iPhoneの写真アプリからYouTubeへ動画をアップロードできない時は、動画のタイトルを短くするとうまくいくかも

ここ最近、iPhoneからYouTubeへ動画を投稿する機会が多くありましたが、なぜか一発で気持ちよくアップロードすることができませんでした。

色々と試行錯誤しているうちになぜか偶然できたということが多く、アップロードできたときとできなかった時の違いがよくわかりませんでした。

一発でアップロードできれば、今後の役に立つんじゃないかと試行錯誤した結果、思いもよらないことでアップロードできましたのでご紹介します。

過去のアップロード成功例も役に立たなかった

実は以前にもこんな記事を書きました。

iPhoneでYouTubeへ動画をアップロードするときにエラーが出る時の新しい改善策とは | 歳月庵

この時はこれでうまくいったのだと思い、その後の検証をおろそかにしていました。でも今回アップロードしようとこの記事を参考に実施したところ、全然うまくいきませんでした。

アップロード動画のタイトルの文字数を短くするとうまくいった

 

今回の動画のアップロードの際も、偶然でもいいから成功してほしくて何度も何度もトライして、その度にタイトルや説明などをキッチリと入力していましたが、最終的にそれに疲れてしまいました。

とりあえずなんでもいいから、動画だけしっかりとアップロードしてから、PCで正式なタイトルや詳細な説明を加えればいいかなーなんて軽い気持ちでタイトルに「テスト」とかつけてアップロードしました。3文字でした。

これだと拍子抜けするほどあっさりとアップロードが完了しました。考えられるのはタイトルが長過ぎたのかなーっていうことぐらいです。

これは何度か実行してすべて上手くいったので、確実な方法ではないかと思います。

YouTubeへの動画のアップロードってタイトルの文字数制限とかあるのかな

じゃあ何文字ならダメでそれ以下なら良いなのかということは、ここでは判明しませんでしたし、アップロードできない原因って他にもたくさんあると思います。

もしかしたら、使用していたWi-Fiの通信速度が遅すぎるなんていう理由も影響しているのかもしれません。

使用しているスマートフォンの性能によるのかもしれません。

理由はどうあれ、どうしても スマートフォンからYouTubeへ、動画が直接アップロードできない問題 が解決できない時にはタイトルが長過ぎないかということも気にしてみるといいのではないでしょうか。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です