iPhoneでYouTubeへ動画をアップロードするときにエラーが出る時の新しい改善策とは

iPhoneを使って動画をアップロードする機会が増えました。

今ではスマートフォンから直接行なっても、そこそこの高画質で動画をアップロードできるようなので、以前のようにPCに動画データを移行してからアップロードするという手間がなくなり喜んでいましたが、なぜか最近うまくアップロードできなくなりました。

インターネットで調べてみても、なかなか良い解決策が見当たらなかったので困っていたのですが、先日ふとしたことからアップロードでき、その時に気づきがありましたのでシェアしたいと思います。

標準の写真アプリからの動画のアップロードおn方法

この記事は、すでにインターネット上に出ている解決策を全て試していることが前提です。

まず、写真アプリの中の「ビデオ」もしくは「スローモーション」を選択します。

いくつか動画の候補が出てきますね。

結論から言いますと、この画面から直接動画をアップロードしようとすると、何度やってもうまく行きませんでした。

この画面でアップロードしたい動画をタップしないで、画面右上の「選択」をタップして、アップロードしたい動画を選択します。

こんな感じでアップロードしたい動画を選択します。

ここから画面左下のメニューを開いて「YouTube」アプリを選択すればオッケーです。

どちらかというと、回りくどい方法を選択することになるんだと思うのですが、この二通りの方法が、うまくいくかどうかの分かれ道になるわけです。

動画のアップロードに失敗した例は?

何度やっても無理だった方法は、アップロードしたい動画を「選択」してからYouTubeアプリを立ち上げるというやり方。

これだと何度やっても無理でした。結局おなじことをやっているはずなんですけど、なんでかなー?

この方法は、必ず成功することを保証するものではありません。どちらかというと、Wi-Fiの通信速度など、他の問題の方が大きい可能性もあります。

ただ、私の場合は比較的遅い通信速度のWi-Fiに接続している状態であっても、この方法で上手くいきましたので、同じことで悩んでいる方は是非お試しください。

結局は、最小限の操作で焦って行わないで、「急がば回れ」ということなんでしょうか。

追記:この方法でもうまく行かない場合は、こちらの方法で試してみるとうまくいくかもしれません。

iPhoneの写真アプリからYouTubeへ動画をアップロードできない時は、動画のタイトルを短くするとうまくいくかも | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です