自分にとっての常識は必ずしも他人にとっても常識とは限らない

a0002_008035_m.jpg

ポストが赤いと誰が決めたんだ?ん!?

さて、私がブログを運営するにあたって、以前は「こんなの読んでも誰の得でもないだろ?」なんて考えてしまい、自分の中で却下してしまっていたネタがたくさんありました。

今では「自分が感銘を受けたことは、同じように感銘を受ける人が100人くらいはいるはずだ」という認識で記事を書いています。

思い込みというのは成長を妨げる原因になるんだというのは知っておいた方がいいですよ。

最終的に「自分のために書いておく」という選択肢

たとえば、自信満々に書いた渾身の記事。

もし仮にだれも感銘を受けなくても、「自分が感銘を受けた記録」として日記ブログのように残しておけばいいと思うのです。

それだけでもその記事には価値があります。

また、後で「以前に調べたあれ、どうやるんだっけ?」とか「友達に教えたいけど、記事を読ませた方が早いなー」とか思うことが出てくるはずです。

そんなときでもすぐに調べたりできますし、URLを伝えるだけで言いたいことをしっかりとまとめた文章を伝読ませることができますから重宝しますよ。

実際にそういうケースも多々ありましたから。

結局「どうせこんなこと書いても」とか思わずに何でも書けばいいんだよ

ある程度カテゴリーを絞っているブログであれば「雑記」とかカテゴリーを作ってそこに投げ込む気持ちで書いてみてはいかがでしょう。

ブログのイメージをあまり損なうことはないんじゃないでしょうか?

私もけっこう色んなカテゴリーの記事を書いていますが、最終的にメニューバーには「雑記」を加えてそこに放り込む形をとっています。

記事数が増えてきて、アクセスも増えてきて、自分のブログの看板にしようと思ったらそこから新しいカテゴリーに分けることも可能ですしね。

・・・と自分に言い聞かせています。

正直、「これはブログに書いても誰でも知っているから意味ないよな」というような常識的な内容であったとしても、書き手がそれをどう感じたのかという意見や感想は一人ひとり違うわけですし、非常に貴重です。

インターネットを使って買い物をしたり、行きたいお店の情報を得るような人にとっては、個人的な評判やレビューを参考にしている人ってたくさんいるからです。

専門のレビューサイトの星の数より、個人ブロガーの生の声の方が信用できると感じている人も多いようですしね。

ぜひ こんな常識的なこと書いても無駄だ なんて思わずに、あなたの生の声をしっかりと書いておくことが大切ですよ。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です