないし、ミスタイピングが多すぎます。

ということで、途中で考えを改めました。そもそも、キーボードとディスプレイが離れているPCと、同じ画面にあるタブレット端末であれば、後者ではキーボード部分を見ずにタイピングする必要はあまりないんじゃないかということ。

手元を見ながらであればかなりミスも少なくなりますし、なにより物理キーボードと違って音が出ないので、学会などで静まりかえっている会場の中でもメモをとりやすいんです。

ところがこれも、スマホをiPhone5からiPhone6 Plusに乗り換えたので、こちらでメモをとる方が手軽で便利という結果になり、ますますiPad Airの出番がなくなりました。

それに、iPad Airでキーボード入力すると、エディタ画面の割合が占拠されますので、狭すぎて効率が悪いんです。うまくいかないもんだなー。

今回、LOGICOOL ウルトラスリムマグネットクリップキーボードカバーfor iPad Airシルバー iK1060SV を購入しようと思ったのは、これを使えば画面が広く使える(画面にキーボードを表示しなくてもいいから)ということと、タイピング速度やミスタイピングの問題が改善すると思ったからです。

そうです、つまりはiPad Airをインプットだけでなくアウトプットの面からも活用しようということなのです。

早速開けてみる

パッケージにはiPad Airを装着した場面が描かれています。こうみると、ほとんどPCですね。

「iPadの相棒。薄型、軽量、高性能」の文字が私の期待値をさらに引き上げます。

おーぷーん!!

これが LOGICOOL ウルトラスリムマグネットクリップキーボードカバーfor iPad Airシルバー iK1060SV か!

取り出してみると、付属品は充電するためのケーブルと、保証書や簡単な説明書があるのみ。いたってシンプルです。

2年間の保証期間がありますので、いざというときも安心です。おそらく、2年も経過したら買い換えるんじゃないかと。

説明書はこの1枚のみ。文字をほとんど使用せずにこれだけ伝わるなんて、かなり画期的な説明書ですね。

さてさて、ここからが本命です。待ちに待った物理キーボードちゃん。その名も LOGICOOL ウルトラスリムマグネットクリップキーボードカバーfor iPad Airシルバー iK1060SV です。

裏側は滑り止めが3箇所についています。これがなかなか強力で、非常に使いやすくていい感じです。

右の側面にはこれだけのスイッチしかありません。左から「電源スイッチ」、「充電用ポート」、「Bluetoothペアリングの時だけ使うボタン」です。

今まで使っていた普通のケース。今までありがとう。からの、、、

装着!!

さっそくペアリングしていきましょう。

方法は簡単です。所定の位置にセットしてからキーボードの電源を入れて、iPad Airの設定アプリからBluetoothへとすすみます。

ここでキーボードの一番右の「Bluetoothペアリングの時だけ使うボタン」を押すと、、、

このように「UltraThin for Air」の文字が出てきますから、これをタップすればいいだけです。次回からは勝手にペアリングしてくれますから楽チンですね。

このキーボードのいいところは、画面として使うiPad Airの角度が、後方に押し倒すだけで簡単に決められるということ。かなり倒しても後方に倒れることはありません。

倒したところに「Logicool」の文字が!「マジcool」です!!

・・・戻すときはiPad Airを垂直に立てて、垂直に押し込めば、、、

けっこう力を入れないといけないし、戻るときにかなり衝撃がきますが、それがきっかけで壊れるということはあまりなさそうです。

収納するときは、キーボードとiPad Airが約30°くらいになるようにして滑らせるのです。

すると、、、

なんと、、、

磁石のちからで勝手にストッパーが起き上がるんですよ!

「マジcool」です!!

、、、。

キーボード配列はほぼMacBookと同じですが、ここらへんのショートカットキーはiPad Airに特化したものですね。

左から「ホーム画面に戻る」、「マルチタスク(ホームボタンの2度押しと同じ)」、「Siri起動」、「spotlight」、「文字入力切替え」と続いていきます。あとは見たままの機能です。

アウトプットできるタブレットとして活用していきたい

これだけクラウドが発達しているのに、私は職場まで毎日MacBook Proを持ち運んでいます。MacBook Airが壊れたうえに、理由が「水濡れ」なので、修理も高額ですし、買い換えるのもやはり高額です。

となると、手持ちのガジェットではiPad Airのアウトプットを強化して持ち運ぶのが一番現実的かつ効果的です。職場のPCはおもにWindowsですので、ガッツリ文章を作成したりパワーポイントで発表資料を作成するとなるとPCを使うしかないのですが、自宅ではおもにSNSをチェックしたりブログを書いたりする程度なので、iPad Airが有効に使えるかと思っています。

試しにこの記事もiPad Airで書いていますが、やはりキーのピッチが違いすぎて打鍵しにくい感はありますが、すぐに慣れるでしょう。これで思いMacBook Proを持ち運ばなくてもいいうえに、アウトプットが強化されるということで非常に期待しています。

今後は使用感などもレポートしていこうと思います。ともあれ、手元にあるiPadがあまり使われていないという人はけっこう多いんじゃないかと思います。その理由はやはりアウトプットがやりにくいという点ではないかと。

他にもキーボードは多く発売されていますが、タイピングした感触とか、ショートカットの機能とか、かなりいい感じなので、このキーボードはオススメです。アウトプットも強化して、お手持ちのiPad Airを使い倒すために、この LOGICOOL ウルトラスリムマグネットクリップキーボードカバーfor iPad Airシルバー iK1060SV はオススメですよ!

iPad Air 2に対応したキーボードはこちらです

 - Appleガジェット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブロガーのためのiPhoneブラウザアプリ「するぷろーら」を使ってモブログしてみた

新しい生活に向けてブログ執筆のスキルを高めようと色々なことに挑戦していますが、そ …

アップルがiPhone5Sの試験生産を来月から開始、2013年前半にリリースか?

はやくもこの話題です。アップル、恐るべし(´・ω・`) 今回のiPhone5では …

「iPad mini 2」 vs 「iPad 5」いったいどちらがいいのか迷ってきたよ

「iPad mini 2」が欲しかったんですよ。さっきまで。 でもね、なんか「i …

Magic KeyboardとiPhone7Plusの組み合わせが最強だと思う6つの理由

先日、デスクトップタイプのMacで使用するキーボードである Magic Keyb …

MacBook Air 2012 購入決定につき、三度『エレクトリックパーツ松山店』に行ってきました・・・が、

いてもたってもいられず、『エレクトリックパーツ松山店』に直行してきました!!At …

MacBook Air 2012が熱暴走。いきなりフリーズして電源落ちるから本当にビックリ

いきなりすぎて戸惑っております、Atsushi(@atsushi_k0)です(^ …

通信量制限の原因を考える。私の場合は・・・

制限が解除されてめちゃ快適です。先月は通信量が多すぎてキャリアからの縛りをくらっ …

画質をほとんど損なわずに画像の容量削減ができる「JPEGmini Lite」を導入してみた。

ブログ記事を書くだけでなく、カスタマイズもこなすAtsushi(@atsushi …

友よ、今回は「iPhone 6 Plus」にしようと思う。なぜなら・・・

ついに「iPhone 6」について発表されましたね。「iPhone 6」、「iP …

iPhoneの電源ボタン(スリープボタン)を修理すべく「エレクトリックパーツ松山」に行ってきました

私の使用しているiPhone5の電源ボタン(スリープボタン)がここ最近、全く効か …